ヒア アフター
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒア アフター」
メニュー

ヒア アフター

劇場公開日

解説

巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働者のジョージ、臨死体験をしたパリ在住のジャーナリスト・マリー、兄を亡くしたロンドン在住の小学生マーカスの3人が、互いの問いかけに導かれるようにめぐり会い、生きる喜びを見出していく姿を描く。脚本は「クイーン」「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガン。出演はマット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス。

作品データ

原題 Hereafter
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第83回 アカデミー賞(2011年)

ノミネート
視覚効果賞  

特集

巨匠から俊英へ──いま受け継がれる名監督へのバトン
ヒア アフター

現在80歳、あらゆる映画人からリスペクトされ、今なお現役で作品を撮り続ける名匠クリント・イーストウッド。そして、多くの評論家や映画ファンから“跡を継ぐ者”との評価も高いベン・アフレック。この2月、奇しくも同時期に監督最新作が公開される。映画ファンの心をとらえて離さないこの2人の才能に迫り、2月5日公開「ザ・タウン」、2月19日公開「ヒア アフター」に込められたメッセージを探る。特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

抑えた色調と抑えた語り口がリンクし、独楽が静まるような求心力を生んでいる
ヒア アフターの映画評論・批評

なんと趣味のよい映画なのだろう。「ヒア アフター」を見て、私は反射的にそう思った。紺やグレーや茶色が、実にきめ細かく使い分けられている。どれも地味な色だ。赤や黄色といった強い差し色は用いられない。いいかえれば、これは一種のミニマリズム...ヒア アフターの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全103件)
  • 流れるような曲にうっとり まずは友に感謝します。 全般に流れるBGMが心地よく作品を邪魔せず一層引き立たせる、そんな見方がある出来たのはイーストウッド監督作品はBGMが素晴らしいと友が言っていたので 今の今までBGMも楽... ...続きを読む

    カルヴェロ1952ll カルヴェロ1952llさん  2018年4月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • シンクロニシティーを主題にしている ネタバレ! 臨死体験、心霊能力、あの世(ヒア・アフター)、シンクロニシティー、ツインメイト・・・といったスピリチュアル・オカルト要素が多分に盛り込まれています。 3人の人生が交錯するストーリー。 マリー・ル... ...続きを読む

    不死鳥 不死鳥さん  2018年2月3日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 強烈な印象を与える出来事を組み合わせて、見事なフィクションに仕立て上げていると感じた。 終幕に向かって集約していく様は、何となく予想がついても、見ているこちらの快感を誘う。まさにマスターというべ... ...続きを読む

    SH SHさん  2018年1月19日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ヒア アフター」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi