ムーンライトのレビュー・感想・評価

メニュー

ムーンライト

劇場公開日 2017年3月31日
231件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

誰のもとにも優しく降り注ぐ、普遍性に満ちたラブストーリー

息が止まりそうなほど静かで美しい。オスカーを受賞したことを一旦忘れて、ニュートラルな心持ちでじっくりと味わいたくなる作品だ。

ドラッグ、過酷ないじめ、母親による育児放棄、同性愛といった、どれひとつ取っても重くのしかかってくるような題材を描きながらも、独自の色彩美と、月明かりに照らされ胸の中まで透き通っていくかような神秘的な趣が全ての存在を包み込んでいく。決して社会派ドラマなどではなく、これは自分の人生に影響を与えた様々な人たちに向けた純粋なるラブストーリーなのだ。そこにはもはやLGBTという言葉すら必要とすることはない。月明かりが誰のもとにも優しく降り注ぐように、観る人を分かつことのない普遍性がどこまでも広がっている。

登場人物は少ないが、誰もが印象的だった。彼らもまた、それぞれが月のように独自の輝きを放ち、様々な意味で主人公を照らす。人が歳を重ねて、成長していくことの意味を改めて教えられたような気がした。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 14 件)

抑制がもたらす興奮はかくも強烈なのか!? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

マイアミの貧困地帯。何かにつけて仲間たちに虐められている少年、シャロンを匿ったドラッグディーラーのフアンは、決して、暴力には暴力で対抗しろとは言わない。思春期を迎えたシャロンは友達と連んでいきがったりせず、月夜の浜辺で"永遠の一瞬"に体を震わせる。今や逞しく成長した青年のシャロンは歯を金で固め、筋骨隆々のボディで自らをガードしているが、何が彼をそうさせたかは観客に想像させるのみ。等々、かつて見てきた黒人映画のルーティンをことごとくスルーし、ひたすら優しく、知的で、且つ、エモーショナルでエロティックな愛のストーリーとして全編を全うしている。抑制がもたらす興奮はかつも強烈なのか!?その余韻は未だ熱を帯びている。

MP
MPさん / 2017年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 13 件)

分からない世界観

私にはこの世界観がよく分からない。
日本にはない感覚なのだと思う。

みー
みーさん / 2017年10月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眼がやばい( ´ ▽ ` )

主人公に完全に引き込まれた。
人生の分岐点を3つの世代に分けるとか斬新でしょ。
人間とは、周りの環境に対して成長をとげ、そして周りの環境と戦いながら生きて行く。
彼は、とても強く生き、己を変えて行き、周りとは違う歩き方でしっかりと歩んでいく。
とても良くでた脚本だと思う。
趣味で言ってしまえば、ストライクではありませんでしたが、とても素晴らしい映画でした。

もーみん
もーみんさん / 2017年10月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

貧困とドラッグとゲイのお話。 マハーシャラ・アリの存在感が最高。 ...

貧困とドラッグとゲイのお話。

マハーシャラ・アリの存在感が最高。
学生時代から大人になって、かつての大切な人に再会するラストのシーンが凄く感動的だった。

黒い恋人
黒い恋人さん / 2017年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フアン

映画史上最も人格者な黒人ドラックディーラーが出てくる。ちなみに最も人格者なピンプはハッスル&フロウのDジェイだけれど。
ファゲットとかバティマンっていうのは、ゲイの人達を不愉快にするための言葉だ、ゲイになってもファゲットとは呼ばせるな、みたいな素敵な言葉を吐く。
印象深いのは、ジュークボックスのあるダイナーの時代錯誤とすら思われるやたらロマンチックなシーン(このシーンだけいきなりキャロルばりに冴えてて、冒頭フアンがリトルと出会ったあと連れてったファストフード店のシーンもそうだけど、ジェンキンスは切り返しがかなり上手い。)だったり、
はにかんだ口からグリルが見え隠れするブラックのなんとも言えない表情だったりするんだろうが、
個人的には金歯つけて、ムキムキタンクトップに、ゴールドチェーンに、パチモンROLEXにマッチョ化けしたブラックが、ローライダー?乗りながらトラップシティアトランタを流す時の、GOODIE MOB使いが問答無用で印象深い。
ゴリゴリマッチョなグリルニガを登場させながら、ケンラッセルとかグレッグアラキとかブルースラブルースみたいなマッチョなゲイムービーではなく、なんなら、デレクジャーマンみたいな、なかなか繊細な恋愛映画に見せたり、
前述の通り、ディーラーのくせに、やたら素敵な大人っていうキャラ設定だったり、
ちょっとようやくここまで来たか的な新鮮な見せ方がかなりスマートlikeオバマで、NiggaWithAttitude。
ただし、物語の組み立て方、具体的にはフアンがハスリン中に車の中でラリった母親と邂逅させたり、ドレッドのいかにもな悪いじめっ子が指示していきなり親友にボコらせたり、は大分ステレオタイプなマッチョな説話法だし、ゴリゴリのカラコレもかなりマッチョな手法だと思うけど。
このスマートさは曲者で、淡白とか物足りないとも表現できて、JBばりのタールなファンクネスを求めていると、なんかイメージカットに時間使って、
フアンがどう死んだのかとか、なぜお母さんが改心したのかとか、
ラスト、触らせたのはお前1人と言った後の濃密な時間、その告白を親友がどう受け止めるのかカット割って頭撫でてるとかじゃなしに、逃げずに描いて欲しかったと思ってしまう。
結果、すごく良く出来たAppleのCMみたいとも言えてしまう。ショーンベイカーのタンジェリンはそこは超えてた。

ssspkk
ssspkkさん / 2017年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公に寄り添うような繊細な描写

マイアミの貧困層に暮らす少年の成長を描いた作品。
貧困・ドラッグ・イジメ・同性愛・育児放棄という問題に触れながらも、大上段に構えて声高に叫ぶのではなく、主人公の視点から静かに、繊細に描いている。
少年期・ティーン期・成人期と三人の役者が一人の主人公を演じているけど、「6才のボクが、大人になるまで。」のように、同一人物の成長を追ったのではと思うくらい、同一人物に見えるのが凄い。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2017年10月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人に歴史あり。

何となく観る前は映像にこだわって、難しい作品なんだろうなぁと思っていたけど、そんな事はなく一人の背負って来た人生を美しく繊細に観せてくれて、見終わって何となく優しい気分でいる。
第1章、第2章と抱えて来た不安や悲惨な環境を見せられての第3章の始まりは、沸き立つ物があった。
役者さんが上手いのか、ゲイの繊細で優しい感じが特に第3章では厳つい風貌なのに醸し出ててとても良かった。

厳つい麻薬組織のボスみたいなところから、過去に遡って、実はこういう人生を歩んで来たという見せ方もあったように思えるけど、
時間軸通りに見せる事によって、こんな怖そうな人にも背負って来た人生や思い出があるのだなの思えて、愛おしく思えた。

だけど、これがオスカー作品だという事は疑問。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年10月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味不明

全く判らず意味不明なオスカー作品。

やなちゃん
やなちゃんさん / 2017年10月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲイ?ホモ?

性的・貧困&ドラッグ・人種(あったかな?)‥
とにかくマイノリティーな問題盛り合わせて賞レースロックオン!?

男なので♂同士の ちゅばっちゅば♪ まーべいべー♪ な手コキとか見たくないっっ‼️、けど新鮮でありました。
青年期だけ顔似てないけど、時に眼球の動きだけで醸し出す役者さん達の巧みな演技に感心致しました。

映画マン
映画マンさん / 2017年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外とフラットな映画

今更ながら『ムーンライト』を観たけれど、随分とフラットな映画だなぁ、と思った。登場人物たちの配置も類型的でリアリティーがなく、背景を極端にぼかした映像も彼らの感情を拾うほどでもなく、ただただ漂うように人間関係と時間が綴られて行き、大円団も「へぇ、そんなに思ってたの?」と拍子抜けして説得力に欠く。これだったら、アカデミーは『ブロークバック・マウンテン』にこそ作品賞をあげるべきだったと思う。

cookie roudy
cookie roudyさん / 2017年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絵は綺麗

黒人、貧困、イジメ、身体障碍、家庭崩壊など社会的弱者の要素がてんこ盛り。
でも浅くさらっているだけで響かず、賞レースのためだけに取って付けたように感じた。

メインテーマは恋愛だが、入り込めなかった。
なるべく理解はしたいと思うけれど、
自分のことのように思えるかという意味では、共感するのが難しい。

幻想的な色彩と臨場感のある絵は独特で、良かった。
作品賞というより撮影賞では?(ないけど)

もりり
もりりさん / 2017年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

自分で決めて生きていくというセリフと黒人は月明かりに当たると青くなるというセリフが印象付く作品でした。
子供の時の影響を真に受けて成長していく主人公
どんなときも青色を画面の中にいれていき青を意識させる。しかしこの青というのは他人が決めた物事であり。否定すべき事なのではないのか。そういう他人の印象を受けつつ
最後には自分で決めて一人の男を愛し生きて来ていると描かれていてフラグ回収等はしっかりできていた気がする

純粋な愛、ヒエラルキー、偏見
様々なテーマを同時に描いたいい映画だとと思う。

ただ男性にしかわからないこともあると思うのでそこが足りない事なのではないかと思ってしまった。

りゃうりゃう
りゃうりゃうさん / 2017年10月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私にはよくわからない。 テンポがトロくてイライラする

私にはよくわからない。
テンポがトロくてイライラする

gorinaru2525
gorinaru2525さん / 2017年10月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんな映画?? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

思ってた映画の内容と
全然違かった。

途中からよくわからない
映画。

yomo
yomoさん / 2017年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ってたのと違う作品の中 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

幼少期から大人になるまでの人の過程を見る内容でしたが、同性愛者のお話でした。
この頃の外国ではそのような文化は全く認められなかったそうですが、最後はハッピーエンドです。
最初も最後も触れられたのはお前だけ、俺も触れてないってワードがすごく心に残りました。
あと、ゲイは差別用語ということも知りました。
なんでしょうね、ハラハラもなくただ淡々と人の生活を見る感じでした。
結構壮絶な人生の主人公だとすごく思ったので最後は笑顔で追われてよかったですね。
面白かったかと聞かれたらわたくしの好きなジャンルではなかったのであまり面白さを見出せませんでした。

ですが皆様がレビューで言っている通り、綺麗な作品でした。静かで綺麗でした。

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年9月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

every nigger is a star

深い孤独の先に愛で救済される。普遍的な展開だと思う。ゲイの設定にしたことで、友情でも恋愛でもいずれでも救済がもたらされているように見て取ることができる。
ムキムキになったブラックが電話を受けた途端、シャロンの成す術を見出せない自信のない表情に戻るところが見事である。主人公の母親の差し迫った表情も圧巻。

Kj
Kjさん / 2017年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

月の光に導かれ 何度も巡り会う

サプライズ!本年度アカデミー賞作品賞受賞!
例の珍事は今となっちゃ酒の肴にぴったりだが、その珍事が起こらず滞りなく本作が受賞しててもサプライズであった事は確か。

アメリカ黒人社会。
主人公シャロンの少年期、青年期、成人期。
貧困、イジメ、同性愛…。
バリー・ジェンキンスの卓越した繊細な心情描写、自身のアイデンティティ。
素晴らしい映像美…いや、映像処理美。
シャロンを演じた3人、ヤク中の母親ナオミ・ハリスの熱演、何より本作で助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリは出番は僅かだが一際存在感と圧倒的なカッコよさを誇る。

ヒューマン・ドラマとしては紛れもなき秀作。
黒人社会全体のテーマ性と言うより、あくまで一個人の物語。
予想に反しての儚く美しい愛の物語で、辛く苦しい生きる中にも、月光のように一筋照らし出す優しさ。

…ただ、感性の問題。
日本人から見て…ではなく、一個人から見て、共感出来るか、否か。
イジメのシーンなどは見ててかなりどんよりさせられる。
特に大きな展開が起きる訳でもなく、淡々と静か。
ラストもあっさり、意外と呆気ない。
後、本作って、男性版『プレシャス』…と思うのは自分だけ?
その『プレシャス』もアメリカでの絶賛とは裏腹に、自分的には…。

『ラ・ラ・ランド』の方が相応しかった…とは言わないが、『ラ・ラ・ランド』の方が自分の好み。
人種差別って訳じゃなく、自分には合わなかった。
同じく人種問題を扱った作品賞『それでも夜は明ける』は胸打たれたのだが…。

作品賞受賞は様々な憶測出来るが、一番は、アカデミーの内輪だけの事情って気がする…。

近大
近大さん / 2017年9月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい映画だと思う

いい映画だと思います。
淡々としたテンポでストーリーが展開されます。結構大きな出来事もサラッと進んでいきます。
人の描写は丁寧なんですが、メッセージ性が出てこないというか、結論から逃げてると思ってしまいました。

アリンコ
アリンコさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

・・・

前半はいい映画だけど、後半は?する。いいわけを聞いている。

負の連鎖を観ていると、悲しい。
映画はひとに勇気と感動を与えてくれるといまでも信じている。

そんぼ
そんぼさん / 2017年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

231件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi