沈黙 サイレンスのレビュー・感想・評価

沈黙 サイレンス

劇場公開日 2017年1月21日
22件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日本人社会の本質をあぶり出すスコセッシ監督の手腕

序盤、アンドリュー・ガーフィールドの「キチジロー!」とたどたどしく呼ぶ台詞が、シリアスな状況にもかかわらず微笑ましい。とまあ、そんな些細なことはさておき。

もちろん宗教と信仰が大きなテーマとしてあるわけだが、過去から現在まで不気味なまでに変わらない日本人特有の社会、支配と服従の構造と手法、個人が集団に属したときの暴力性と残虐性といったものが、外国人監督の客観性によって的確に――的確すぎて日本人観客には痛いほどに――描き出されている。その意味で、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」に通じる作品でもある。

日本人キャストも、とてもいい。イッセー尾形の役作り、窪塚洋介のしたたかな弱者っぷり、塚本晋也の凄絶な死にざま。彼らの熱演の前にややかすみがちだが、浅野忠信のつかみどころのなさ、厳しさと親しさを自在に使い分けて宣教師に棄教を迫る複雑なキャラクターも、確実に効いている。

AuVis
AuVisさん / 2017年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

弱き我々は何を信じ、どう生きるというのか。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

役者が一様に素晴らしい。
主演アンドリュー・ガーフィールドのメソッド的な演技はもちろん、キチジロー役の窪塚洋介も想像以上にハマリ役であった。
しかし、狡猾な奉行井上を演じたイッセー尾形はちょっとやりすぎ。バカ殿のコントみたいな口調だ。また、唐突に現れる高山善廣が映画「クルージング」に出でくる大男を彷彿とさせて、不覚にも笑ってしまった。
そして地味に登場して、派手に散ってゆく加瀬亮に驚愕。

ともかく、

信仰、宗教に限らず、弱き我々は何を信じ、どう生きれば良いのかという普遍的問い、葛藤。逆に今後のキャリアが心配になるくらいに、スコセッシはその命題を、ある意味で彼の一区切りになるであろう傑作に全力投入したのだろう。

まさに入魂の一作。

r
rさん / 2017年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

He is not going to answer. スコセッシ監督の超文学作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は未読です。マーティン・スコセッシ監督は好きなのですが正直観てて退屈でした。今まで観たスコセッシ監督の映画で一番観てるのがしんどい作品でしたね~。

まぁ、キリスト教信者でもないですし、特に宗教信じている人間ではないので、こういった映画自体に不向きだったのでしょうけど。何だか途中から日本側の方に気持ちがいっちゃって、主人公であるはずのキリスト教宣教師の方に抵抗を覚えちゃって。

うーん、やっぱ自分の思想を押し付けたがる「宗教」ってシステムは苦手だなぁ。そういう自分が正しい、他は認めないといった押し付けの思想が現代のイスラム教との問題にも繋がってるようで、彼らって何百年経っても変わらないんだなぁっと思いました。

当時の日本の描写は素晴らしかったです。外国人監督が撮っているとは思えないぐらいに、ちゃんと日本してました。時代考証とか撮影の部分はしっかりしてたので、このストーリーを受け付ける事ができる人には良いのではないでしょうか?

アキ爺
アキ爺さん / 2017年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

配役、演技は良かったが・・・

配役、演技は良かったがストーリーが重かった。
主人公が棄教させられる下りは興味深かったが、最後の十字架が映画を台無しにした。
あんなの綺麗事だ。

熊親父
熊親父さん / 2017年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

“沈黙”する神  “転がる”人間

場内は身動き一つする人もいない。
息を飲んでスクリーンを見つめる162分間。

蜩や虫の優しい声だけ流れる真っ暗な画面。
それが明るくなった瞬間に、
いきなり襲いかかってくる、衝撃的な幕開け。

江戸時代の長…
日本で捕えられ棄教したとされる宣教師フェレイラを追って
潜入した弟子ロドリゴとガルペ。
想像を絶する光景を目の当たりにして驚愕する。

“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人たちとの出会い。
無残な処刑。踏絵。棄教を迫られることへの苦悩。
観ていて胸が苦しい。

語り手は、宣教師ロドリゴ。
苦悩の中で、自身の信仰心と向き合っていく姿に
胸が締め付けられる。
―――守るべきは信念か?
    それとも、目の前の弱々しい命か?
追い詰められた彼の決断は…?

名匠スコセッシ監督。
100テイクくらい撮ったというこだわりの各シーンが心に残る。
スコセッシの最高スタッフと時代考証&美術担当の日本人チーム
が力を合わせて完成した傑作。

スパイダーマン…アンドリュー・ガーフィールド
クワイ・ガン・ジン…リーアム・ニーソン、
ハンソロ&レイアの息子…アダム・ドライバー
…日本ではおなじみの俳優陣の実力を見せてもらった。

8年くらい前から始まったというオーディション。
勝ち抜いてハリウッド・デビューを果たした…
窪塚洋介さん。小松奈菜さん。
2人の演技は、本当に素晴らしかった。
通訳役の浅野忠信さんの冷静さと流暢な英語にも注目。
そして、たくさんの日本人俳優の出演。
…奉行井上役のイッセーさん、加瀬さん、青木さん、AKIRAさん、
はいりさん 等

原作は、高1の時に読んだ。
“隠れキリシタン”…歴史の教科書で説明されていた数行のなかに、
こんなに重くて苦しい史実が隠されていたなんて。
それと同時に、弱い者の命の扱いへの怒りがわき起こる。

人間の強さ、弱さとは?
信仰とは?生きることの意味とは?
何が正しいのか?

平和ボケした自分に、喝を入れられる映画だった。

あらりん
あらりんさん / 2017年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

深遠なる魂の叫びに沈黙す。素晴らしい。

鑑賞前はどうにも不安が拭えなかったが、観終わっての率直な感想は、人々の深遠なる魂の、しかし沈黙の叫びに、こちらが唖然とさせられ、それこそ沈黙させられた。魂を揺さぶられる傑作とみた。

まず、異国の切支丹弾圧をこれほど真正面から見せつけたスコセッシに脱帽。
厳しい自然、息をひそめて暮らす人々、殉じる者、裏切る者の運命の様々が実に厳しい目線で描かれ、そこには、「映画だから」との捻じ曲げた美化や甘いご都合主義な展開が微塵もない。
抑圧されて沈黙を通しながら心の内面に信教を根付かせている民と、弾圧される民の惨状を前にそれを救えず無力感に苛まれるパードレ、その救いを求めながらも声を発してはくれない神の沈黙…。
この「沈黙 サイレンス」というタイトルの意味が心に刺さる。

スコセッシ宿願のプロジェクトで、ようやく映画化が叶ったこのタイミングゆえに揃えられたこのキャスト陣だが、アンドリュー・ガーフィールドの演技には惹きつけられた。

リーアム・ニーソンは、彼がガーフィールドくらいの頃にやはりイエズス会神父役で『ミッション』に出ていた事を思い出したが、作品としても『ミッション』を超える出来。
素晴らしい作品。

BB-8
BB-8さん / 2017年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少しでも多くの人に

遠藤周作大ファンとして待ち焦がれていました。原作は2回読んでいますが、ほぼ忠実に丁寧に描いて頂いた点と映画では難しいラストをどう表現するか期待と不安で見守りましたが、胸に迫るもので感謝しています。
スコセッシ監督はこのラストのシーンにかなり試行錯誤があったんだろうと思います。それは原作と繰り返し深く向き合った彼が見出した結末であったと私は納得しました。
スコセッシ監督の熱意は強く心に響きました。音の使い方、拘りも良かったです。
アンドリューガーフィールドや小松菜奈さん目当てで良いのです。若い方々にこれをきっかけに観て頂き何かを強く感じて貰えたら嬉しいです。

チュウタ
チュウタさん / 2017年1月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わりと忠実 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作自体が大作なので、特に驚きがなかったというのは良い意味で原作に忠実な描写ということだろう。このシーンあったっけ?みたいなのは2、3あったけれど。あと、原作うろ覚えだけど最後の解釈これでいいんだっけ?というのは思った。スコセッシの解釈?

あと、大きな不満は二つあり。
・イノウエが元キリシタンだった背景が抜かれていた
・キチジローの善が序盤で出すぎ。原作では最初はもっと行動が読めなくて得体の知らないやつだったはず。ここは原作ではかなり見せ場だったはずなので単純化されたのはかなり不満

takkvon
takkvonさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を裏切らない

映画ができるのを知って、原作を読み長崎と五島に行き、遠藤周作文学館にも行って、楽しみにしていました。

原作を裏切らない映画でした。井上や通辞、キチジローは画面で観るとよりリアルでした。

欲をいうとロケ地から長崎や五島らしさが伝わって来なかったのが残念です。雨ばかりのイメージでしたが、もっと美しい海の方が沈黙の意味が深く刺さったかもしれません。

最後のシーンは蛇足に思えました。

Momoko
Momokoさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待外れ

クリスチャンであった原作者の遠藤周作による本作…いろんな意味で期待が大きすぎました。
ステレオタイプの日本人描写、表面的な心理描写と良いところありませんでした。

リバティ一番
リバティ一番さん / 2017年1月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神様やかましい

2時間40分の映画、しかも遠藤周作の純文学、最後まで耐えられるだろうかと心配していたが、最後まで集中して見ることが出来た。しかし沈黙と言いながら最後は天からの啓治と思しき声がやたらと騒がしく、遠藤周作の本旨とちょっと違うような気がした、キリスト教者としては、やはり棄教など認めたくなかったのかな。日本俳優陣はみんな良くやっていたし、小松菜奈が出ているのに驚いたが、彼女は若手女優陣の中では一歩抜きんじた感じだ。 ナイス!

kouhei1813
kouhei1813さん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

心に響きました…

信仰とは何か…色々な思いが言葉にする時間を与えないほど頭の中によぎっては消えていきました。
リアルで、何度か泣きました。

音楽が極端に少なく、虫の音や波の音といった自然の音のみで情景を描いているせいでしょうか。
長い映画のはずですが1シーン1シーンが丁寧に演出されていて、そうとは感じませんでした。
スコセッシ監督作品は余り数多くは観てないけど、いつもこんな感じなのかな?

それにしても、‘沢野忠庵’様はお着物がとっても似合ってました!

エルフの耳
エルフの耳さん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大作なんでしょうか?

宗教に興味も信心もない人から見れば単なる悲しい弾圧の歴史の物語でした。全体的に暗く重いストーリーで心に残るものはありませんでした。
キャストの良さが活かされていないような気がします。

タイガー力石
タイガー力石さん / 2017年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

片側から見ているようで

スコセッシ監督の中には教義や信念がぶれることなくあるのだろうけれど、これまでと同様、よくよく没入してみると自分すらも客観視した作り方。まぁ、自分はそれが好きなのですが、今回はより色濃く出ている気がしました。
これを世に出せれば終わっても良い。という覚悟に似たものを感じて、羨ましくもありました。
フラットに観ることを願ってやみません。

lynx09b
lynx09bさん / 2017年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい 知的 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心に感じるものがあった

内容はパーフェクトによく出来たものであった。
撮影には相当の努力があったのだろうと感じる。
演技力も素晴らしく、観る者を引き込ませていた。
強いて言うならば、日本語と英語が入り混じっているため日本語が聞き取りずらかったと言う人も出るかもしれない。
また、10代がこの映画を観て面白かったと思う人数はさほど多くないかもしれない。
所謂大人のための映画だ。
素晴らしかった。

TAIGA
TAIGAさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

窪塚やイッセーなど日本人俳優が特に良い

原作を読んでから観ましたが、160分の大作とは言え省略されている部分もあり、一読した上で観ることをお勧めします。キチジロー役を演じた窪塚祐介や井上筑後守役のイッセー尾形、通辞役の浅野忠信など外国人キャストの演技も秀逸ながら日本人俳優の好演が特に鮮明に残りました。

まーちん
まーちんさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

興味深い

キリスト教感バリバリの、押し付けがましい話だったら嫌だなーと思ったのですが、どっこい、井上様や通詞や沢野のセリフには日本人の精神性に関する鋭い考察が見られて、興味深かったです。

フェレイラ神父って、新幻魔大戦の悪魔みたいな姿がイメージとしてあったのだけれど(笑)、きっと実像はこんな感じだったのだろうなあと、妙に納得したりして。

外人が撮るオカシナ日本映画ではなく、俳優さん達も素晴らしい、見応えある出来でした。

エンドロールの自然の音も世界観を表しててよかった。

アビ
アビさん / 2017年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

余計な結末部分。

 原作を読んだのが、30年以上前の高校時代、(その頃、「沈黙」は文庫本化されていませんでした。従って、ハードカバーの本を買って、読みました)篠田正浩監督の映画を観たのが、10年程前です。もう、殆ど、話の筋も忘れていたのですが、映画を観ている間、ずっと気になっていたのが、何故、ポルトガル語ではなく、英語なのでしょう、ということです。興行的なことを考えると、ポルトガル語よりも英語、という判断が働いたのでしょうか。英語圏に住んでいない私にとっては、大変、奇異に感じられました。☆をひとつ減らしていますが、その理由は最後の一場面は不要であろう、と思ったからです。荼毘に付される場面を溶暗にして、それで終わりにすれば良かったのです。クローズアップされる最後の一場面にはキリスト教に対する信仰は揺るがなかった、とするキリスト教信者、スコセッシの主張が見て取れます。このような主張は原作にはありません。キリスト教を「是」とするヨーロッパ人の押しつけがましい主張にはいい加減、うんざりします。この場面がなければ☆5個だったのに・・・。個人的にはちょっと残念な作品でした。

bashiba
bashibaさん / 2017年1月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

沈黙

どちらかというと、キリスト教云々よりも日本人の信仰の本質を描いている作品だと思う。
スコセッシらしい演出も多くあり、見ていてつらいシーンや日本人にとっての図星が何度もあった。
出番はそれほど多くないが、イッセー尾形の演技はオスカーに値する。
8

ヨッシー
ヨッシーさん / 2017年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神の沈黙と人間の沈黙

映画は神の沈黙だけでなく、最後は人間の沈黙を描いて終わりました。長い沈黙の中でも、信仰を守り続けたことに深く感動しました。

イッセー尾形の登場場面から想像を超える演技に圧倒されます。

エンドロールの自然音も創造主の御業を思い起こさせ素晴らしいと思いました。

劇場の天使2
劇場の天使2さん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

22件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi