マット・デイモンが「クリント・イーストウッドになりたい」宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月15日 > マット・デイモンが「クリント・イーストウッドになりたい」宣言
メニュー

マット・デイモンが「クリント・イーストウッドになりたい」宣言

2010年3月15日 11:41

名監督たちとの仕事が良い刺激に「グリーン・ゾーン」

名監督たちとの仕事が良い刺激に
(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッドスティーブン・ソダーバーグポール・グリーングラスら大監督たちとの仕事がつづくマット・デイモンが、いずれは自分も監督業に乗り出したい意向を明かした。

デイモンは、グリーングラス監督と組んだ最新作「グリーン・ゾーン」(5月14日日本公開)の英国メディア向け記者会見で、「いつかは監督をやりたいが、すばらしい監督たちと仕事をする機会を逃すこともできない」と発言。「ポールとは3回、クリントと2回、スティーブンとはすでに5、6回一緒にやらせてもらった。このあとはコーエン兄弟の作品も待っているし、仕事がなくならないかぎり、なかなか俳優を辞めることはできないだろうけどね」と話した。

さらに後日、米Comingsoon.netのインタビューに答えたデイモンは、そうした監督たちのなかでも同じく俳優から監督に転じたイーストウッドには、とりわけ強い感銘を受けていることを告白。「彼が監督業に進出したのが、今の自分と同じぐらいの年のときで、それ以来こんなにも長いあいだ自分の仕事から活力を得つづけている。そういう男の姿が本当に格好よくて圧倒されるよ」と話し、「自分もそうありたいと思っている。彼のように、何かを語ろうとすることに対してうんざりしたりシニカルになったりすることなく、精力的で充実した人生を送りたい」と、大先輩への憧れを語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi