バリー・シール アメリカをはめた男のレビュー・感想・評価

バリー・シール アメリカをはめた男

劇場公開日 2017年10月21日
136件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

お調子者の成り上がり&没落コメディ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画から教訓を得ようなんてある意味さもしいことであるし、特にこの主人公から何かを学ぼうなんて考えるのはムリがある。お調子者で、つい危ないことに手を出したがるバカな男が、とんでもない大金を手にして、やがて破滅していく。ストーリーだけを要約するとそれだけの話だが、コレがやたらと面白い。

そもそもトム・クルーズの持ち味は正義の味方でも超人的なヒーローでもなく、自意識過剰で自信過剰な憎めない男。その魅力は本質的には愚か者である本作のバリー役でも存分に活かされている。

そしてバリーが転落に向かうのは、盛者必衰というより自業自得に近いのだが、実は本当の責任は裏で糸を引いていたCIAにある、という告発の映画でもある。ただ政治的なテーマを扱いつつも、説教くさくなるより可笑しなブラックコメディに仕立てたダグ・リーマンにも、作品の方向性にちゃんと自分自身を合わせてきたトム・クルーズにも拍手を送りたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

天才も政権もどっちもどっちなリアルクライムアクション ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

弱冠16歳でパイロット免許を取得し、元航空会社大手TWA史上最年少で当時の最新鋭機、ボーイング707の機長を務めた操縦の天才、バリー・シールにとって、旅客機のコックピットは退屈極まりない空間だったのかも知れない。劇中で、深夜飛行の最中、わざと操縦桿を動かしてタービュランスを"演出"し、乗客をたたき起こしてしまう場面もあるほどだ。だから、彼がTWAを退職し、CIAの偵察飛行を請け負い、その流れで南米の麻薬コンツェルンから運び屋も頼まれ、ダブルインカムでボロ儲けするのも、要は才能の見返りと思えば納得がいく。勿論、そんな天才を政権が交代する度に便利に使い倒す政治の自己チューには呆れかえるけれど。才能に溺れて自分を見失う側も、状況に合わせて政策をころころ変える側も、どっちもどっちなリアルクライムアクションなのだった。

MP
MPさん / 2017年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

悪党で金の亡者でもかっこいいトム・クルーズ

トムが違法で不徳な金儲けにのめり込む実在の人物を演じている。まあ、トムだけに悪事を働いても爽やかでかっこいいのだが。本格的なワルに扮したのは「コラテラル」以来か。もっとも近年の傾向は、「ジャック・リーチャー」にしろ「ザ・マミー」にしろ、チョイ悪な面もあるヒーローが多くはなっている。

ダグ・リーマン監督は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でもタッグを組んだが、今作のほうがトムの多面的な魅力をうまく引き出している。少し前の「ザ・ウォール」はまた違うタイプの戦場シチュエーションスリラーだったし、引き出しの豊富な作り手だ。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」や「ゴールド 金塊の行方」に通じる、桁外れのジェットコースター人生を送った有名人の実録モノ。強烈な性格と大胆な行動に呆れて眉をひそめるが、心のどこかでうらやんだり憧れたりしてしまう、そんな大衆の心理をくすぐるようだ。

AuVis
AuVisさん / 2017年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

大変興味深いストーリー

カーター、レーガン、クリントンといった歴代大統領を狂言回しにして、その下で出世をたくらむ政府関係者、そのためにはやばい仕事もさせる小役人がいて、その下でやばい仕事を実際にする人間がいる、というアメリカの一面が興味深いですね。

やばい仕事を受けた人間は、保身のために、さらにやばい仕事の片棒を担がざるを得なくなってしまいます。この辺りは主人公の責任ではないのだけれど、その有能さゆえに、みんなから頼られるうちに大金を掴んでしまいます。

ある種のアメリカン・ドリームの体現者に見えて最後の落としは冷酷です。こういうドラマは彼の国では、知らないところでたくさんあるんだろうなぁと思いました。

Trss
Trssさん / 2018年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トム様のお尻を愛でる作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何故かね、3回くらい、トム様がパンツを下ろしてお尻を見せてくれるシーンがあります。トム様のお尻、お美しいです。それが見れただけで満足です笑
…というのは冗談で、アメリカの闇、麻薬戦争の闇、社会の闇が生んだ、とんでもない実話を映画化してるんですが、事実に基づいた映画だなんて…信じられない!!!とにかく波乱万丈すぎる嘘みたいな人生に、結末に、驚愕するし笑えてくる!事実は小説よりも奇なりってよく言ったものです。こんな人いたのかーーーすげぇな…。
トム・クルーズの演技も素晴らしいし、スピーディに進む展開で楽しみながらも、最後はちょっとだけ切なくなるというか。アメリカをハメようとして、逆にハメられた可哀想なヤツって感じで…。
ザ・マミーでガッカリしてたので、いいトム・クルーズ映画が観れて満足しました。お尻にも…笑
留まるところを知らないトム様をこれからも追い続けようと思います。

yookie
yookieさん / 2018年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トムは真のトップスター! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

監督のダグ・リーマンと主演のトム・クルーズがタッグを組んだ作品としては『オール・ユー・ニード・イズ・キル』以来本作で2作目を観たことになる。
筆者が観たリーマン監督作品ということで言及するなら、本作は『Mr.&Mrs.スミス』『ジャンパー』 と上記の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に続いて4作目に当たる。
いずれも娯楽作品として十分に楽しめる作品であるが、本作はかなりの脚色があるとはいえ実在した人物を扱った物語なので他の作品とは多少毛色は異なる。

リーマンも認めているが、バリーの行動はGPSや携帯電話が存在しない昔だからこそ発覚するまでに時間がかかったのだと思う。
本作では敢えて道徳的観点を排除し、さらにバリーをハリウッドの超トップスターのトム・クルーズが演じることで好感の持てる冒険家のように仕立て上げている。
しかしそもそも金のためなら自国民を麻薬漬けにしても構わず、いざ自分の立場が悪くなれば商売仲間を平気で売ってしまうような道徳観が相当欠如した人物なので、最後に殺されるのも自業自得である。
毎日出頭させる罰則はどう考えてもCIAも含めたバリーから被害を負わされた関係各所が麻薬組織に彼を殺させる企みであっただろう。
自分の手を汚さずに麻薬組織がバリーを葬ってくれる上に麻薬組織を非難できるのだから一石二鳥だったに違いない。
また本作を観ていて思ったが、アメリカは本気で麻薬を追放する気があるのだろうか?
褒められたものではないが、チャイナでは麻薬を所持しているだけで死刑である。
所持していた日本人も数名が捕まって処刑されている。
ここまで過激ではなくとも対策はいくらでも取れる。
ただCIAが暗躍して麻薬製造国に反アメリカ政府が誕生したりすると、本作のように現地の麻薬組織と手を組んで武器を供与して反政府組織に仕立て上げ、その見返りとして麻薬の流通を目こぼしするなどの工作をやって来たので多方面で糸が絡まってしまった結果、引き返すことができなくなっているようにも見える。
また麻薬常用者は思考力が落ちるので、愚民化政策にはちょうど良い側面があるのかもしれない。
本作はバリー・シールという破天荒な男に焦点を当てているが、実はアメリカ社会の問題点が浮き彫りにされているとも言える。
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ演じる義理の弟JBが無断でお金を利用したことに腹を立てたバリーは彼を追っ払おうとするが、ついには彼が爆殺される状況にまでなってしまう。
JBの行動にも大いに問題はあるが、バリーにとっては端金であり、その不寛容な態度はあまり褒められたものではない。
実際はこの出来事は脚色の可能性もあるが、いずれにしろバリーは本当に魅力的な人間かどうかには疑問符が付く。
因みにジョーンズは『アンチヴァイラル』や『神様なんかくそくらえ』に出演している。特徴的な外見に加えて独特な演技を魅せていて強く記憶に残る。

また本作ではトムが代役を立てずにほぼ全て自分1人で飛行機を操縦したのだという。
そして脚本家のゲイリー・スピネッリと監督のリーマン、トムの3人で共同生活を送りながら明け方まで作品の方向性について話し合いを重ね、夜明け頃に撮影現場に向かっていたという逸話まである。
もちろんトムはそれだけの操縦技術を元々持っていたのだろうが、今日本の俳優でトムほどの熱意を持って作品に関わっている人間がいるだろうか?
トムと日本の俳優たちでは出演料の多寡に相当な隔たりがあるのは百も承知だが、どうしても日本の俳優たちにサラリーマン的なスケールの小ささを感じてしまう。
バリーの人間性には懐疑的だが、やはりトムが主演というだけで華やかな印象になり作品が楽しめる。
トムのトップスターぶりを再確認できる1本である。

曽羅密
曽羅密さん / 2017年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

ちょっと期待はずれだったな。
トム・クルーズだからもっとスリリングなアクションがあるかとおもったけど...

穏やかに舞う
穏やかに舞うさん / 2017年12月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バカ亭主の愛。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ある意味おトムも有名税でアメリカをはめたんじゃないかと
思わないでもないけど彼も55歳になったんだから少しは出番
が落ち着いてくるかと思ったら大間違い!今回はこんな実在
した人物に成りすましている(^^;いやはや、その自信過剰な
飛びきりのスマイルがやはりステキ♪鉄壁の笑顔がブラックな
内容に笑いを与えてくれる。しかしこんな男がいたとは驚嘆。
天才パイロットだったが故にあらゆるところから一目置かれ、
国を越え次々と犯罪に手を染めていくお調子者を演じている。
その実体は本当に凄いことなのにあまりに軽く描かれている
ため観ているこちら側も危機感が湧いてこない。どうせまた
スルッとすり抜けるんだろうくらいに思っていた後半で冒頭
の告白はそう意味だったかと残り時間が少ないことを教わる。
う~ん、とにかく似合いすぎ。面白い。でもこんなバカ亭主
に愛された家族は悲劇。有り余るのは愛情だけで十分でした。

ハチコ
ハチコさん / 2017年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

期待以上!

評価が低いので不安でしたが、そんな不安を吹き飛ばすほど面白かった!
実話とは思えないハチャメチャっぷりに興奮しましたし、何度も吹き出してしまいました。

富を手に入れたとはいえ、凄く不運な要素も大きな人間でもあるなぁとシミジミ。

トム・クルーズファンなら観るべきだと思いますし、アクション・コメディとしても十分に名作だと思った。

ジーナ
ジーナさん / 2017年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛快! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

期待どおりの展開で存分に楽しめるも、予想どおりの結末でちょっと寂しい…

主人公は破茶滅茶だが堅実。トムクルーズもこの手の明るい役はいつもハマり役。

夫を愛し、子どもを守る妻が素晴らしい。
FBIの家宅捜査で全て応酬されるシーンの「家族は一緒にいなきゃ!」が印象的。

北のやまさん
北のやまさんさん / 2017年11月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トムクルーズの無駄遣い

この脚本で何故トムクルーズが必要なのかわからない。ザマミーより酷い。ザマミーのリベンジと思い観たが結局、更なる駄作を見ることになるだけだった。

配役がトムクルーズではなく、アクション俳優で無かったら史実に基づいた映画として興味深く見ることができただろう。こ

tomograph
tomographさん / 2017年11月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パイロットいいね!

悪の悪循環。
ラストもそーだよね(^^;)

JUN
JUNさん / 2017年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念

こんなに面白い素材で、トムクルーズで…勿体無い。もっと面白くなったのに。

森永ひろひろ
森永ひろひろさん / 2017年11月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アメリカは昔も今も

悪人というか、対抗するのではなく、その道のプロを使うっていうやり方は、昔も今も変わらないんだなぁ。。
今もハッカーを利用してるしね。
しかしはちゃめちゃだなぁ。適当に稼いで切り上げればよかったのにやめられないんだね。

NAO
NAOさん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テンポ良いし最期までワクワクドキドキできた。

主人公が堕ちていった経緯をテンポ良く紹介しつつ、妻の混乱も描き、甥っ子のことを赦そうとしたりする。主人公をどこか憎みきれない、そんな人間的魅力があの結末の儚さに切ない想いを抱かせました。

sumomojam
sumomojamさん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカのどんぶり勘定 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とにかく軽〜いノリで、密輸の運び屋やCIA, DEAのスパイになる主人公の半生を、これまた軽〜いノリで描いているので、気分が重くなることなく観ていられました。良心なんてそっちのけ?でも根っからの極悪人という訳でもないので憎めないです。色々な組織に利用されることになったのも、そんな彼の性格からでしょうか。主人公にとっては金儲けと保身のためだけとは言え、cocaineで人生を破滅させた人々を、裏で沢山生み出したと考えるとかなり罪深いことですが。

CIAもいい加減。ソ連に対抗すべく始めたことが、結果的に自国を内側から壊しかねない事態を招いたのですからね。

Cruiseは楽しそうに空を飛んでいました。
現金がしまいきれない状態なんて、一度経験してみたいものです。

everglaze
everglazeさん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

淡白な映画

実話を基にしているためか、少々平坦なストーリーに大味な展開をする映画だと感じました。このような実話をねじ曲げるわけにもいかないことによる弊害はノンフィクション作品共通の欠点だと思います。その欠点を演出で補うことが十分にできているとは言えないが、実話が既に奇抜なため全体としてそれなりに面白い映画だと感じました。

ケイレブジョーンズがいい役でしたね。GET OUTといいかなりはまっていました

マキヲ
マキヲさん / 2017年11月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歯抜けのトム・・・

目指せチャップリン!はインポシブルなミッションか?

こんなトムは見たくないと仰る方も多いかとは思います・・・

蛇足軒瞬平太
蛇足軒瞬平太さん / 2017年11月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈な映画

いつものトムクルーズのアクションがないので退屈な映画でした。
実在の人物の話では面白くないということか?

Hiro
Hiroさん / 2017年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

評判もイマイチなので期待しないで観に行ったら、結構面白かったです。...

評判もイマイチなので期待しないで観に行ったら、結構面白かったです。
実話でこんな事するアメリカってやっぱり凄い国ですね。

やまぼうし
やまぼうしさん / 2017年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

136件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi