行定勲監督、釜山で撮影のオムニバス作の日本公開を熱望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月26日 > 行定勲監督、釜山で撮影のオムニバス作の日本公開を熱望
メニュー

行定勲監督、釜山で撮影のオムニバス作の日本公開を熱望

2010年10月26日 11:16

現在、過去、未来を舞台にしたラブストーリー「カメリア」

現在、過去、未来を舞台にしたラブストーリー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 釜山国際映画祭がタイ、日本、韓国の監督を起用して製作したオムニバス映画「カメリア」が10月26日、東京・六本木ヒルズで開催中の第23回東京国際映画祭アジアの風部門で公式上映され、同作に参加した行定勲監督がティーチインを行った。

釜山国際映画祭ティレクターとして、長年若手映画人の育成に力を注いだキム・ドンホ氏の呼びかけで実現した「カメリア」は、現在、過去、未来を舞台にした3つのラブストーリーで構成されている。行定監督は、吉高由里子ソル・ギョング(「力道山」)が共演する「かもめ」のパートを担当。ほか2作品は、タイのウィシット・サーサナティアン監督の「アイアン・プッシー」、韓国のチャン・ジュヌァン監督の「ラブ・フォー・セール」だ。

行定監督は、「ひまわり」が第5回釜山国際映画祭で批評家連盟賞を受賞して以来、たびたび同映画祭に招待されており、昨年は「今度は愛妻家」「パレード」が公式上映。先日閉幕した第15回釜山国際映画祭にも、主演の吉高を連れ、クロージングセレモニーに出席したばかりだった。 行定監督は「釜山は恩人のような映画祭。釜山なしに今のキャリアを積み上げることができなかった」と断言。「映画監督は報われたり、報われなかったり。東京でボロボロになり、釜山でパワーをもらい、魂の入れ直しをするという繰り返しです」と心情を語った。

撮影は釜山で行われ、「現地で海外のスタッフと仕事をするという初めての状況だったが、恩返しできるなら、何が何でもやろうと思った」。吉高とは以前から仕事がしたかったといい、「(吉高が)大作を撮影中だったが、1週間だけ時間を取って釜山に来てくれた。一方、ソル・ギョングは韓国のトップスターで素晴らしい人物。彼の放つ空気感に触れることで、彼女(吉高)の心もほぐれたようだ」と振り返った。行定監督自身もギョングと深い友情で結ばれたそうで、「いつか日本映画に登場させたい。それとタイと韓国では公開が決まっているので、ぜひこの作品を日本でも劇場公開したいですね」と語ると、客席は拍手喝さいだった。

なお、この日は今年で釜山国際映画祭ディレクターを勇退したドンホ氏の功績を称え、東京国際映画祭の依田巽チェアマンからフレンドシップアワードが授与された。

カメリア[DVD] カメリア[DVD] 最安価格: ¥3,175 素性を知りながら愛する人を待ち続けたスパイ、淋しげな見知らぬ少女にほのかな恋心を抱くカメラマン、引き裂かれた愛を取り戻そうとする青年─三者三様の愛を追う男たちの姿を描いたオムニバス・ムービー。
今度は愛妻家【豪華版】[DVD] 今度は愛妻家【豪華版】[DVD] 最安価格: ¥4,845 行定勲監督が贈る切ない大人のラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi