アトミック・ブロンドのレビュー・感想・評価

アトミック・ブロンド

劇場公開日 2017年10月20日
171件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

満身創痍アプローチが大成功

セロン姐さんがタフな女スパイに扮して大活躍……というのは嘘ではないが、大活躍なんて言葉の響きとはだいぶ印象が違う。本作でアクションしまくっているのは本当だが、とにかく身体を痛めつけられ、傷だらけになり、青タンを作りまくり、それでもギリギリのところで戦うのが、本作でのセロン姐さんの覚悟なのだから。

傷だらけになって戦うアクションスターというのは過去にも大勢いて、ブルース・リー、ジャッキー・チェン、メル・ギブソン辺りにはそういうイメージが強い。『用心棒』の三船敏郎だってその系譜に入れられる。

ただ役の上でも女優としてもこれほど身体を張ったアクションヒロインがいただろうか? セロンはもちろん絶世の美女の一人だが、闘いが続くに従って彼女の美貌はどうでもよくなってしまう。ただただヘトヘトになり、心だけは折れずに攻撃の精度を高めていくその姿に、われわれはボクシングの試合のようなエールを送ってしまうのだ。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

またも限界越えに挑んだセロンに熱狂 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『マッドマックス』とはガラリと違う役ではあるものの、今回もまたシャーリーズ・セロンが破格のストイックさで身体表現の極みに挑戦。コート姿に髪をなびかせ、スタイリッシュな身のこなしで相手をバッタバッタとなぎ倒す様が無性にかっこいい上に、終盤のワンカットのアクションは近年公開された映画の中でも指折りのクオリティ。さすが『ジョン・ウィック』チームだけあって、アクション構成には抜かりがない。

それに比べてマカヴォイは見事な堕天使ぶりを発揮。スキンヘッドにギブスの腕で、破格のボルテージに沸くベルリンの壁崩壊の瞬間を余すところなく引っ掻き回してくれる。この役者の対比だけでも十分楽しい。

独特なのは80年代のカルチャーを音楽と色彩とで表現し尽くしているところ。単なる往年のスパイスリラーの二番煎じではなく、当時のリアルな空気を匂わせつつ、常識が何ら通用しない異空間を作り出しているところに妙味を覚えた。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

アクションが思いのほかゴツい、重い!

不惑過ぎのシャーリーズ・セロン、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」でもアクションを見せていたが、女性版ボンドという売り文句を聞いて、カットを細かく割ってスピーディーに見せる華麗な格闘シーンを予想していた。ところがどっこい、本作のアクションはかなりの本格派だ。実際にコンタクトしているように見える迫真の殴り合い、敵役のスタントマンが階段を転げ落ちるショットなど、観ている側にまで痛みが伝染しそうなシークエンスに思わず声が出てしまう。

「キングスマン」のガゼル役が最高だったソフィア・ブテラは、味方として登場するが果たしてその正体は?というミステリアスな役どころなのだが、彼女は期待に反してアクションの見せ場が少なくて残念。その代わりなのか、別の意味で刺激的なシーンは用意されているが。

AuVis
AuVisさん / 2017年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

傷だらけの姐さん。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

格闘するごとに痣が増え、痛みが増し、ヨレヨレになる身体。
それを氷風呂で冷やすセロン姐さんのララバイに魅了される。
お互いが痛みを表わす肉弾戦のリアル性、昔のスパイ映画に
出てくる殺し屋という感じで終始殴り合ってるのが懐かしい。
さすがの肉体美を誇るセロン姐だが、やはり美しさを打撲に
変え男たちをぶちのめす。まさかのラブシーンでそうきたか
と思わせるも、相手役のブテラもまたアクション女優なので
対決シーンが確かに観たかった。しかし話がよく整理されて
おらず複雑めいた展開に殴り合いの単調モード、目的達成の
ために頑張る姐さんは傷だらけときてるので、後半は随分と
雑な締め括りをみせる。どんなに頑張ったって壁が崩壊する
のは分かっているから、物語のほうでもっとスピーディーな
キレを見せても良かったんじゃないの。女版007は硬派ねぇ。

ハチコ
ハチコさん / 2017年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シャーリーズ姐さん

兎にも角にもシャーリーズ・セロンの格好良さで、成立している作品だと思います。ひたすら、シャーリーズ・セロンを観たい方向けです。

ミカ
ミカさん / 2017年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TOHOシネマズ府中にて観賞 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

シャーリーズ・セロンは安定の女戦士振り。説得力のある「美しく、強い」を当たり前のようにこなしており、本当に大したもの。
特に、彼女が大立ち回りを見せる数分間にも及ぶ長回しの格闘シーンは、撮り方を考えただけでも気が遠くなる。
これだけのためにもこの作品にお金を払う価値のある見せ場だ。

デイヴィッド・シュウネマンによるプロダクション・デザインもネオンが妖しく構造も独特で必見。

しかし、幾ら陰謀が渦巻くベルリンが舞台とは言え、特に後半で話が整理されておらず、『裏切りのサーカス』じゃあるまいし、娯楽作として不明瞭な駆け引きを見せられてもなあ、と物語には引き込まれない。

しかも、後から考えると色々おかしい(死闘を繰り広げた相手と繋がっていた?)し、世界最大のスパイ組織のエージェントだったというオチも醒めてしまう。
マカヴォイの胡散臭さもその先に捻りが無いとは。何か勿体ない。

また、「誰が生き残るか」が面白い諜報戦の話において、回想スタイルを取っているのも生存者がハッキリ分かり先が読めてしまう。構成も失敗している。

何より、ソフィア・ブテラとの一騎討ちが無いなんて、作り手は皆が一番見たい物が分かってない…というか、分かっていながら敢えて見せてくれないんだと思う。やだねえ。

shallowwhite
shallowwhiteさん / 2017年12月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

セロンがとにかく格好良い!

とてもスタイリッシュな作りです。最近は質の高いアクション映画が多いですが、こちらもまったく遜色のない出来です。
先にスタイリッシュと言いましたが、セロンは全身傷だらけ正に満身創痍で実に泥臭い役どころです。
それにしても相変わらずデニーロアプローチを地で行ってますね。
「モンスター」での変身には驚かされましたが、今回も驚くような引き締まった身体になっていました。
舞台は冷戦末期のベルリン、世界観や小物がどこか古い感じがするのはそこら辺なのですね。
女性のセロンが主役なのですが、カットを細かく繋げてスピード感を出すような(悪く言うとごまかすような)作りではなく、想像以上に骨太なアクションです。
ですがアクション一辺倒ではなく、しっかりと諜報員ならではの駆け引きのあるストーリーも楽しめるのが実に良い。
セロンの魅力をたっぷりと感じられる良質の作品でした。

白波
白波さん / 2017年12月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

体を張ったアクションが凄い! カーチェイスでのカメラワークも素晴ら...

体を張ったアクションが凄い!
カーチェイスでのカメラワークも素晴らしいです。
キャラクターが分かりにくく、仕事かえりの疲れた頭ではついて行けなかったのが残念です。
もう一回観たら評価上がるかも。

やまぼうし
やまぼうしさん / 2017年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひとつウエノ女スパイ

まあストーリーはさておき、よく出来た映画ではあります。構成等はセンスだから好き嫌いの範疇です。ただ真面目過ぎるきらいがあり、もう少しユーモアがあればもっと楽しめたかな。肉弾戦のアクションは見応えありました。ベッドシーンはスパイ映画のオヤクソク。

労働4号
労働4号さん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ナイス ファイト!

久々に面白いアクション映画を見た。脚本もなかなか良く出来ていた上に、眼を見張るシャーリーズ・セロンのパワフルなアクション。「良くやった!」と世界中の人々が拍手喝采を送るだろう。とても素晴らしい女優だ。その女優をとても上手く演出した監督もとても素晴らしい。恐らく続編が作られること必至である。

shanti
shantiさん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

フュリオサの祖母の話だね、たぶん ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どうやって新味を出すかに腐心していることは十分伝わってきたし、アクションに関してはそのアイデアと質に厚みのある仕上がりだったと思う。【シャーリーズ・セロン】のアクションが絵になるのは実証済みだけれど、さらに車の運転までするとなると「おお」となる。

このクオリティがあるから、ストーリーとか本自体の出来については演出のクドさも手伝ってイマイチなのを「まあそこじゃないな」と割り切ることが出来た。

一番の不満は【ソフィア・ブテラ】 というこれまたとてつもなく動ける俳優をあの扱いにしたということだろう。そこの肩透かしいらないんだけど‥‥。それでもにじみ出るしなやかさや肢体の美しさ含めてセロンとの絡みは見応えがあった。

あとは【ビル・スカルスガルド】の発見というオマケもあった。

ハル
ハルさん / 2017年11月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シャリーズの魅力

シャリーズ・セロン単独主演のアクションものは、イーオン・フラックス以来かな??
ベルリンの壁崩壊の最中のスパイの話。スパイで女性ものはあんまりなく、期待していた。それにしても40を過ぎても美しいシャリーズをみるだけでも価値はある。

しゅんすけ13
しゅんすけ13さん / 2017年11月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純なアクションモノだと油断してるとおいてかれる

しっかり予習しておいたほうがいいベルリンの壁崩壊時が舞台の硬派なスパイミステリー。
実績と能力はあれど、特殊能力があるわけでもない大柄の女スパイがボロボロになって戦う。
仕事の結果が芳しくなく上司から尋問され、それに答える形で物語が進む。
複数の相手と複数の業務、更には二重スパイ、三重スパイと複雑になっていく。
後半過ぎの階段踊り場での長回し格闘シーンは迫力あるが、アクションの見せ場はそれくらい。華麗なシーンより泥臭い人間味のあるアクション。
ソフィア・ブテラがアクションを封印してシャーリーズセロンと絡む。
MTV世代ならニヤニヤする曲チョイス。
解説の原作者の名前が間違ってる。アントニー・ジョンストンのグラフィックノベルThe Coldest Cityが元ネタ。

eli
eliさん / 2017年11月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終わった後、あまりの満足感にため息が出る ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

めっちゃ面白かったです。血と暴力と陰謀、これがあればスパイ映画は満足だけど、音楽とカッコいい男女までいた。最高。事情聴取のような報告を終え、女王とのお茶会に何を着れば良いか聞きながらのタバコが、仕事をやり切った満足感と仕上がりの満足感で最高の終わり方だど思ったけど、さらにその後があって、もはや、なんと言って良いのか。めちゃくちゃ面白かったです。

あんこ
あんこさん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ストーリーだってアクションだって骨太だ!

レビューを見ると、ストーリーはイマイチという意見が多いようだが、十分楽しめた。気づいたら終わっていてあっという間だった。

確かに、ストーリーよりもシャーリーズ・セロンのかっこよすぎる姿や電飾チックな冷たくカラフルな色合いが印象に残る。

そして、なんといってもアクションがリアルで息飲む痛さだ。闘った後の、ロレーンのきれいな顔やブロンドが血で赤く染まり、ふらついて歩く姿は、壮絶だ。

そんな印象深さも、スパイお決まりの騙し騙されな厳しい世界をしっかり描いたストーリーがあるからこそだと思う。

本作をワンダーウーマンと並んでフェミニズム的なもので語る記事をいくつか読んだ。
難しいことはよく分からんけど、両方とも、観たあとすっきりしますね。やったれー!みたいな。

しんば
しんばさん / 2017年11月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シャーリーズ・セロンが魅力的!

前半はスパイ映画特有の登場人物の多さと耳慣れない名前に混乱してしまいました。おまけに、当時の社会情勢を考えながら各組織の思惑を理解しようとしていたのですが、それがイマイチつかめず、頭の中を必死で整理しながら見ていました。

しかし、そうやって頑張って見ていれば、中盤以降でさまざまなことが繋がり始めてスッキリします。こうなると俄然おもしろくなってきて、最後までどんでん返しの連続で飽きさせない展開に引き込まれます。

主演のシャーリーズ・セロンが見せるさまざまな表情が本当に魅力的です。体当たりのアクションもすばらしいの一言。物語に大きく関わるジェームズ・マカボイも胡散臭さ全開で最高です。また、ソフィア・ブテラとの絡みも官能的でよかったですが、彼女にはもう少しアクションの見せ場があってもよかったかもって思ってしまいました。ともあれ、スクリーンで見る価値のある、よい作品に仕上がっており、十分に楽しめました。

おじゃる
おじゃるさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

容姿端麗

鑑賞中、

常に人物相関図を頭に描き、

そのシーンで何を目的としているのかを、

しっかり整理しながら、

物語を理解するのが必要。

個人的には、とても楽しい作業。

加えて、

シャーリーズ・セロンの佇まい。

憧れる。

ふるやるふ
ふるやるふさん / 2017年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シャーリーズ・セロンがあんなボロボロに…!

とにかくシャーリーズセロンが綺麗。
衣装が好みど真中だったので見惚れてしまいました。

アクションシーンは凄かったです。
ただ、舞台がドイツでMI6とCIAとKGBと…?
振り回されてしまって、何回か頭の中が絡まりそうでした…
敵スパイの髭面が似てて、え…どっち?みたいな

観終わって疲れた…笑

bow
bowさん / 2017年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ベルリンの魔力

ずるずると引っ張っての観賞でしたが、気分良い時に観たのもあるけど、サイコーでした♪近年のスパイものの中でも好きだなぁ。
但しこれは、ベルリンの壁崩壊前後のカルチャーに、多大な影響を受けた世代だからだとも思えますが。あの時期の東西入り乱れたカオスっぷりはやはりベルリンなんでしょうね。五月蝿いとささやかれる音楽のひとつひとつも、オープンリールのレコーダー宜しくタイムマシーンの様で、何だか映画とは関係なく自分の時代をいとおしく感じることが出来ました。だから実は万人受けではないのかもしれませんね(笑)

lynx09b
lynx09bさん / 2017年11月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マカヴァイは、何したいんだ(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

監督は、「ジョン・ウイック」絡みらしいということで、アクション期待で観に行きましたが、アクションは最高です。

スパイものということで、キャラクターが、分かりづらかったですね。
ストーリーが回想方式で進行したのも分かりづらさに拍車がかかった要因かも?
オープニングで、掴みのアクションがあればバランスが良かったかと思うんですが、前半が何かダルく感じられました。

パトカー奪ってのカーチェイスは、「どんなカメラワークしてんの?」って思うくらい斬新な感じでした。

「ジョン・ウイック」同様ストーリーは単純にして、もうちょっとアクション重視なら良かったかと。
レズ展開も??だし。(笑)

Mt.ブルー
Mt.ブルーさん / 2017年11月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

171件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi