アトミック・ブロンド : 映画評論・批評

アトミック・ブロンド

劇場公開日 2017年10月20日
2017年10月10日更新 2017年10月20日よりTOHOシネマズみゆき座ほかにてロードショー

クールでポップな“女性版ボンド”を心底楽しそうに演じるセロンが最高!

舞台は東西冷戦が氷解する直前のベルリン。主人公はMI6のミッションを帯びた諜報員。目的は消えたスパイリストの奪還。今やデジタルツールに主役の座を奪われ、ジェームズ・ボンドは唯一の例外として、人間の肉体そのものが機能する場所を失った時代に、これ程スパイアクションに適した時代設定はない。ポイントはその諜報員が女性である点だ。

世界中で暗躍するスパイの名が記されたリストを奪い返すため、ヒロインのロレーンがやがて崩れゆく壁に隔てられた東西ベルリンを往き来する。だが、肝心のリストはそれを奪って姿を消した殺し屋共々所在不明のまま、ロレーンの前には協力者のはずがどうも信用できないMI6支部員(ジェームズ・マカヴォイ怪演!)、同じくリストが欲しいKGBやフランスの諜報機関DGSE、挙げ句にはCIAまでが現れて、状況はさらに混迷を深めていく。誰が味方で誰が敵か、というより、怪しい者だらけの相関図を形成しつつ。

当時のベルリンの写真をヒントに美術スタッフがリメイクしたという、壁一面に描かれたカラフルなウォールペイントを筆頭に、原色のネオンが人間の顔を同じ色に染める地下クラブ、スパイが取引場所に使うシャンデリアや裸婦像が配置されたバー等、不安定な政情を補うように発展したと言われるアートやインテリアの数々が、デカダンな時代をリアルに再現している。

画像1

しかし、見ていて最高に心地いいのは、原作を一読して映画化を決意し、製作にも絡むシャーリーズ・セロンが、強者入り乱れる諜報合戦をしたたかに生き抜くクールでポップなヒロインを、心底楽しそうに演じているところ。どんな場面でも表情ひとつ変えず、刺客に対しては特訓で鍛えた必殺回し蹴りを炸裂させる。その際に脚を大きく広げると、黒いミニスカートとニーハイブーツの間からガーターベルトで吊ったストッキングが覗くのは計算済みだろうし、白いエナメルのレインコートとサングラスで町を歩く姿は、まるでキャットウォークするモデルのようだ。

それは、困難な任務に加えて格闘シーンと筋肉美のアピールがセットになったボンドの役割を、まんま女性が請け負って何の不自然さもないことを立証する、男社会のハリウッドで数少ないアクション女優として機能し続けるシャーリーズ・セロンならではのこだわりだろうか。ボンドガールと脈略を無視して簡単にベッドインし、時にはマジで恋に落ちるボンドだが、ロレーンがその部分をどう請け負うかにも、是非、注目して欲しい。

清藤秀人

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全169件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi