沈黙 サイレンスのレビュー・感想・評価

沈黙 サイレンス

劇場公開日 2017年1月21日
332件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日本人社会の本質をあぶり出すスコセッシ監督の手腕

序盤、アンドリュー・ガーフィールドの「キチジロー!」とたどたどしく呼ぶ台詞が、シリアスな状況にもかかわらず微笑ましい。とまあ、そんな些細なことはさておき。

もちろん宗教と信仰が大きなテーマとしてあるわけだが、過去から現在まで不気味なまでに変わらない日本人特有の社会、支配と服従の構造と手法、個人が集団に属したときの暴力性と残虐性といったものが、外国人監督の客観性によって的確に――的確すぎて日本人観客には痛いほどに――描き出されている。その意味で、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」に通じる作品でもある。

日本人キャストも、とてもいい。イッセー尾形の役作り、窪塚洋介のしたたかな弱者っぷり、塚本晋也の凄絶な死にざま。彼らの熱演の前にややかすみがちだが、浅野忠信のつかみどころのなさ、厳しさと親しさを自在に使い分けて宣教師に棄教を迫る複雑なキャラクターも、確実に効いている。

AuVis
AuVisさん / 2017年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 21 件)

秀逸なタイトル

俳優たちの演技が皆素晴らしい。
ジサマと塚本晋也の熱演にのっけから心をぶち抜かれた。

映像も音もスタイリッシュで美しい。
自然も、それぞれのシーンも
五島の人々の夜のミサのシーンは厳かで本当に美しかった。

ベースとなる物語もスキャンダラスで重厚。

信仰とは、宗教とは、人とは、人生で大事なものとは、強く問いかけられる作品。

良い作品である理由しかなかったです。

sannemusa
sannemusaさん / 2017年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信念を貫く

キリスト教を排除するためには、単純に弾圧すればよいということでは
ないと理解できました。
キリスト教を弾圧するだけで、排除できるなら、キリスト教は世界最大の
宗教にはならないでしょう。
キリスト教を排除するためには、宣教師に棄教させえることだと思いました。

キリスト教に支配されなかったから、宗教に支配さえれていないから、
現在の平和な日本があるのだと思いました。

江戸時代でも、現在でも、日本でも、米国でもイエスを全てと信仰をされては、
政治はできない。
政治体制を顧みずに自らの信念に基ずいて生きることは、江戸時代でも
現在でも、日本でも、米国でもできない。
命を懸けるだけの信念を持って生きている人間が、江戸時代でも、現在でも、
日本でも、米国でもいるのかと思う。

信念を待たずに生きるのは、数を増やすだけの動物と何が違うのでしょうか?
人として生まれてきた意味はどこにあるのでしょうか?
私は、自分の信念の基に眠る人でありたいと思う。

ノリック007
ノリック007さん / 2017年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神は、心は助けるが、命は助けない

“沈黙”なのにスティーブンセガールが出ていない(代わりに、リーアムニーソンが出てます)。

って、ふざけた感想を書くような内容ではない。

かなりの重量級で深く、そして出口の無い迷路のような作品。日本人だからこそ、両方の角度からの視点を持つことができるので、この迷宮がどれだけ複雑で根が深いかがわかる。そして、困惑する。

ただ観てて思ったのは、日本人にしろ、イエスズ会にしろ、宗教の真髄が見えていなかったのかな?という事。

神は、心は助けるが、命は助けない。

心が救われることで、命が救われるケースが多いのだとは思うが、それを絶対としている事に矛盾が生じ、悲しみが生まれてしまう。
そんな事を、我々に示す必要があるのか?
ああ、なんと無慈悲な作品なんだろと思う。

サケビオース
サケビオースさん / 2017年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長年の夢

マーティンスコセッシが長年温めていた待望の映画化。1600年代の日本、キリスト教を布教しにきた神父の話。
まずは160分と時間が長い!当然話の内容も全体的に暗い。劇場鑑賞だと辛さが残るだけだったかも。ただ日本人としてこういった出来事があったということを知っておくべきだろう
劇中に流れる蝉の音が余韻として残っている

しゅんすけ13
しゅんすけ13さん / 2017年11月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サイレンスとは内なるもののことなのかも

宗教のことはわからない

でも神や仏の存在はあるのだと思う
人にもモノにも自然でも人工のものでも

自分の信じるものを信じ他の者たちが信じるものを否定するのはなぜなのだろう
皆が信じるものが違っても皆が幸せであるならそれでいいじゃなのかな

右にならえで同じ方が何かいいことがあるにせよ命まで落とすことは無かろうに
信じるものが心にあれば行動はどうであれそこはいいような気がします
無神論者の戯言ですけどね
何を信じてもいい、戦わないでいてほしい

それにしても日本は柔らかくなったな〜〜
今じゃもうふにゃふにゃじゃ〜〜ん

ジャック・ブラック1952ll
ジャック・ブラック1952llさん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄まじい作品

恥ずかしげながら原作を読んだことがないので読もうと思う。

そうたん
そうたんさん / 2017年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信仰 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

それは不屈の異名

cameo
cameoさん / 2017年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆3.0キリスト教を日本に布教させようとする牧師の話。「宗教とかや... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

☆3.0キリスト教を日本に布教させようとする牧師の話。「宗教とかややこしいモン持ってくんじゃねーよ!俺たちの封建制度が崩れたら、甘い汁が吸えねーじゃねーか!そもそもお前らも民主主義を広めに来たワケじゃなくて、自分の権力拡大のために来たンだろがよ!」こんな魔国日本でガチンコ勝負のため、SWからクワイ=ガン・ジンとカイロ・レンが参戦!出てるとは知らなかったので嬉しいサプライズでした。日本人が英語を話すシーンが多いのですが、発音の悪さが現実的で良かったです。それでもすんなりと聞き取れちゃう牧師さん達には目を瞑ろうw映画のタイトルとは関係ないでしょうが、BGM一切なしです。エンドロールの時も一切なしです。隠れキリシタンのキチジローが「神は信じたい!でも、拷問は嫌!そんな俺を赦して!神様!」と、むちゃくちゃ人間臭い奴が出てきます。これが良い。この難しい役所を見事に演じたのは窪塚くんでした。流石。後、お役人が「俺もお前らの拷問したり殺したりしたくないねーん。もう形だでエエから踏み絵踏んでくれよー。軽くでいいからさー」って言うシーンが印象に残りました。

あきら
あきらさん / 2017年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宗教という怖さの表現が現代に通じる。

江戸時代のキリスト教迫害をテーマにしたストーリーでありながら、実は、現代の宗教感についても考えさせられる映画。長いため途中眠くなるが、人間が人の思想を変えるためには、考えられないぐらいの非情な事ができるという恐怖。今のイスラム原理主義にも通じる。

TOKKO
TOKKOさん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信仰とは何か

劇場で見たとき、これはどういう作品なのかと興味が尽きなかった。

見終わってみれば、なぜ神は沈黙しているのか――という重すぎる問いに対する答えを探す物語だった。
ある意味サディスティックなまでのキリシタンに対する仕打ちは、昔映画館で鑑賞したメル・ギブソンの「パッション」という映画を思い起こさせた。

主人公もその師も、最終的には改宗して幕を閉じるが、彼らの信じている神は、言葉ではなく出来事を通して、ずっと彼らに道を示していたのだろうと思う。
私は日蓮宗系の在家の仏教徒であるが、彼らが最終的にキリスト教が間違っていてそれを捨てたことが正しいとか、そういう風には見ていない。

端的に言えば、「その当時の日本ではそれが正しい道だったのだ」ということだと思う。それは弾圧を正当化しているわけではなく、不幸にも既にそういう状況下にあって、一人の人間が採るべき行動という意味でのことだ。
キリスト教にしても、人々が幸せになるためのものであるはずだから、当人にはつらいだろうが、信仰者として最後の最後で、一定の答えを導き出せたのは、良かったのではないかと思う。

余談だが、アダムドライバーを見ながら「どこかで見たような...」と思いつつ、ようやく「ああ、SWのカイロレンか!」と途中で気づいた次第である(笑)

しんかいぎょ
しんかいぎょさん / 2017年10月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パ〜ドレ〜〜〜

この言葉が、今年の流行語大賞(自分の中での)になりそうです。
162分間、キリシタン弾圧の熾烈さをまざまざと見せつけられ、劇中の信者同様に感情が押し殺されていきます。音楽もほぼSEのみで、静寂の中に辛くて汚くて残酷な様子が描れ続け、本当に息が苦しくなる。彼らの苦難を擬似体験させられるようでもありました。
鑑賞直後は何も沸いてこないというか、考えることを拒否するような感覚に陥っており、つまらなかったと錯覚したけれど、本当は衝撃の大きい印象的な映画だったなと、後から実感しました。
只今、キチジローのモノマネが大流行中です。パードレに懺悔を乞うところ、すたこらさっさとガニ股で逃げていくところ、思い出すとなんだか笑えちゃって。ジワジワ来ます。
映画館に身を投じないと観るのが辛すぎるので、劇中鑑賞が圧倒的にお勧めです。

yookie
yookieさん / 2017年10月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宗教の本質とは?

原作を読んでから本作品を見ました。
原作の後半、原作の大半もポルトガル人宣教師「~からの手紙」形式で書かれていますが、原作では最後の部分は江戸時代の役人形式での報告となっております。
その古い表現の日本語の為か、原作の最後に若干の読み辛さを感じました。
さて、この遠藤周作の宗教的にも、また色々な面で難解なテーマの作品をどのように映像化しているのかを気になりDVDで見てみましたが、ほぼ原作を忠実に映像化しています。
果たして、遠藤周作は「沈黙」を通して何を私達に問うたのか?
その遠藤周作の問うた言葉が、作中の人々を通して私達に問いかけます。
色々な意見がありますが、私は本編を見て各々でこの作品の意図を感じとってみるのが良いと思います。
それほど本作は単純明快な作品ではないのだと思います。
私はカトリック教徒ではありません。仏教徒です。
でも、本作(原作)を通して改めて自分の信仰に対して考えさせられました。

俊介
俊介さん / 2017年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暫し沈黙

素晴らし過ぎた。
見る前は、どうせ難しくて眠い作品だろうと敬遠してたし、DVD借りてからも見たいような見たくないようなって感じだったけど、
遠藤周作が凄いのかスコセッシが凄いのか、いや2人とも凄いから、この時代の布教の難しさと踏み絵の重さが教科書で習ったはずなのに、今やっと分かった気がする。

やはり暗いし、救いという救いは僕には見出せなかったし、苦しみしかなかったけど、ちゃんとエンタテインメントになってて、全く眠気に襲われず、それどころか何故にそこまで宗教を信じれるのか?主人公が神に沈黙の答えを求めるように僕も求めていた。

神は創造主で仏は人間がなれるものというのが分かっただけでもありがたかった。

素晴らしいのは、キリスト教を弾圧する日本人を悪者として描かれておらず、日本人には日本人のキリスト教を嫌う理由、そして処刑する理由がしっかり描かれてるところだった。
こんな事したくないけど、せざるを得ないんだ!という思いはキリスト教を広めて救いたいという気持ちと同等に思えた。
それでもやはり、何故あそこまで頑なに踏み絵が出来ないのか、命より宗教を守るのは何故なのか、まだ僕には理解しがたかった。

役者さんも本当に素晴らしかった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

極めてフェアに描かれた作品

原作は未読。
日本描写のリアルさと、キリスト教と宗教弾圧を行った当時の日本のどちらにも寄らないよう、非常にフェアに描かれていたことに驚いた。

アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァーという若手実力派&名優リーアム・ニーソンだけでなく、イッセー尾形、塚本晋也、窪塚洋介、浅野忠信など日本人キャストもみんな良かった。

2時間40分はさすがに長いしシンドい描写しかないけど、観て損はない映画だと思う。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

捨て去れぬ信仰心

上辺だけ信仰を捨てさせたようにみせかけるのに、
何の意味があるのだろう。
心の奥底にあり続ける信仰は誰も覆せない。

上みちる
上みちるさん / 2017年9月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観るべき映画

私たちはキリスト教について、今だに知らなさ過ぎる。
日本人の固定観念により、多くの人が弾圧され命を落とした過去があるにも関わらず…

この作品は、日本人の宗教・信仰に対する考え方を見事に表現している。

利益と安楽さを追い求め、真理や、目に見えない普遍的な幸せを見失う。
過去の歴史を忘れてはならないし、死に至るまで信仰を捨てなかったキリシタンたちが願ったことは何だったのか、気付かなければならない。

sara
saraさん / 2017年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心中の葛藤を映像にするのが難しい。 窪塚がふざけすぎにうつった。

心中の葛藤を映像にするのが難しい。
窪塚がふざけすぎにうつった。

jyouehara
jyoueharaさん / 2017年9月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

救いとは何か ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

当時の彼ら百姓は今では考えられない貧困と人間扱いされない様から、精神が崩壊寸前のところをキリスト教という「救い」にすがっていたのだと思う。

キリスト教弾圧を学べる作品。

感情移入は到底できない。こうゆうことが実際にあったんだなと。

oimo
oimoさん / 2017年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛く、切なく…

熱い志しを持ち、大航海を経てジパングに辿り着いた宣教師達。そこは、島原の乱以降、キリシタン弾圧の過酷な運命が待ち構えていた。

今の自分達には、そうまでして布教に努め、神に縋るのかは理解し難いところでありますが、当時の貧しい百姓達の苦悩があまりにもリアルに描かれており、心痛くなりました。

信じるものが違うから、人が人をあんなにも苦しい拷問の末に命を絶つ。それっていつの時代も変わらない人の悲しい性なのかもしれない。

クリスチャンの原作者・遠藤周作だからこそ描けた作品なのかもしれません。

bunmei
bunmeiさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

332件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi