ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツのレビュー・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

劇場公開日 2017年7月29日
81件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

鑑賞後にマクドを食べる派?食べない派?

ジョン・リー・ハンコックを、美談とされている実話を実直に撮る、いささか才気に欠けた監督だと思い込んでいた。ところが今回はまったくもって美談ではない。むしろ観客に嫌われて当然の男が善良な人を押しのける物語である。

こうなるとハンコック監督のオーソドックスで安定感のある演出が違う意味を帯びてくる。本作はレイ・クロックという男を徹頭徹尾フラットな視線で見つめており、普通の美談と同じテンションでクロックの波乱万丈伝を綴ることで、そのえげつなさがより際立って見える。感傷に頼らない演出がみごとだ。

本作を観てレイ・クロックに嫌悪感を催しマクドナルドをボイコットしたくなる人もいるだろう。自分の場合は逆に、レイ・クロックが象徴しているえげつない商業主義が支えている社会に自分たちが取り込まれている以上、今日もマクドナルドで自分が社会に隷属しているちっぽけさを噛みしめたいと思う。半ばマゾな悦びとともに。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生まれ持ったモノの価値には気づきにくい

人生の皮肉と、ビジネスの教訓が高度にブレンドされた優れた作品。

マクドナルドの「創業者」を描いた作品だが、この作品で描かれる創業者は二組。マクドナルド兄弟と、マイケル・キートン演じるレイ・クロックだ。
ファスト・フードという概念を確立した効率よくハンバーガーを作る仕組みを考案したマクドナルド兄弟と、フランチャイズ化を推し進め、世界的な成功を収める礎を築いたレイとの対立が中心に描かれている。

なぜマクドナルドが大成功を収めたのか、冒頭に兄弟が説明するシステムに関心させ、最後に全く違う、兄弟自身も見落としていた「価値」を提示する。他人の事業を掠め取ったように見えるレイの行動だが、「価値」を発見するというのはこういうことでもある。
レイが最も価値を感じていたのは、皮肉にも兄弟が生まれ持ったものだったというのは、この映画最大の人生に対する皮肉だ。生まれ持ったからこそ、兄弟はその価値に気づけなかったのだ。

ああ、人生って本当にこうだよな、としみじみ思わせてくれる作品だ。

ローチ
ローチさん / 2017年8月26日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

誰もが知るバーガーチェーンの、ほとんど知られていない“創業”秘話

マクドナルドの創業者がどんな人物だったのかは、ファストフードやフランチャイズのビジネスに関心がある人を除くと、ほぼ知られていないのではないか。その意味で、レイ・クロックがマクドナルド兄弟のバーガー店に出会い、その徹底した流れ作業による製造システムに感銘を受ける過程に、革命的な出来事を一緒に目撃しているような高揚感を覚える。

しかし当然、ありきたりの成功譚ではない。味とサービスを極めたい兄弟と、フランチャイズ展開で利益を追求したいクロックは早々に対立する。クロックが生きるのは、人情や恩義などという概念のない弱肉強食の世界。不利な契約は破って裁判攻勢、口約束を反古にするのもへっちゃら、糟糠の妻もあっさり捨てて美人の人妻と不倫・略奪婚といった具合。ハッピーなブランドイメージの裏に、創業期の熾烈な闘争があり、それが現在の世界帝国を築いたことを教えてくれる、恐ろしくもタメになる一本だ。

AuVis
AuVisさん / 2017年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

アメリカンドリーム ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

弱肉強食とはこういうことかと。アメリカンドリームってこういうことかと。感心した映画。

図らずも、スパイダーマンホームカミングでも主役のマイケルキートンが良い味を出しているが、やはりマイケルキートンは、どちらの作品でもマイケルキートン

ウミ
ウミさん / 2017年9月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

食べたいか食べたくないか

現実はもっと悪どいこともしたんだろうな。
これを見てマックを食べたくなるか嫌いになるか…。

あふ
あふさん / 2017年9月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純なサクセスストーリーだと思って観に行ったけど、なんか思っていた...

単純なサクセスストーリーだと思って観に行ったけど、なんか思っていたものと違った。

マックが今のような世界的な大企業になったのはどのような背景があったのかを描いた映画なのだが、これが全て本当の話だとしたらすごいの一言‼️努力の賜物だと思った‼️

でも、自分のハンバーガー帝国を作り出すためならどんな犠牲も厭わないマイケルキートン演じる主人公がなんか好きになれなかった。そしてマックの原型を生み出した兄弟が可哀想過ぎて堪らなかった(´-`).。oO

しかし、成功とはこういう事を言うんだと観終わったあとしみじみと感じさせてくれる映画だった。そして、無性にハンバーガーが食べたくなった‼️

YAZIMA
YAZIMAさん / 2017年9月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レビュー

みなさんご存知マクドナルドの創業のお話。これぞバーガー界のアップル。人々が想像だにしてなかったサービスで、世界中の潜在需要を発掘していく。さその熱意と狂気はまさに必見です!!

ニックネーム
ニックネームさん / 2017年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飲食業だと思っていたマクドナルドのビジネスモデルは実際には不動産業なんだということをこの映画を見て知った!

シネリーブル梅田で映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」
(The Founder)を見た。
Founderとは創業者の意味。

大阪地域では、なんばパークスシネマとシネリーブル梅田でやっていることは知っていたが、なんばパークスシネマでの上映は終わってしまっていた。
見られなくなると困るので上映が終わってしまう前にシネリーブル梅田に出かけた。
電車(大阪環状線)に乗るのは2-3年ぶりで、キタ(梅田)に行くのも2-3年ぶりだった。
そして、シネリーブル梅田で映画を見るのははじめてだった。

ハンバーガーチェーン店のマクドナルドを創業したマクドナルド兄弟と、
その田舎の人気店を巨大フランチャイズ店として全米に展開したレイ・クロックという人物の物語である。

あらすじとしては、最初は上手くいっていた両者の関係が、利益を追求するクロックと堅実なマクドナルド兄弟の間で次第に悪化し、クロックと兄弟は全面対決へと発展してしまう。
最終的には袂を別ち金銭での解決となってしまう。

レイ・クロック役はマイケル・キートン。
つい最近「スパイダーマン ホームカミング」で顔を見たばかりである。
妻役の女優がローラ・ダーンであることはその長身とスタイルのよさですぐにわかった。
ローラ・ダーンは日本では今年の12月に公開される
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」にもキャスティングされている。

平日の昼間だったが観客は30人くらいか、それよりも少し多い。
意外と入っている。
マクドナルドの関係者も見にきているのかなあなどと思った。

飲食業だと思っていたマクドナルドのビジネスモデルは実際には不動産業なんだということをこの映画を見て知った!
創業者レイ・クロックがコンサルタント業のハリー・ソナボーンと出会っていなければ今では世界中でフランチャイズ展開されているマクドナルドという巨大企業はなかったのかもしれないと思うと非常に興味深い映画だった。

上映時間は115分。
満足度は5点満点で5点☆☆☆☆☆です。

ドン・チャック
ドン・チャックさん / 2017年9月8日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まだやれるかな〜

根気か〜!良い言葉だ👍

おっさん
おっさんさん / 2017年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Fortune favors the... greed. ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

しがない口八丁のセールスマンが、仕事も女性も、欲しいものを得るためなら手段を選ばない、正に「帝王」に成り上がるまでのストーリー。

マクドナルド兄弟は、お人好しでおおらかな兄Macと生真面目で神経質な弟Dick。とてもバランスの取れた組み合わせの兄弟に見えました。

Rayが少しばかりの人情を持ち合わせていて、Dickがもうちょっと融通の利く世渡り上手だったら、兄弟も名前を奪われなくて済んだのかしら…。家族経営に拘っていた兄弟が、自らの名字を店名に出来ないという痛い皮肉(T_T)。

Rayが成功の秘訣と信じるモットー "persistence and determination"。マクドナルド兄弟の店を構えるまでの七転び八起きの道のりだって、そう遠く外れてないと思います。二組の違いはやっぱりエゲツなさ?!確かな見る目、柔軟性、度胸、蹴落とし騙す冷酷さ、巧みな話術、底知れない欲望。Rayは自分が欲しいものをよく理解している人でした。

店は世界中に展開してすごいけど、一番の恩恵を受けているのは、異国の食事に馴染めなくて困っているアメリカ人だったりして。

異物混入など、品質管理についてのマクドナルド兄弟の懸念は的中してますね…。
日本語では通称マック。お兄ちゃんの名で通っていることをご本人が知っていたら嬉しいな。

振り回されて捨てられるRayの奥さんが気の毒でした(T_T)。

everglaze
everglazeさん / 2017年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サイコパスの分析に最適な事例

典型的なサイコパスの行動が描かれている。

サイコパスとは、リスクに対する恐怖を感じない、共感能力が欠如しているので人に痛みを与えることに躊躇しない(むしろ快感を覚える)、、、といった心理傾向を持つ人たちだ。大量殺人鬼や起業家に多いとされる。

ファウンダーは、サイコパスでなければ務まらない。逆に自分はファウンダーにはなれない、と改めて感じた(笑)

人は人それぞれの特性を活かして生きるべきだ、ということを認識させてくれる。

桜花
桜花さん / 2017年9月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

マックは好きだけれど

マクドナルドの創業者の話

すごく盛り上がるわけではないけれど、飽きずに最後まで鑑賞出来ました!

マイケル・キートンは近年、
含みのある役をやると凄い光りますね!
本当の嫌な奴に見える(笑)
ホームカミングも楽しみ

顔るんるん
顔るんるんさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカン・ドリーム?

ザ・アメリカンて感じでとても面白った。
成功者は一筋縄ではいかな。

china
chinaさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

角川シネマ新宿にて観賞

創意と工夫の結晶である名店が、土地リースという資本主義に呑まれて乗っ取られる。
どちらも「これぞアメリカ」の姿であり、語り口は丁度いい湯加減。記録映像を上手く絡めた編集術も活きている。

自分の幼少期の記憶も遡り「マクドとは何ぞや」を考えながら劇場を後にした。マックフライポテトで浸りたかったが劇場近辺に店舗はなく残念。

「マクドナルドにこだわった理由」には絶句。

shallowwhite
shallowwhiteさん / 2017年8月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純ですが、アンチマックが加速

マイケル・キートンがうまいね〜ますます、悪い奴に磨きがかかった感じ。バットマンやってたのが記憶の彼方です。
何を教訓にするか?
*50過ぎて、人生諦めずに邁進したら、成功を手に入れられる。どんな手を使っても、欲しいものは手に入るんだってこと?
*あるいは、むやみに他人を信じてはいけない。自分の財産は自分で守らなければってこと?

でも、人としてどうなんだろう?
だれかの権利や尊厳を奪ってまで手に入れる成功、それでも満足なのだろうか?

考えようによっては、マクドナルドは世界的に有名になったし、兄弟は悠々自適の生活が送れるほどの金額を手に入れた。黙っていても、自分たちの名前が世界中に広まることになる。こんなに楽なことはない。食に対する理念は引き継がれなかったけれど、画期的なオペレーションは後継の企業にまで影響を与えた。

そして、ファウンダーという偽りの名は、白日のもとに晒される時代がきた。
レイが直感で感じた、「アメリカ中に広めたいハンバーガー」という野心に偽りはないのだと思う。まさに、その通りになったし、ある意味レイなりの信念があったのではないか。
けれども、どうしても人としての美しさに欠ける。登りつめても、卑しさは拭えない。
一晩経っても、そんな思いから離れられないのだ。

ミツバチば~や
ミツバチば~やさん / 2017年8月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

起業はアメリカの国技、あるいは業病?

フォードのTモデルからゼロックスの印刷インクビジネスそしてスタバ、アマゾン、グーグルとアメリカの新しいビジネスの革新力はめざましい。

その光と陰をさらっと描いている。

大作ではないが、ラジオショーなどのアメリカの実録物の流れに乗った佳作。

ビジネスの勉強してる人の具体的イメージづくりにも役にたつ(笑)

Radio21
Radio21さん / 2017年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても面白い

後味が最後まで悪いところがすごい。
50年代ですでに、製造方法や管理方法、今に繋がるシステムが確立されていたのに感動した。
演出は多分にあるでしょうが、家庭、健康、安全といった企業文化は育たない社風の会社だと想像できる。
儲け主義、執念に関しては抜きん出た会社なんだと思ってしまいますね。
面白かった!

ちなみに私はビックマック大好きです。よく食べてます。

SUZUKI TOMONORI
SUZUKI TOMONORIさん / 2017年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

野心と根気

人生の醍醐味は野心を持つことで、それを実現するには根気が必要条件です。

いちとら
いちとらさん / 2017年8月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アイデアには価値がある

面白かった。マックにはもう行かないけど、世界中にあってすごいよなぁ〜。

そうたん
そうたんさん / 2017年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マクドナルドという大成功の話。なのに・・・

この映画が、この時代にこのような描かれ方をするという所に考えさせる部分があった

アメリカを代表する大企業、マクドナルドの誕生から成功までの話である。創業者達はもっと栄光と賞賛を浴びるような描かれかたをされてもおかしくないはずである。昔、アメリカの飽食文明を追求する為に大盛りのマックを食わされ続ける「スーパーサイズミー」というドキュメンタリーがあったけども、あれでさえこの映画よりよほど明るかった。アメリカの心と言って良い大企業の成功譚である。笑いと明るさに包まれた話になるべきだろう

しかし、この映画では全般的に焦燥感に駆られた話が続く。レイの行き急ぐ焦燥感に引っ張られるからだ。笑顔だったマクドナルド兄弟の周辺。レイもそれに習い、笑顔が作れる職場を目指す。しかし、彼の焦燥感が周りから笑顔を奪っていく。この映画は、成功者と言われる人が、何を犠牲にして成功したのか?そして、それは本当の成功なのか?を説いている作品だと思う

そしてこういう描かれ方をされているという事自体が、今のアメリカの成功主義、資本主義に疑問を投げかけているという事だと思う。アメリカに居る大多数の敗者、そしてそれを食い物にしている勝者、しかしその勝者さえも常に焦燥感に追われ、満足行かない人生を過ごす。こういうアメリカの仕組みはどうなんだ、と

ryukak
ryukakさん / 2017年8月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

81件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi