沈黙 サイレンスのレビュー・感想・評価

沈黙 サイレンス

劇場公開日 2017年1月21日
309件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日本人社会の本質をあぶり出すスコセッシ監督の手腕

序盤、アンドリュー・ガーフィールドの「キチジロー!」とたどたどしく呼ぶ台詞が、シリアスな状況にもかかわらず微笑ましい。とまあ、そんな些細なことはさておき。

もちろん宗教と信仰が大きなテーマとしてあるわけだが、過去から現在まで不気味なまでに変わらない日本人特有の社会、支配と服従の構造と手法、個人が集団に属したときの暴力性と残虐性といったものが、外国人監督の客観性によって的確に――的確すぎて日本人観客には痛いほどに――描き出されている。その意味で、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」に通じる作品でもある。

日本人キャストも、とてもいい。イッセー尾形の役作り、窪塚洋介のしたたかな弱者っぷり、塚本晋也の凄絶な死にざま。彼らの熱演の前にややかすみがちだが、浅野忠信のつかみどころのなさ、厳しさと親しさを自在に使い分けて宣教師に棄教を迫る複雑なキャラクターも、確実に効いている。

AuVis
AuVisさん / 2017年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 19 件)

うーん

日本を題材にしたハリウッド映画ってどこか日本に対する精神的なモノに対するリスペクトがあるようだ。
とても古典的な映画作りをしてユダの物語をなぞっているかもしれない。絵はきれいだ。五島にもどった時の猫の群れもそうだ。
しかし結局は、日本を誇張した西欧的な物語なんだと思う。

そんぼ
そんぼさん / 2017年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この映画を観るとき、当時布教は植民地化への足掛かりという側面があっ...

この映画を観るとき、当時布教は植民地化への足掛かりという側面があった事を忘れてはならないと思う。そうでなければ、ただ宗教弾圧の悲惨な面しか見えないだろう。

日本に小舟で渡る場面、これは明らかな「雨月物語」の船のシーン。それが何を意味するのか考えていた。日本とは、キリスト教という一神教の信仰の彼岸の地なのかもしれない。

イッセー尾形演じる井上筑後守が元キリスト教徒っていうね。だから彼はパーデレたちの言葉もキリスト教の教えも理解出来る。なぜ彼は「転んだ」のか。それを幕府の苛烈な弾圧のせいだと言ってしまうのは簡単だ。

キリスト教圏による周辺諸国の植民地化と大衆の精神的支配への畏れ、一神教宗教への疑念、が根底にあったのでは。

そして彼は言うのだ「あの者(宣教師)は「ありがたや」しか話せなかった」と言う。宣教師達は布教という理想の元にあったことは理解に難くない。だが、日本を理解せずただ教えを説く。結局、群衆は貧しく苦しい生の先のパライソを見ていたに過ぎない。

この映画をキリスト教圏の人たちはどう見るのか?キリスト教の神父を志したこともあったスコセッシ自身の葛藤はなかったか。

外は雨
外は雨さん / 2017年8月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

雨の日は自宅で映画見るのがいい。見た後に気が重くなる映画です。遠藤...

雨の日は自宅で映画見るのがいい。見た後に気が重くなる映画です。遠藤周作の原作に忠実に描かれています。
素晴らしい作品でした!

kiyoharu
kiyoharuさん / 2017年8月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

信ずる心に語りかける

マーティン・スコセッシが遠藤周作の「沈黙」を映画化すると言って、どれほどの歳月が流れただろうか。
スコセッシの次回作として何度も企画が上がっては消え、その都度キャスティングも変わり、一時はもう映画化されないんじゃないかとも思った。
が、スコセッシ長年の念願の企画がやっと!

宗教を扱っている作品故、非常に重苦しく、小難しいと言うか、なかなかに理解し難い点もある。
日本人としては胸が痛くなる描写も。
同じ日本人なのに、信ずるもの違いから、迫害受ける者、迫害する者。
スコセッシ映画でありながら、アカデミー賞にもほとんどノミネートされず。
しかし、本作は紛れもなく力作!
その昔見た、同じく力作であった篠田正浩版にも引けを取らない。

スコセッシの信仰心は有名な話。
だから、スコセッシが本作の原作に魅了されたのは意外な気もする。
だって、キリスト教信者から見れば、本作は“苦しみ”でしかない。
邪教としては蔑まされる若きポルトガル人宣教師、キリシタンたち。
自分たちの信仰心を、まるで犯罪者かのように身も息も潜め、隠れなければならない。
彼らが受ける生き地獄。
どんなに苦しんでも、どんな仕打ちを受けても、信ずる主は沈黙を通し答えてくれない。
主人公であるポルトガル人宣教師、ロドリゴの苦悩。揺らぐ信仰心。
ちょっとネタバレになってしまうが、彼も師と同じく棄教さぜるを得なくなってしまう…。
しかし、ラストカットで分かった。
スコセッシの深淵な思いはそのシーンに込められていた。
主は常に語りかけていたのだ。

彼らの信ずる主を体現したとも言えるアンドリュー・ガーフィールドの熱演が見事。
アダム・ドライヴァーも本来の実力を発揮し、リーアム・ニーソンも久し振りに重厚な演技を見せてくれる。
だけどやはり本作は、日本人キャストの熱演あってこそ!
浅野忠信が最も大きな役回りかと思いきや、次の二人が特に印象残った。
まず、窪塚洋介。まさしく彼の役は、本作に於ける“ユダ”だ。主を裏切り、家族を裏切り、ロドリゴまでをも裏切り…。彼の本心は把握しにくいが、誰よりも人間の弱さや人間らしさを表していた。
そして、イッセー尾形。「イングロリアス・バスターズ」でのクリストフ・ヴァルツの如く、何処かユーモアを滲ませつつ、狡猾。キャスト教弾圧の責任者で、まずは対話し一応は理解を示した上で、残酷な仕打ちを命じる。思慮深く冷徹な敵役を持ち前の演技力で妙演。
ゾッとするような拷問を受ける塚本晋也や、小松菜奈も綺麗な顔を汚して頑張っていた。
日本人キャストを信じてくれたスコセッシに感謝の意を伝えたい。

自分は無宗教だが、宗教をあからさまに非難するつもりはない。
幾つかのキチ○イな宗教は例外として、それぞれ信ずるものは自由だ。
何人足りとも、それを非難する資格はない。
非難されるべきは、頑なにそれを悪と決め付け、その者の心を殺す事だ。
それからどんな歴史があったか詳しくはない。
本作を見ると、今現在、日本でもよくキリスト教が浸透したと思う。
ここに至るまで流された血や涙。
彼らが受けた受難と信ずる心に胸打たれた。

近大
近大さん / 2017年8月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

すごい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

宗教に対する日本人の考え方を改めて感じた。
棄教するも心の中で最後まで信仰を捨てなかったことは驚きを感じる。

Takashi
Takashiさん / 2017年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信仰とは ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私には熱心に信仰する宗教がない。
絵を踏むことによって、苦痛を与えられることなく自由の身になれるのならば、おそらくどんな絵だって踏むだろう。

しかしそうはいかないのが「信仰」だ。
神のために死を受け入れる人。弱さゆえに神を裏切る人。彼らのために神に祈る人。しかし救ってくれない神。
激しい迫害の中で、それぞれの「信仰」の形が浮き彫りになる。

ある意味処刑シーンよりずっと印象的で、「信仰」を考える上で重要な2つのシーンについて。

ひとつは。司祭である主人公が明確に仏教を否定するシーン。
キリスト教はこの時代の日本では迫害される側で、被害者なわけだけど。「時代や場所が違えば、迫害する側、加害者にだってなり得る」という、「信仰」の傲慢さをみた。
これはキリスト教に限ったことではなく、「信仰」それ自体が内包するものなんだろうな。

それから。主人公が日本の信者たちのある言動について疑問に感じているシーンがあった。非難しているわけではなく、ただなんとなく疑問に感じ、「あんまり良いことじゃないんだけどなー」と感じていた。
日本の風土について「キリスト教は根を張らない」と主張する者がいたが。そこまで極端なことではなく。ただ、「信仰」の形は風土による影響を無視できないというとかな。もっと言うなら、その人自身の価値観や哲学にだって影響を受ける。
結局、「信仰」の形は人それぞれで、その人の心にしか答えはない。

もうひとつ印象的だったのは、迫害する側の描かれ方だ。
為政者は理由もなくキリスト教を迫害しているわけではないことが明確に描かれていた。
確かに彼らが選ぶ方法は酷いけど、ただの悪者ではなかった。むしろ「信仰」の傲慢さとその危険性を察知した知性ある支配者だった。

キリスト教徒である原作者および監督が、「信仰」に真摯に向き合った作品だと、私は感じた。

熱心に信仰する対象がある人にとっては、どう見えるのだろう。何を感じるのだろう。

ゆな
ゆなさん / 2017年7月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してたほどじゃなかったな

期待してたほどじゃなかったな

アッキー
アッキーさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信じるという事 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は未読です。

「信じる」っていうのはどういう事か考えさせられた。

最初は、死んだら神様の国に行けるんですよね!って女子が出て来たり、ロドリゴ神父が、自分は人の役に立ってる!って充実感を表したりしてて、
信仰と、報われることが=出てくっついてる感じがしたけど、

後半は、ロドリゴ神父が沈黙状態に入った後も「信じる事を貫いてた」的な描写が入ってて、
「信じる」事そのものにライトが当たってる感じがして良かった。

報いがあるから信じていた少年ロドリゴが、苦難を通して、沈黙の中に神様の愛みたいなのを見出して、自分も神様を愛する(信じる)ようになった。
みたいな。
ロドリゴの成長物語的な。
その変化が胸を打つ。
恋が愛になった。みたいな。
その愛が人を強くした。みたいな。
良かったです。

良い悪いは置いといて、
宗教とはそうあるべきだし、
それが人を生かすんだと思う。

ナオ
ナオさん / 2017年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

The 映画

マーティン スコセッシは やはり 名匠だ
そして、 どれだけ 黒澤など日本映画を見てきたか…
スクリーンで観て よかったと思える映画だった。

U-TA
U-TAさん / 2017年6月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神との対話

こちらから語りかけても、決して答えず沈黙を貫く「主」からの答えは、己が導きだすしかないのでしょうか。

ロドリゴ、ガルべ、棄教したフェレイラ、キチジロー、井上様、通辞、その他の隠れ切支丹の人々の生き様は、それが死を選んだり、裏切ったりしたとしても、各々が「主」と対話した結果導いた答えなのです。

人生に正解はありません。死を選ぶことが、その人にとって正解であることもあるのです。

私は信仰を持っていません。しかし、自分の中にももしかすると、神がいるのではないか?と、興味が尽きなくなりました。

人間がどうしていつも争いを繰り返しながら、愛を求めるのか?矛盾した行動をとり続けるのか?

「沈黙」の原作を読んで、自分自身の神と対話をしたいと思いました。

ミカ
ミカさん / 2017年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

丹波哲郎?

篠田正浩版『沈黙』と比較すると・・・

スコセッシ版『沈黙』のフェレイラはリーアム・ニーソン、
篠田版『沈黙』のフェレイラは何故か丹波哲郎(苦笑)。
両方を見ると、何故丹波哲郎かの意味がよくわかる。

どういうことか?
なぜタイトルが<沈黙>なのか、
その沈黙がフェレイラに与えた影響、
<転ぶ><転ばない>のそれぞれの葛藤、
司祭が踏むということ、

などが丹波哲郎の方が日本語だけあって理解しやすい。
リーアムにいさんもほぼ同じセリフなんだが、沈黙を読み解く芝居まで昇華できていない。
(俺はもう警官をやめたんだ・・・あるいはジェダイがフォースを棄てた感で
押し切ろうとするのも悪くは無いが、これは主題!
言葉の問題というよりも主に芝居の問題またはそれをOKにしたスコセッシの問題。)

ここのフラット感が、踏み絵を簡単にしてしまう日本人や
反対に踏み絵をしない日本人の深い葛藤の縁取りもぼやけさせてしまう・・・。
とはいえ、塚本さんと、窪塚くんのがんばりで十分に寄り添って観れるし、
スコセッシにYou talkin' to me?と言われたら、ハイこれ以上は欲しがりません・・と、
ひざまずいて、人よりも大事な国、自然よりも大事な共同体、
人間の命よりも大事な宗教なんて存在しないというテーマを
作品全体で表現されてますので十分に楽しめました~ということにしておこう。
冒頭とラストは華厳寺を思い出す。

蛇足軒瞬平太
蛇足軒瞬平太さん / 2017年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

哲学や宗教の本質を教えてくれる珠玉作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

舞台こそ江戸時代なれど、日本人及び日本社会の仕組みが欧米人から見たらこう見えるのかな?ということで、とてもワクワクドキドキしながら見ることとなった。嬉しいことに、貧しさはあるものの、登場してくる日本人は皆、尊敬に値する人間として描かれ、日本の無理解に基づく違和感は全くなく、製作者の原作、並びにそれを生み出した日本人社会への大いなる敬意を感じさせられた。

目に見える直接的なテーマは、キリスト教の本質的なものに関するメッセージである。キリスト教徒ではない一日本人が、これをどう捉えれば良いのか?自分は、変えてはいけない本質的ものと、環境や状況に応じてどんどんと変えても良い物が有ることを、この映画は教えてくれていると感じた。

只の絵で有るキリスト像(偶像)を踏まずに殉教していくことだけが、ほんものの宗教(哲学や真理)の信じ方なのか?踏まないことで、信者が殺されていくことを良しとはしない信心(思考)こそ司祭(指導者)として大切なのではないのか?信者でないと言って何回も転ぶキリスト教徒(状況に応じて発言がコロコロ変わる多くの日本人)は、生きるに値しないのか?そんなことは無いだろう、フェレイラもキチジローも、そしてロドリゴも、一生、絶対神の存在(変えてはいけない哲学や真理、本質的なもの)を信じ続けたではないか。それこそ、立派なキリスト教徒(現代人の生き方)ではないか!

拷問等のリアリティは満点で、歴史的考察もしっかりとしている。幕府大目付の知的文化度の高さと狡猾さを見せつけたイッセー尾形始め日本人俳優も含め、どの俳優も素晴らしい心に響く演技であった。特にガーフィールド演ずるロドリゴの転びの場面(沈黙していた神の声が初めて聞こえた場面でもある)は感動的であった。それ以外の箇所の映像も、歴史的リアリティと、自然及び街なみの美しさが同居して、とても素晴らしかった。信じていたものに懐疑を感じてきた方々、信ずるものや愛するものが有る、或いそういうものを持ちたいと考えている方々、つまり多くの日本人に、是非見ていただきたい映画と思えました。

Kazu Ann
Kazu Annさん / 2017年4月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

違和感

北米版blu-rayで観ました。この時代の農民や漁民が流暢とまではいかないが英語で会話をしている。専門職の役人ならともかく読み書きすら不充分な時代にこれはないと思う。日本人役は全て日本人俳優で評価出来るが時代背景をもう一つ踏み込んで作って頂きたかった。最後にエンドロールのbgmに虫の音や波の音が静に流れているのが印象的。

duralex
duralexさん / 2017年4月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

神を信じる強さと宗教が持つ欺瞞のはざまで ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 江戸時代初期、禁教下の日本で布教をしていた恩師が棄教した報を受けた宣教師のロドリゴとガルペは、真実を確かめに長崎へ来日し、迫害される信徒達の姿を目撃する…。主人公ロドリゴらは、日本に向かう途中のマカオで漂流民キチジロー(窪塚洋介)に出会い、案内役として彼を日本に連れていく。主人公は来日し、隠れキリシタンの村で宣教を行う内に、キチジローが棄教した元キリシタンであり、家族を全員迫害で殺されていた事を知るが、キチジローは主人公らを裏切る。

 昔原作を読んだ通り、非常に宗教色が強く、更に心理的な話なので退屈かと思いきや、そうはならないのが流石スコセッシだった。「沈黙」というタイトルの通り、劇中で音楽は一切使われず、虫や鳥の声、波の音など自然界の音作りに徹していて、それが非常に映画に奥行きを持たせているのが印象的だった。

 別にカトリックでなくても鑑賞できる作品だが、個人的にはマタイによる福音書などを読んでおくと、作品中の喩えや構図がよく分かると思う。
 映画版ではイノウエサマが明確に元切支丹であることが書かれていなかったような気がするのだが(見逃していただけかも)、イノウエが「種」や「土」の喩えを使ってロドリゴと問答してるシーンを観て、聖書を読んだことがある人はイエスの「種蒔く人」や「毒麦」の話をしていると気づくので、イノウエが聖書をよく知る人物である=元切支丹である、というのが分かるようになっている。

 「沈黙」を観た後、久しぶりに新約聖書のマタイによる福音書とルカによる福音書を読んだのだが、主人公の宣教師ロドリゴは、自分をファリサイ派等から迫害を受けるイエスとその弟子に投影しているように思える。それでは、ユダの象徴であるキチジローは彼にとって何なのか。
 ユダは銀貨三十枚でイエスを売った後自殺するが、キチジローは銀貨三百枚でロドリゴを売った後も信仰を捨てられずロドリゴに付きまとう。農民たちのキリスト教観は、聖書が読めず、長い間宣教師と関わりを持ってなかったせいで大分歪んでおり、その歪んだ信仰のまま、拷問され殺されていくが、キチジローだけは何回踏み絵を踏んでも信仰心を捨てず、主人公に赦しを求めて来る…。
 聖書の「一日に七回あなたに対して罪を犯しても、七回『悔い改めます』と言ってあなたのところに来るなら、赦してやりなさい」という言葉。これが主人公のキチジローに対する態度なのでは…と思うが、逆に言えば主人公は赦しを乞われている、求められ続けられるからこそ、神の使徒でいられるのではないか。
 棄教後も彼を傍に置いていたことこそが、ロドリゴにとって「隣人への赦し」の実践のように見え、心の奥で信仰を持ち続けていた証拠とも思えた。

 遠藤周作自身がカトリックでありながらカトリックに対して疑念を抱いたことがあったせいか、「沈黙」でのイノウエの主人公に対する問いかけは、かなり合理的で宗教というものに対する矛盾を的確に指摘してくる。あれがなかったら単なる切支丹かわいそう物語になっていた気がする。

 日本以外の人と日頃接している人は、日本人社会の同調圧力の嫌らしさを充分知ってる(口には出さなくても)と思うが、外国人監督が撮っただけあって、そういう日本人社会の嫌な所がかなり正確かつ的確に描写されており、絶妙。
 神を信じる事は強さなのか弱さなのか。宗教は究極的に人を救えるのか。人は主のように裏切る者を赦し愛せるのか……多分信仰を持つ人、持ったことがある人には非常に響く命題だと思うし、持たない人にも、信仰とは何かを考えるきっかけをくれる映画だと思う。

めい
めいさん / 2017年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ぜひ原作とあわせて。

日本人の存在意義を根本から考えさせられる作品。
ここで言う「沈黙」は何を表しているのか、そして宗教にすがる人間の愚かさを、
己の声に従う人間の強さを、
ぜひ感じ、考えて欲しい。
日本人ならば観なければならない。

naomi
naomiさん / 2017年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TOHOシネマズ府中にて観賞 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

純粋な理想の炎が異郷の地で燃え尽きる。皮肉かつ胸を打つ物語を堂々と作ったスコセージは流石。

俳優も良い。特に弱そうで強い塚本晋也、狡猾そうで相当論理的な語りのイッセー尾形、スコセージ映画らしい「主人公を引きずり込む男」窪塚洋介は傑出している。

唯一のミスキャストは今にも暴れ出しそうな貫禄のリアム・ニーソン。アクションスターとしての色が付き過ぎたか。

shallowwhite
shallowwhiteさん / 2017年3月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

傑作です

それは予想を超えたものすごい作品でした。
時代の逆を進むような堂々の160分、私が観に行けた頃は既に1日1回のみ上映になっていたので、時間を作るのがとても難しかったです。
でも監督は自分の撮りたいようにするのが一番だと思っているので、こういった尺の長い作品はこだわりを感じて好きです。
そしてタイトルにあるように音楽がありません。
虫の声、風の音、潮の音で構成されているのですが、退屈どころか「だからこそ」胸に迫るものがありました。
OPからそれらの演出が効いていて、スタッフロールまでそれで締める。実に素晴らしかったです。
スコセッシなので遠慮のない演出で、弾圧している様は観ていて苦しさを感じるほど。
また当時の考察をきちんとしているのでしょう、日本人が観ていても違和感を感じずにスッと入ってきました。
またキャストも気になる人が多く「スコセッシの作品に塚本晋也が出演している」ってだけで、観ないという選択はありませんでした。
その塚本晋也演ずるモキチが真っ直ぐで素晴らしい。特に聖歌を歌っているシーンはかなり胸にくるものがあり、作品の中で一番印象に残りました。
そしてイッセー尾形の怪演。この作品を支配するかのような、ものすごい芝居を観せてくれます。

物語は基本ひたすらに重いのですが、それでいてどんどん引き込まれていくんです。
そして話が進むにつれ深く深く潜って行き、宗教そのものを超え、命の根元に迫るような内容でした。
スコセッシはこういった「誰かの生涯」を描くのが本当上手いですね。
70を過ぎても未だ衰えぬ素晴らしい作品、まさに傑作です。

白波
白波さん / 2017年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

日本人の特質的な性分を映像化した作品

カソリック棄教者の遠藤周作ならでは宗教観を見事に映像化した作品です。

カソリックの実直な侵略性と日本人の強情な保守性との争いにおいて、遠藤周作は正義を日本側においた。
豊臣秀吉も徳川家康も禁教令をだしたのは布教活動を積極的におこなうカソリックに対してであり、出島貿易を許されたオランダは布教を行わないプロテスタントであったと出島のオランダ商館長は手記を残している。つまり、禁教令は国民国家としての多民族化の拒否および文化侵略の拒否である。これは現在の移民問題にも通じる日本国が抱え続けているテーマである。また、他民族拒否の根底には神道および日本独自で発展した日本仏教という宗教信仰からくる異教排斥心が拭い去れない。

作中でも日本側の代表として長崎奉行が隠れキリシタンや主人公に改宗を幾度も促す。奉行は「本心でなくてもよい、形だけでよい」と訴える。日本人らしく本音と建前の使い分けろと指示するのだ。結果、本音と建前を使い分けられない者は死ぬことになり、本音と建前を使い分けた主人公の命は助けられる。そして、建前を覚えた主人公に奉行は一言「日本にようこそ」と告げる。また、本作で描いた本音と建前を使い分けろという奉行の真意は「建前であっても改宗し、本音の部分で"布教をおこなわない"カソリックを信仰するならば糾弾する必要はない。それはもはやカソリック教徒ではなく、まったく別の隠れキリシタンという存在なのだから。」というものであった。このあたりは恐ろしいほどに日本人の気質を描いており、日本は日本で有り続けるために狂信的なまでに保守の本質をもつ国であるというメッセージがあるように感じた。

上記のように私が熱い思いをたぎらせられるのもイッセー尾形さんをはじめ役者さんたちがとても素晴らしく、監督やスタッフの尽力のおかげで感動的なまでに完成度の高い映画になったからです。この映画に携わった皆さんに感謝を伝えたいです。

TOY
TOYさん / 2017年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

見てよかった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

目に見えないけどいると感じている神と目の前にいる人の命とどちらをとるか選択させられる姿が辛かったです。
窪塚洋介さんのとても弱い人間の姿がとても印象に残り人間らしいけど悪魔的だなとも思いました。

ぶーちゃん
ぶーちゃんさん / 2017年3月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

309件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi