バリー・シール アメリカをはめた男のレビュー・感想・評価

バリー・シール アメリカをはめた男

劇場公開日 2017年10月21日
151件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

お調子者の成り上がり&没落コメディ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画から教訓を得ようなんてある意味さもしいことであるし、特にこの主人公から何かを学ぼうなんて考えるのはムリがある。お調子者で、つい危ないことに手を出したがるバカな男が、とんでもない大金を手にして、やがて破滅していく。ストーリーだけを要約するとそれだけの話だが、コレがやたらと面白い。

そもそもトム・クルーズの持ち味は正義の味方でも超人的なヒーローでもなく、自意識過剰で自信過剰な憎めない男。その魅力は本質的には愚か者である本作のバリー役でも存分に活かされている。

そしてバリーが転落に向かうのは、盛者必衰というより自業自得に近いのだが、実は本当の責任は裏で糸を引いていたCIAにある、という告発の映画でもある。ただ政治的なテーマを扱いつつも、説教くさくなるより可笑しなブラックコメディに仕立てたダグ・リーマンにも、作品の方向性にちゃんと自分自身を合わせてきたトム・クルーズにも拍手を送りたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

天才も政権もどっちもどっちなリアルクライムアクション ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

弱冠16歳でパイロット免許を取得し、元航空会社大手TWA史上最年少で当時の最新鋭機、ボーイング707の機長を務めた操縦の天才、バリー・シールにとって、旅客機のコックピットは退屈極まりない空間だったのかも知れない。劇中で、深夜飛行の最中、わざと操縦桿を動かしてタービュランスを"演出"し、乗客をたたき起こしてしまう場面もあるほどだ。だから、彼がTWAを退職し、CIAの偵察飛行を請け負い、その流れで南米の麻薬コンツェルンから運び屋も頼まれ、ダブルインカムでボロ儲けするのも、要は才能の見返りと思えば納得がいく。勿論、そんな天才を政権が交代する度に便利に使い倒す政治の自己チューには呆れかえるけれど。才能に溺れて自分を見失う側も、状況に合わせて政策をころころ変える側も、どっちもどっちなリアルクライムアクションなのだった。

MP
MPさん / 2017年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

悪党で金の亡者でもかっこいいトム・クルーズ

トムが違法で不徳な金儲けにのめり込む実在の人物を演じている。まあ、トムだけに悪事を働いても爽やかでかっこいいのだが。本格的なワルに扮したのは「コラテラル」以来か。もっとも近年の傾向は、「ジャック・リーチャー」にしろ「ザ・マミー」にしろ、チョイ悪な面もあるヒーローが多くはなっている。

ダグ・リーマン監督は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でもタッグを組んだが、今作のほうがトムの多面的な魅力をうまく引き出している。少し前の「ザ・ウォール」はまた違うタイプの戦場シチュエーションスリラーだったし、引き出しの豊富な作り手だ。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」や「ゴールド 金塊の行方」に通じる、桁外れのジェットコースター人生を送った有名人の実録モノ。強烈な性格と大胆な行動に呆れて眉をひそめるが、心のどこかでうらやんだり憧れたりしてしまう、そんな大衆の心理をくすぐるようだ。

AuVis
AuVisさん / 2017年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

「ウルフ・オブ~」以来の痛快クライムコメディー

実話を元にしたクライムコメディー。
飛行機に乗るトムを観てて「もしかして」と思ったら、案の定本人が操縦してたw
破天荒な主人公の人生を痛快に描くという点では「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に近いニュアンスだったかな?

トムの悪人ではないけどどこか胡散臭いニヤニヤ顔を存分に堪能できる。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか、飽きちゃう

なんか、飽きちゃう

ぱ
さん / 2018年4月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

This is the greatest country of.. ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ちょっと苦手とする実在の人物を描いた伝記映画かなぁっと思ってたらメッチャ面白かったです!テンポ良く話が進むのはさすが「ジェイソン・ボーン」シリーズのダグ・リーマン監督ですね!話の運び方が上手いです。

麻薬の密輸で儲けていくバリー・シールがお金持ち過ぎる!隠す所がなくなって庭に埋めちゃうとかどんだけですか!コレが実話だったっていうから面白い。やっぱ立ち回りの上手さってどんな世界でも大事ですよね。でもバリーさん本人は頑張っててもお馬鹿な身内が辛い!!

そしてトム・クルーズは相変わらず若いです!これで55歳とは信じられません。たまに「ザ・マミー」とかにも出ちゃったりするけど、基本安定して面白い作品に出てる印象です。「ハリポタ」出身でも、その後のキャリアで有名になった感もあるドーナル・グリーソンがCIA のエージェント役で出てましたね。

日本人にはあまり馴染みのないバリー・シールですが、その人生は確かに映画されてもおかしくない波乱万丈な物でした。

アキ爺
アキ爺さん / 2018年4月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ちょっと退屈かも

話の流れはテンポよく進み、実際にいた人物をモデルにした話でもあるので、興味深かった。

ただやや退屈に感じてしまう部分や、基礎知識がないと楽しめなかったり、地名が難しかったりと、内容を理解するのが難しい作品だった。

アメリカにおいてCIAがどういう立ち位置にいるのか少し興味を惹かれる作品だと思う。

映画が好きです。
映画が好きです。さん / 2018年4月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカの汚い仕事

アメリカの汚い影の仕事を任されて、結局暗殺されて、
この人の人生なんなんだろう。

上みちる
上みちるさん / 2018年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話かどうか関係なく面白い。

TWAのパイロットから、CIAの戦争偵察撮影のエージェントに転職して才能を開花するも、中米の国からのドラッグ密輸にも関わってゆく。

双方からの仕事をうまくこなして成功するも、それが逆に転落の元にも。

実話なのに、こんなにコメディかと思うほどのタッチで描かれるのが面白い。実話だとどこか薄っぺらいところやつまらない結論になりがちなのに、最後想像できる最後にも関わらず面白く見れた。

キッスィ
キッスィさん / 2018年3月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話とはビックリ!

元々あった事実を知らないまま見ているとついていけなくなるところもあるけど、実話であればビックリ。

まお
まおさん / 2018年3月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカってやっぱ腐ってんな~(^-^; ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

トム・クルーズの役の中ではかなり好きです(*^-^*)

「ミッションインポッシブル」の現実バージョンって感じ。
初めは小遣い稼ぎの葉巻の密輸くらいだったのに…
仕事ができるばっかりにどんどん危険な仕事を、政府と麻薬カルテル側の両方から押し付けられて…

カッコつけないカッコ悪い感じが魅力的(≧∇≦)o!

邦題も映画の中身が(史実・ブラックコメディー)ということを考えれば皮肉が効いてて秀逸

アメリカ批判だよね、事実はアメリカにはめられた男なんだし

ラストの自分が殺されることを覚悟して、いつも周りを巻き込まないように笑顔で声かけしていくトムの笑顔が悲しかった

アクアMARINE
アクアMARINEさん / 2018年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話なので高得点

実話なので高得点

ポケ
ポケさん / 2018年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが史実?!

ってすごい。
どこまで本当なのかわからないけど、もしアメリカが裏でこんな工作をしていたとか思うと世間が怖くなる。
トムクルーズの軽妙な演技でライトタッチに描かれているから救われるが、重く描いたとしてもなかなかの映画になると思う。

赤い彗星
赤い彗星さん / 2018年3月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バリー・シールとトムくんが被って見える、純度100%のトムくんムービー

航空会社のパイロットからCIAエージェント、銃や麻薬の運び屋に。
仰天ニュースやアンビリバボーもびっくり、破天荒男バリー・シールの実話。

パイロットとして家族の為に真面目に働いていたら、その操縦の腕がCIAの目に止まり、偵察撮影の仕事を請け負う。
そしたらコロンビアの麻薬組織にも操縦の腕が気に入れられて、運び屋に。
ガッポガッポガッポガッポガッポガッポ、金を荒稼ぎ。
こちとらおそらく生涯金で苦労していくだろうに、一体何処からこんなに金が溢れ出す?
銀行にも家の中にも倉庫にも、果ては森の中に埋めるほど金の置き場所に困るくらい。
チッキショー、羨ましい…いやいや、これは全て“汚れた金”。世の中の不条理。
嗚呼、でもやっぱり、羨ましい…。

金は勿論だけど、きっとバリーはこの危険で刺激的な仕事が楽しくて堪らなかったのだろう。
何だかそれが、常に危険なスタントに挑み、我々をハラハラ楽しませてくれるトムくん自身と被った。
本作でも操縦は全て自分でとか。
あの嬉々としたスマイルは演技じゃないね。

とは言え、やってる事は違法。栄華を極めれば、転落も。
常に危険と隣り合わせ、あちこちの当局からマーク。
遂には逮捕されるが、まさかの展開、ある力が動き釈放、運び屋を続けられる事に。
が、それも束の間、最大の修羅場と、そして…。
我が物顔で世界の空を飛び、法を掻い潜り、金を荒稼ぎし、時には運も味方し…。
誰も真似できないような大アドベンチャーな人生を駆けた男。
が、アメリカを手玉に取ったように見えて、実はアメリカに手玉に取られた、本当はある男の悲劇的な話なのかもしれない。

トムくんの映画にしては比較的地味で、派手な見せ場にも乏しい。
見る前はさほど期待してなかったが、段々面白くなってきた。
見終わってみれば、トムくんの魅力に溢れた、純度100%のトムくんムービーであった。

近大
近大さん / 2018年3月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

おもしろい

おもしろい

そう
そうさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バリー&カンパニーの喜劇

知られざる史実ベースで政権の手段を問わぬ覇権活動が背景なんだけど本作を社会映画と捉えることはなかった
東西工作の深淵やカルテルの非人道の描写はほとんど無くて ひたすらバリーの物語が中心でバリーと愉快な仲間達による成り上がりと成れの果てを描いたコメディだった
前半は彼らのやり過ぎ感に笑い満載、後半の終末に向かうスパイラルさえも乾いた笑いとなって最後まで楽しめた

isukee
isukeeさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

金って怖いねぇ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

パイロットがCIAにスカウトされて、革命組織の証拠写真の入手と、それに目をつけたマフィアの麻薬売買、銃売買を飛行機に使って大掛かりにやる作品。

面白かった。

アメリカという国土馬鹿でかい国だと、あんなに大掛かりに脱法的なことをやっいていてもバレないのか。

ただ、途中で辞めたくてもやめられなくなるんだよね。

お金なんて使い切れない以上に稼いでも、その業界からは足を洗えない。

というよりも、この映画見てしまうと、とても怖くて南米なんて行けなくなる。

nata
nataさん / 2018年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トム・クルーズだけ

背景は1978年頃のアメリカ。音楽や生活が学生の頃の空気を感じた。それにしてもこの映画、トム・クルーズに頼り過ぎ。ストーリーとしては面白くないし、雑で感動もない。所々に当時の実映像が挟んであり、事実に基づいたお話として作り上げているが、個人的には、もっと哲学的な深みのある作品が見たい。

にっしん
にっしんさん / 2018年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大変興味深いストーリー

カーター、レーガン、クリントンといった歴代大統領を狂言回しにして、その下で出世をたくらむ政府関係者、そのためにはやばい仕事もさせる小役人がいて、その下でやばい仕事を実際にする人間がいる、というアメリカの一面が興味深いですね。

やばい仕事を受けた人間は、保身のために、さらにやばい仕事の片棒を担がざるを得なくなってしまいます。この辺りは主人公の責任ではないのだけれど、その有能さゆえに、みんなから頼られるうちに大金を掴んでしまいます。

ある種のアメリカン・ドリームの体現者に見えて最後の落としは冷酷です。こういうドラマは彼の国では、知らないところでたくさんあるんだろうなぁと思いました。

Trss
Trssさん / 2018年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

トム様のお尻を愛でる作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何故かね、3回くらい、トム様がパンツを下ろしてお尻を見せてくれるシーンがあります。トム様のお尻、お美しいです。それが見れただけで満足です笑
…というのは冗談で、アメリカの闇、麻薬戦争の闇、社会の闇が生んだ、とんでもない実話を映画化してるんですが、事実に基づいた映画だなんて…信じられない!!!とにかく波乱万丈すぎる嘘みたいな人生に、結末に、驚愕するし笑えてくる!事実は小説よりも奇なりってよく言ったものです。こんな人いたのかーーーすげぇな…。
トム・クルーズの演技も素晴らしいし、スピーディに進む展開で楽しみながらも、最後はちょっとだけ切なくなるというか。アメリカをハメようとして、逆にハメられた可哀想なヤツって感じで…。
ザ・マミーでガッカリしてたので、いいトム・クルーズ映画が観れて満足しました。お尻にも…笑
留まるところを知らないトム様をこれからも追い続けようと思います。

yookie
yookieさん / 2018年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

151件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi