手紙は憶えている
ホーム > 作品情報 > 映画「手紙は憶えている」
メニュー

手紙は憶えている

劇場公開日

解説

ある1通の手紙をきっかけに、家族を殺したナチスへの復讐の旅に出る男の姿を、アトム・エゴヤン監督が描いたサスペンス作品。最愛の妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ。ある日、ゼブは友人のマックスから1通の手紙を託される。2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された、アウシュビッツ収容所の生存者だった。手紙にはナチスの兵士に関する情報が記されていた。兵士の名前はルディ・コランダー。身分を偽り、今も生きているという。容疑者は4人にまで絞り込まれていた。体が不自由なマックスの思いも背負い、ゼブは復讐を決意し、1通の手紙とおぼろげな記憶だけを頼りに単身旅に出る。「人生はビギナーズ」で史上最高齢のアカデミー助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマーが主人公ゼブを演じ、マーティン・ランドー、ブルーノ・ガンツらベテラン俳優陣が顔を揃える。

作品データ

原題 Remember
製作年 2015年
製作国 カナダ・ドイツ合作
配給 アスミック・エース
上映時間 95分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

90歳が挑む復讐の旅、その時間と記憶の“ねじれ”を現在進行形で描く衝撃作
手紙は憶えているの映画評論・批評

第二次世界大戦中におけるナチスのホロコーストの蛮行を扱った映画は今なお数多く作られ続けているが、戦後71年経った2016年、あっと驚く物凄い映画がやってきた。主人公はアウシュビッツの大量虐殺を生き延びて渡米し、今は高齢者ケア施設で暮ら...手紙は憶えているの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全41件)
  • エゴやん版「ゆきゆきて神軍」 アトム・エゴヤン監督が描くナチスハンターの復讐劇、なのだが、このハンターが90歳の老人で、アルツハイマーで記憶すら定かでないというのがポイント。クリストファー・プラマー扮するアウシュビッツの生き... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2016年11月7日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 恐怖の旅。 ネタバレ! 劇場予告でいつも思っていたのが、こんなに分かり易いサスペンス もないよなぁということだった。どこかに意外性があるのだろうと 観に出かけたが、確かにラストはビックリ、劇中の家族共々呆然と なるに違... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2016年12月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 心理描写が丁寧 自分の妻が亡くなったことさえ時折忘れてしまう認知症のゼブ。ホームに入所している。 アウシュヴィッツ収容所の生存者でそこで家族を殺されている。そこでの責任者も生存しており復讐する事を決意し探す旅に... ...続きを読む

    塩豆福 塩豆福さん  2016年11月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「手紙は憶えている」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi