関ヶ原のレビュー・感想・評価

メニュー

関ヶ原

劇場公開日 2017年8月26日
314件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

堂々たる大作

こうした堂々たる大作映画を作る監督は、もう日本には原田眞人しかいなくなってしまった。観客に対して親切な作りではない。方言の訛もすごいし、一部には聞き取れないセリフもあるだろうし、関ヶ原の合戦に詳しくないものには、勢力図がわかりにくいかもしれない。しかし、逆に言うとこの映画は観客を子ども扱いすることをやめている。いくらかの教養がなくては楽しめない作品なのは確かだが、知識は人を豊かにするものだ。この映画は観客の教養を信頼している。
役者の芝居も素晴らしいし、映像も美しい。合戦シーンは美しさを追求するのではなく、血みどろの乱戦として描いたのも見事。
徳川家康役の役所広司の存在感は際立っていた。もはや日本映画史に残る名優となった言って差し支えない。

このような映画が大ヒットした事実は頼もしい。一から十まで説明してくれる映画ばかりが求められているのではないというのは、頼もしいことだ。原田監督にはこうした教養ある作品をこれからも作ってほしい。

ローチ
ローチさん / 2017年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

役所広司演じる家康が憎らしくも貫禄十分

司馬遼太郎の原作をあいにく未読のため、詰め込んだ台詞(息継ぎの部分を編集でカットして、たたみかけるような効果を出している)と膨大な情報量についていくのが大変だったというのが正直なところ。司馬のファンなら余裕を持って楽しめるのかもしれない。

徳川家康を演じた役所広司が貫禄たっぷりで、ほどよく笑わせてもくれて、大作時代劇の重みをしっかり担っている。三船敏郎や仲代達矢の域に近づきつつあるのではないか、と思わせる瞬間がときどきあった。有村架純は忍びの役だが、少々鈍い印象を受けた。アクションを求められる役には向かないかも。

終盤の合戦シーンはさすがに見応えあり。勝敗は最初からわかっていても、やはり三成側に感情移入して応援し、ハラハラドキドキしてしまう。

AuVis
AuVisさん / 2017年8月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ちょっと長すぎ。

岡田准一の表情はとても素敵であった。

彼の表情に自然と引き込まれて行った。

役所広司の徳川家康の迫力も素晴らしく、オーラに圧倒された。

有村架純の初芽は、堂々たる演技。登場人物の中で唯一彼女の心情に共感できた。

物語は約150分と長いのに、早口すぎて登場人物が何を言っているのか理解ができない。

特に歴史に関して詳しくない中見たので、松山ケンイチと東出昌大の役柄と岡田准一演じる石田三成の関係性がわかりにくかった。

もっとわかりやすくして欲しかった。

特に最初の一時間は退屈であった。

衣装の色も全体的に暗く、もうちょっと赤や黄色とかが使われていても良かったのではないかと思う。

少し期待しすぎたかもしれない。

それでも、関ヶ原の戦いを詳しく理解できた。
それだけでも観て来てよかったと思う。

かほたろう
かほたろうさん / 2017年11月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

早口

早口過ぎて何言ってるか分からない。二時間に収められないならやめときゃいいのに

もちいちぞく
もちいちぞくさん / 2017年10月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作が好きで期待してしまったのが悪いのでしょうか;がっかりしました...

原作が好きで期待してしまったのが悪いのでしょうか;がっかりしました。
早口やなまりはリアリティの追求なのでよいのですが、細部のリアリティが。。。ない。
監督の作りたい!という意気込みは感じるのですが。
広げた風呂敷が大きすぎて、あれこれ詰め込んだけど一本の物語として収拾がつかなくなったような印象でした。

これだけ豪華な俳優さんたちなので貫禄があってすごいなぁ。。とは思ったのですが、ね。
唯一よいと思ったのは刑部との別れのシーン。その前の家康の母衣の説明と相まって印象的でした。

ちいまめ
ちいまめさん / 2017年10月25日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史の復習

関ケ原という手垢にまみれた題材、
いったいどのように調理して見せてくれるのか、
わずかな期待を胸に劇場に足を運んだ。
公開からかなり間が開いてしまったのは、
まさに上記の通り今更感があったからだ。

さすがにこれだけの名優が終結すると、
内容が平凡でもそれなりの見応えはある。
平凡と書いてしまったが、内容については然り。
特段の目新しさやインパクトはなかった。
歴史は基本的には勝者によるもので、
偏っていることは疑いあるまい。
だが、三成が正義とは到底思えないし、
家康を是とする以上に違和感がある。
むしろ大谷刑部あたりに魅力を感じ、興味をひかれた。
歴史を復習したという感じかな。
映画ならではの壮大な合戦シーンを予想していたが、
それもそれほどではなかった。

歴史というと維新ものや戦国もの、
いい加減辟易しているのは私だけか。
この映画も磯の域を出ていなかった。

みみず
みみずさん / 2017年10月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリー構成が悪い

壮大な関ヶ原の戦いを二時間半でまとめるなら事前にきっちりストーリーの必要な部分残しと不要な部分を削ると言う作業をするべきだ。
全てを詰め込みすぎて原作の関ヶ原を台無しにしたこの作品に怒りすら感じる。特にあの演技の有村架純は不要な部分だった。
嫁に付き合ってもらったがとなりで寝ていた。これならば寝ても仕方ない。

けんけん
けんけんさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

面白い

最後まで退屈することなく鑑賞できました。
俳優の演技、セットともに違和感を感じさせませんでした。

マコト
マコトさん / 2017年10月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

彼女と見たものの、、、

岡田くんが主演ということもあり、
奥さん連れて見たが、、

???

途中寝てましたね。
ちんぷんかんぷんだと言ってました

僕は原作が好きで、見に行ったのだけど、、、
見事に期待を裏切ってくれました、、

ダメですね、、褒めるとこなしです
この映画は。

ロバートデマーロ
ロバートデマーロさん / 2017年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いっぱい詰まっていて

お腹いっぱいになりました

なとぉ
なとぉさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

関ヶ原は尺との戦い⁉︎

多くの有名戦国武将が関わり、
歴史的大事である「関ヶ原の合戦」。

これを描くには、150分あっても
時間が足りなかったのだと思います。

全体的にセリフが早口に感じました。

いつも、TV番組を1.3倍速で再生して観ている私ですら早口に感じたくらい。

言い回しが昔の言い回しなので
聞き取れない処も多々ありました。

…というのが残念だったところ。

ですが!!

岡田准一さんは
やはり武将が似合いますね!

黒田官兵衛を演じていた岡田さんが、
今作では 石田三成…。

戦国武将は、誰を支点に観るかで
全く別の人物像、
別のストーリーになるので、

同じ時代、同じ戦い一つとっても
やはり面白いですよね。

石田三成は策士・軍師のイメージでしたが、今作での描かれ方は…

とても面白かったです☆

今作の役者さんは好きな役者の方が多く
もちろん演技派なので、あえて
誰の何が良かったとは言いません。

それ以外の部分で…

今作の劇中の音楽?音?の
使われ方がとても好きでした。

過剰な事はせず、
でも煽りはちゃんと有って。

キャストのテロップが
英語で出てきた時は、

海外受けを狙って作られた
作品なのかな?

って、ちょっと構えちゃったけど、
全然そんなこと無かったです!

無駄な、過度な表現がない、
絶妙な演出が所々に
感じられました☆

パンフレット先に買って
予習してから見れば
もっと楽しめた気がするー!

ちびメガネ
ちびメガネさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高でした…。

テンポがむちゃくちゃ早いので、本を読んでないと難しいかと。 岡田さんの演じる役はいつもながら最後の一瞬まで本当に素晴らしかった。ほかの俳優の方全て、最高の演技だと思った。

koko
kokoさん / 2017年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時間が足りなかった?

可もなく不可もなく。興味があるなら見てもいい。
映画館じゃなくてBD等で充分。

こういう題材の作品なら映像と音声に迫力があるかと思えば、そうでもなかった。

プロットとしては、描こうとする人物が多すぎて散漫になった印象。
著名な人物を一般的でない解釈で掘り下げるのは面白い。架空の人物の視点から歴史上の出来事をとらえるのも面白い。残念なのは、どちらも中途半端だったこと。
映画の時間枠では足りなかったということだろうか。

dsk
dskさん / 2017年10月12日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

早口で聞き取れない

昔の喋り方&方言となまりに加え、
すごい早口なので、
全編、聞き取りずらかったです。
冒頭からなまり早口でしたが、
シンゴジラみたいに
早口でも気にならない感じで
進むのかと思ったけど、
最後までダメでした。
内容も、
予習して行かなかったので、
かつての日本史の授業を
思い起こしながら見てて、
なかなかついていけませんでした。
ちゃんと予習してたら
早口でもついていけたのかな
ってチョット勿体無かった気がします。
何度か見たら分かるのかな
って気もします。

忍者が逐一戦況を伝えるのは、
当時本当にそうだったのか
映画的な演出なのか
チョット気になりました。

TAICHI
TAICHIさん / 2017年10月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史好き必見!

正直歴史に興味ない人には分からないです。
セリフも早口で理解できないし、いろいろな人が出てきますが、当然分かってますよね?的な流れです。

中には原作ファンだからがっかりしたという人もいますが、あの長い原作をそのまま再現したら、それはNHKの大河です。

それよりも、映画はその中の誰を主役として捉えるかだと思います。
それで言えば、充分この映画は成功していると思います。

岡田君の三成はとてもカッコ良く、新しい三成像ですが、それが充分納得できます。
役所さんの家康もとてもはまってます。
東出さんの小早川はちょっと原作のイメージとは違いますが、でも良かったです。

この3人の個性豊かな、それぞれの心の葛藤がとても面白く、関ケ原をもっと知りたくなりました。

yumi
yumiさん / 2017年10月10日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポカーンとする ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一部の台詞が聴き取り辛い。
三成の家臣がいつのまにか足引きずってて、その怪我いつ負ったのかの描写も説明もなく置いてけぼり。
そしてこの映画内で三成が豊臣に忠誠を尽くす要因が見当たらないのに、命賭けて戦う事に???状態。

演者も演技力も素晴らしいのに、勿体無い。
そして時間と鑑賞代が勿体無い。

NICO
NICOさん / 2017年10月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「映画」になれば、「原作」など木っ端微塵 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「関ヶ原」(原田眞人監督)から。
書籍「関ヶ原」(上・中・下)(司馬遼太郎著・新潮文庫)を
読み切る前に、待ちきれず鑑賞してしまったが、
全くの別もの、という感想を持った。
逆に、原作者の司馬遼太郎さんが生きていたら、
決してOKを出さなかったんじゃないか、と思うほどだった。
あの長編を149分にするところから無理があるのだから、
映画「64 ロクヨン」のように「前編・後編」に分けるとか、
小説のように「3部」に分けるとか、して欲しかった。
それでも「世の中、正義では動かぬ」
「将の上の将になるには、正直すぎる」
「戦さになれば、正義など木っ端微塵」
「動かぬ大軍を動かすことが大将の務め」などをテーマに
「気になる一言」を書こうと思ったが、それさえも気が引けた。
台詞も早口で、なおかつ方言交じりで、うまく聞き取れない始末。
申し訳ないけれど「戦さになれば、正義など木っ端微塵」をもじって
「『映画』になれば、『原作』など木っ端微塵」を残したい。
これだけ期待を外されたのは、珍しいなぁ。(期待しすぎ?)

shimo
shimoさん / 2017年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一気に149分。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦国時代の大河ドラマを一気に149分観たぞー!という感じ。
台詞が早いわ、展開が早いわ、方言が強いわで聞き取り辛い
部分は確かに多かったが最後まで飽きずに楽しめた。忍びの
登場が随分多いけれど、巧く溶け込ませていたので問題なし。
岡田ファンはカッコいい三成を堪能できたんじゃないかしら。
個人的にはやはり山本耕史のあの冷徹感がピッタリに思えて
こんな優しい三成?って感じだったけど。島左近が良かった。
そして何といっても役所の家康。どんどん肥えていく様子に
あんたはラッセル・クロウか?なんて思いつつ、ゴローンと
ひっくり返る場面に大笑い。役者揃いの豪華な顔ぶれは見事
としかいいようがないが、見せ場を持たせる間もなく次から
次へと展開を急いで(仕方ないけど)ザーッと流れていく感じ。
後半の合戦はさすがに見応えあるが、これもどっち側かやや
分かり辛い部分が多い。ともあれ一気に関ヶ原の三成だった。

ハチコ
ハチコさん / 2017年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

言葉が聞き取りにくい。それは致命的

言葉が聞き取りにくい。それは致命的

kei
keiさん / 2017年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑った

岡田くん、役所さん、俳優の演技力は素晴らしい…が、監督が駄目なのか?歴史を知らないのか創作部分が、クソです。
これのどこが、司馬作品なのか??
原作を、読んだのか??

これだけの大作小説を漫画のレベル…戦国無双レベルの無茶苦茶なキャラクター設定。

島津義弘や、大谷吉継のキャラクター
笑った!
英雄を、ここまでアホに描いた監督はそうそういないだろう。
ゲームでしか、歴史にふれてない監督の認識不足がそうさせるのか?
もしかして監督は朝鮮の方なのか?
朝鮮びいきなのでは?歴史改ざんしたいのか?おかしな描写が多すぎました。

一番笑ったのが、島左近が兜の前立てを外すシーン!
取り外し、出来ませんから!!

大事な部分を省きまくって
意味不明なシーンや、ヒロイン創作して司馬作品と言ってはばからない
今までに最低な司馬作品かと。

歴史物=司馬作品と思ってるのか。
とにかく、やばいですね。

勉強したであろう役者に謝ってほしいですね

しほりーな
しほりーなさん / 2017年10月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

314件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi