沈黙 サイレンスのレビュー・感想・評価

沈黙 サイレンス

劇場公開日 2017年1月21日
291件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日本人社会の本質をあぶり出すスコセッシ監督の手腕

序盤、アンドリュー・ガーフィールドの「キチジロー!」とたどたどしく呼ぶ台詞が、シリアスな状況にもかかわらず微笑ましい。とまあ、そんな些細なことはさておき。

もちろん宗教と信仰が大きなテーマとしてあるわけだが、過去から現在まで不気味なまでに変わらない日本人特有の社会、支配と服従の構造と手法、個人が集団に属したときの暴力性と残虐性といったものが、外国人監督の客観性によって的確に――的確すぎて日本人観客には痛いほどに――描き出されている。その意味で、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」に通じる作品でもある。

日本人キャストも、とてもいい。イッセー尾形の役作り、窪塚洋介のしたたかな弱者っぷり、塚本晋也の凄絶な死にざま。彼らの熱演の前にややかすみがちだが、浅野忠信のつかみどころのなさ、厳しさと親しさを自在に使い分けて宣教師に棄教を迫る複雑なキャラクターも、確実に効いている。

AuVis
AuVisさん / 2017年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 18 件)

沈黙

遠藤周作さんの原作未読で鑑賞させていただきました。
感想は、一言で言えば圧巻です...
普通の映画と比べれば長いですが、それでも詰め込まれている感じがします。
当時のキリスト教に対する価値観や思想、登場人物たちの様々な生き方。
キャストはとても豪華でした。スパイダーマンで有名なアンドリュー・ガーフィールドや浅野忠信さん。その中でも窪塚洋介さんが演じるキチジローの狡猾で、それでいて人間らしいキャラクターがとても良かったです。
また、機会があればもう一度見たいです。

ジントニック
ジントニックさん / 2017年3月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もやもやします

スコセッシ監督のファンです。音楽映画も好きです。

これは物語だから史実通りではないです。
貧農の生活苦と、布教活動への情熱はとても良く描かれていました。隠れキリシタンへの弾圧も凄まじい表現です。
隣の女性は後半、すすり泣きしていました。
私は冷静というか、感情があまり揺れ動きませんでした。
なぜなんでしょうね。

九州に生まれ育ち、天草四郎の事、隠れキリシタンの里の生活など、折々聞いてきました。
誤解を恐れずに書くならば
井上筑後守の話が説得力あるなぁと思いました。
日本が、中国の上海やマカオ、インドシナなどと
同じ路を辿らなくて良かったなと。
弱い立場の人達を虐げ、死をもって制するのはもちろん反対ですが。
遠藤周作の原作を読んでないので
なぜもやもやするのか?これから考えてみます。

113/cocoro
113/cocoroさん / 2017年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作にはないラスト

遠藤周作の原作が未読だったので午前中に読んで、その午後に観に行った。原作小説について言うと、まず初めから結論がわかり切っているのに読者を作中に引っ張り込んで離さない作者の筆には感嘆した。神の沈黙の中で信仰を巡って葛藤するロドリゴの心中を上手く捉えていた。
かなり原作には忠実。音楽が全くなく重苦しい雰囲気が作品全体を支配していて、残虐なシーンも隠さず出てくるので、正直観ていて胸糞悪い。テーマ自体もしっかり重くて、娯楽映画としての要素は全くない。妥協のない見事な芸術作品だ。
ただ自分が観ていて残念に思ったのは十字架と共に火葬されるラストシーンだ。原作ではロドリゴが最期まで信仰を捨てなかったかどうかは語られない。この終わり方ではスコセッシが読んだ沈黙のただの紹介になってしまう気がする。

KU
KUさん / 2017年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

異国による精神の侵略から国を守るためには、ここまで苛烈な弾圧をしないといけないのだろうか。

​国体を維持するために特攻隊という非情な手段をとった戦時中を思った。守りたい気持ちはわかる。でもやり方は間違っていると思う。異国の脅威に民草を利用する為政者の傲慢さ。日本の統治が民草に満足感を与えるものだったら、基督教を信仰することもなかったのだろうから。
国という公、宗教という公。だが果たしてイエスは、公のために教えを広めたかったのだろうか。彼が救いたかったのは、あくまで目の前で苦しんでいる隣人ではなかったのだろうか。基督教は確かに強い。その強さが人を苦しめる。本来のイエスの教えでは、踏み絵を踏んではいけないなどとは言っていないだろう。形式的な信仰から、魂に基づいた真実の信仰への転化。「転ぶ」ことで、新たな形を見つけたのかもしれない。形式に捉われず、ただひたすら神を信じたキチジローこそが、イエスが思った真の信仰者だったのでは無いだろうか。

ほとんが自然音のみのBGM、コントラストの高い絵作り、真俯瞰からの映像など、印象に残る演出が多かった。

かやは
かやはさん / 2017年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

衝撃作です!

色んな事を考えさせられる作品です。とても一言ではまとめられないです。何か言うのもはばかられる気がします。
原作未読ですが、是非読みたいです。

悪源太
悪源太さん / 2017年3月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間は諦めないし救いはある ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

残酷な映画、というのが率直な感想です。

キリシタンがまるでごみのように拷問されていく様は
人間が無価値なものと錯覚してしまいます。

あの時代、人は秩序の為にしか存在しなかったのかと
百姓の生きる意味は幕府にとって
年貢を吸い上げる虫程度の意味しか持たなかったのかと
知識として知ってはいたものの
映像を前に絶望感と無力感に苛まれました。

その中でパードレを迎えるとき礼拝を行うときの
モキチやお爺が頬の緩んだ明るい笑顔が
印象的でした。

キリスト教を知らずにいたらこの人たちは一生
笑うことを知らずに寿命を全うしたのかもしれません。

またイッセイ尾形演じるイノウエが
パードレに棄教を迫るあの巧妙な話術は
詐欺師のようでありやくざのようであり魔王のようでもあり
圧巻でした。

あの映画の中で正しかったと思えるのは
ロドリコ神父です。

形だけ、表面上神を棄てても
神を口に出来なくても
神を裏切るような行為に及んでも、

洗礼できなくても告解できなくても
礼拝が出来なくても

キリスト教の教えである

腹を立ててはならない
姦淫してはならない
復讐してはならない
離婚してはならない
敵を愛しなさい

などの諸々のキリスト教義を守って
生活されたのではないでしょうか。

その姿を妻が息子が周囲の人が見ることは
それだけで布教になったのではないでしょうか。

だからこそ最後にあんな救いがあったのだと思います。

どれだけ迫害されても自分の大切なものを捨ててさえ
何としても生きようとすることが正しい生き方なのだと
思わずにはいられない映画でした。

映画を見終わってから頭の整理が出来ずにいたら
隣の席のピンクのニット帽を被った
年配の女性に素敵な笑顔で

映画どうだった?

と聞いてくれて簡単な感想を言えて
頭がクリアになりました。

女性は

これから色々考えてね、と言って映画館を出ました。

何だか神様はいるかもしれないと思いました。

どのようにも解釈できる奥の深い映画でした。
久々に生きる意味を考える機会が持てました。

ころころりん
ころころりんさん / 2017年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見なきゃよかった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

従軍慰安婦、南京大虐殺など誰も実際を知らない自虐史で某国より非難されてるなかで、何故今自虐映画なの?がっかり。

にくまん
にくまんさん / 2017年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヘビーな感じ

なかなか、ヘビーな内容でした。沈黙という題名の意味を知らずに観ましたが、信仰というものの本質を言いえて妙です。キリスト教徒でなくても、昔の過激な仏教徒にだってあった話かもしれません。神や仏は答えてくれないのは同じです。
しかし、宗教的信念で、極東の島まで危険を冒してくるというのは、恐ろしくもあります。共産中国や、その昔のソ連が宗教を禁じたのは、当然なのでしょう。

kincyan1953
kincyan1953さん / 2017年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

二回鑑賞

1回目、レイトショーで見るも寝落ち

2回目、午前中ですべてを堪能。
日本の描き方、完璧。台湾だそうです。

ストーリーは重い、重い、、音楽はない

信仰の自由への道のりがどれだけ苦しいものかと、、

拷問シーンの塚本監督とお爺、見てて心配になる熱演。必見!
但し、催眠をよく取った上でご覧ください。

とけとけ
とけとけさん / 2017年3月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 寝られる 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一度見ておいて良かった

重く苦しい題材でしたが、一度見て良かったと思える作品でした。また作中で沈黙がとてもうまく使われていて、世界にどんどん引き込まれていきます。
沈黙したままの神にどう信仰を見出すのか。キリシタン弾圧の進む江戸時代、それはとても難しい問題だったでしょう。司祭達にとって、神を疑うことはとても苦しいことであるし、棄教をしなければ信者達が殺されていき、それでも救いの手は差し伸ばされない。「私は無に話しかけているのだろうか」と悩み、しかしなお信仰を捨てられない。どんなに辛いことだったであろうと思います。
この作品を見ていて思うことは、誰も間違ってはいないということです。信者を殺す側も決して快いわけではないし、棄教をしろという言葉に屈することも悪くはない。色々な考え方があってどれも否定することはできないのだと思います。
この作品を見て私が思ったことは、私たちが言葉や形に表さずとも「神はいる」ということです。それがこの作品の唯一の救いでもあるのではないでしょうか。

Red
Redさん / 2017年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

観終わった後の静寂

とっても苦しかったです。
観ている途中で辛すぎて席を立ちたい気分になりました。
最後の最後に救いがあったので良かった。
たまには静かに、重い題材を扱ったものを観るのも大切と思っています。

でも、辛かった!

五臓六腑
五臓六腑さん / 2017年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

暗く重い

見た後に気が重くなる映画。
胃がいつまでももたれてるような。
終わった後も映画館を出るまで沈黙が続いてました。
雑談する人もいない映画は珍しい。

いち
いちさん / 2017年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わからない・・・

何を描いた映画なのか?
ただ単にキリスト教について言えば、やはり日本人には理解できないものだと思います。まさに「泥地」。ユダにも例えられる最低の男キチジローの生きざまが正解なのではないのか・・・?そう思ってしまうのです。
それにしても、私も最後のシーンは蛇足だと思います。

kepiko
kepikoさん / 2017年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

重い

マスコミも取り上げていませんが、かつて原作が話題になった頃、篠田監督が映画にしました。何十年という月日が経ち原作も映画も克明には思い出せませんが、クリスチャンがどう撮るか比較したくて見に行きました。スコセッシ監督のほうがやはり的を射てると思いました。アメリカ国籍でも、聖職者かマフィアかになっていたかもというイタリア人と分かって納得しました。
映画としては確かに最後の20分は蛇足の感がします。が、最大の疑問は、原作のまさに神の沈黙の頂点?を思わせる、静かな怖ろしい場面、孔つりの場面のうめき声だけの静寂な世界が騒々しい場面となっていたことです。神の沈黙があの場面に集約されているのが原作だったと思います。サイレンスという副題も気になります。沈黙は「沈黙」です。何も英語を付け加えることはないと思います。

sumire
sumireさん / 2017年3月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

正しさとは

信仰とはなんだろう。正しさはどこにあるのだろう。主人公と一緒に悩み続けて、観終わった後の疲労感たるや。前半で少しうとうとしたのは内緒。

Megumi
Megumiさん / 2017年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

巨匠マーティン・スコセッシ監督の「沈黙」を観た。結論から言うと、映...

巨匠マーティン・スコセッシ監督の「沈黙」を観た。結論から言うと、映画は観ずに遠藤周作さんの小説を速読でも良いから読んだ方が良い内容だった。

何が期待を裏切ったか?それは「徳川幕府時代に長崎を通じて入ってきたキリスト教に何故長崎の人々があれだけ心酔したのか、そこが全く無い」から。いきなりキリシタン( 切支丹 )に踏み絵をさせる場面が出て来て分かります?僕は分からないと思う。

日本という異国・異文化圏にたちまち浸透して徳川幕府もその拡大を怖れたキリスト教。これをスコセッシ監督の目から見て描いて欲しかったが全く欠落している。多分そこの史実( エピソード )が伝えられないと日本史を学習しなかった人も海外の方々も理解出来ないと思う。とても残念だった。

Takanori
Takanoriさん / 2017年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

人の心を考えさせられる映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

題名は「沈黙」
誰の沈黙だろう。
追い詰められる日本人キリスタンの沈黙、
祈る伝教師の沈黙、
そして神の沈黙。

伝教師はどんなに祈っても、何も変えられない。だが、後半で彼は、神の声が聞こえるように...
「試練」に堪え、信仰を抱きつづいていた。

そもそも、信仰は何だろう。
信じることかなー 何かを信じて、そしてそれほど強い意志を持って信じる自分が好きになる。生き甲斐を感じる。
それが始まり。
一種の命より大事なアイデンティティのようなものだろう。

だから神の肖像のある鉄板を踏むことは、何度しても許されると思うことなく、踏む時点でその行為が人生の汚点になり、人は自分が好きでいられることもできなくなる。むしろ罪の塊となる。

面白いのはこの映画にはキチジロウという日本人は、何度も棄教徒になるが、何度も神父の許しが欲しかった。彼は神を信じるというより、神父の祈りに託したのでは。まさに「本当のキリスト教徒ではない」の典型だろう。
日本は沼だ。神父のこの一言は無力感を出してよかった。
あと浅野忠信演じた通訳はとても良かった。英語が喋れる日本人が多すぎるが、この通訳は映画の中に重要な役割を果たしている。 彼は、ただの意思伝達の存在ではなく、日本という沼の中の一人として、自身の意思も彼の言葉からわかる。

ハル
ハルさん / 2017年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最長老監督だけに老練!160分でもだれません!

スコセッシ監督御年75歳。おそらく最長老クラスでしょう。劇場経営上の理由で長尺映画の嫌われる昨今、159分って相当長いです。でも作っちゃうんですねえ。映画愛です。前作「ウルフオブウォールストリート」なんて179分ですよ!3時間って考えらんないです、大作です。デジカメになってフィルム経費気にせず作れるようになったのでしょうか。愛がほとばしっております!でも長いからって決してダレないのが老監督の名人芸。1つ1つのシーンにドラマが込められております。字幕追いかけて観てると気付けないようなこまかい演技演出をしてるんですよ。日本の俳優ってこまかいこと器用に表現するんですが、それをちゃんと映像に拾えるのがスゴイなあと。
そういうとこ探して観てると時間長いの忘れます。結構難解なセリフ回しなんで字幕読んでたら、ちっとも面白くないですよ。自分は、外人ってやっぱ大雑把なんだよなあ、訳わかんないこといってらあ、ってなもんでボヘエっと見てました。カルト宣教師の言ってることに意味はありません。やっぱ浅野忠信さん(の役)がいいんだよなあ。
ただどうしても気になることが一点!
緊縛シーンが多々でてくるのですが、全部ユルユルなんです。縛ってないやん・・・。簀巻のシーンなんて縄ほどけてるやん!
海に放り込む場面なんで、おそらく役者の安全のためなんでしょうが、本気で縛らんかい!と団鬼六と黒澤明が私に発破をかけるのでした。

696man
696manさん / 2017年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

強い物語となって

もう何十年も前の記憶なので正確ではないが、遠藤周作の沈黙は弱くて卑怯な心に向き合ったもっと、じめじめした情けない話、そこに救いがある話だった。それが一転、映画は強い心を持ったパードレの話になっていて、それはそれでずっしり心に問いかける重い映画であった。
監督は今なぜこの映画を作ろうとしたのかな。今の宗教に絡んだ世界情勢と、鎖国の日本で隠れキリシタンとなって自分達の信じるキリストを守る姿は距離がありすぎて、比較にはならない。
もう一度本を読もう。

一晩たって思うのは、井上さまとキチジローの役者が、それぞれ十分力を出しきっていたのだろうけど、どうしてもその演技に注目してしまって、物語が中断する、そこが、私が映画に入り込めなかった理由。演技がちらつくとお芝居になってしまうのよね。ここは小林薫と柄本さんにやってほしかった。

追記
本を再読したら驚くほど本に忠実に映画が作られていた。でも心の弱さや葛藤は、映画では見るひとの想像力に委ねられていて、私は全然この映画を理解できていなかったのだとわかった。何事もわかったようでいて、何もわかっていないのだった?

マッターホルン
マッターホルンさん / 2017年3月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

291件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi