3月のライオン 後編のレビュー・感想・評価

3月のライオン 後編

劇場公開日 2017年4月22日
45件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「完結」と銘打っているが、3作目を期待

原作漫画が未完なので、映画版の2作目も「完結」と言いつつ、物語的にはきちんと終了せずにエンディングを迎える。むしろ、ここから新たな展開、新しい次元の戦いを予感させる締めくくりだ。漫画は実質的に不定期連載らしいので、三年後か五年後、話がまた進んで一段落した段階でぜひ第3作を作ってほしい。川本家二女ひなた役の清原果耶、三女モモ役の新津ちせの成長を記録する付加価値も期待できる。

前置きが長くなったが、この後編、零と川本家の関係性が新たな段階に。前編では牧歌的な交流だったが、後編ではひなたが通う学校でのいじめ、そして家出した実父の登場が契機となり、零の川本家へより能動的に関わる意識が強くなる。特に零とひなたの関係が大きく動くことで、必然的に清原果耶のシーンが増えてさまざまな表情を見せてくれるのが嬉しい。

最後に神木君に言及しておくと、「桐島、部活やめるってよ」以来のはまり役ではないかと思う。

AuVis
AuVisさん / 2017年4月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

成金! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なかなかツラかった前編を乗り越えての鑑賞。しかしキャラの立ち上げが出来てる後編は違った!

主人公の葛藤、家族とのすれ違いや絆、そして勝負の醍醐味、全てがうまく調和して、
かつ役者さんたちも素敵でした。
カタルシスが少なくて歩のようだった前編が
まさにと金に成った雰囲気!

全体を通して見ると、原作にあるであろう
細かいエピソードも拾っているようで
やや詰め込み過ぎた感もありましたが、
三姉妹と有村架純さんの演技が光る佳作でした。特に14歳のヒロインが素敵。

yao77
yao77さん / 2017年4月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名優達の演技のぶつかり合い 清野、新野の演技が光っていた 有村架純...

名優達の演技のぶつかり合い
清野、新野の演技が光っていた
有村架純の自由奔放な役はビリギャルを思わせるようなはまり役
前編、後編でひとくくりになるのだろうが、ラストは次回作を想像させる

アップル
アップルさん / 2017年4月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観る人によって感じ方は違うんだろうけど ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

株主優待があったので観に行ってしまいました。
観る人によって感じ方は違うんだろうけど、

原作好きなら後編は観るな!!

というのが正直な感想です。

前編もダイジェスト版でイマイチだと思っていましたが、
後編もダイジェスト的に展開が早く、いじめ問題や妻子捨男問題までその流れで進むので、内容の薄っぺらさが際立ちます。

さらに映画向けに改変されたストーリーは感覚として8割程度が改悪

原作を知っているからこそ泣けたシーンとかありましたが、酷いと思ったところを挙げたらいくつ挙がることやら。。。正直見どころは主人公零の演技だけ。って感じでした。

Gaku
Gakuさん / 2017年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

史上最高の映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前編
松本一砂が零くんに負けておごれって言われて、
あかりさんの銀座のクラブに行くシーンの、
『知り合いがここで働いていて…』って入った零くんに
スミスが『どんな友達いるんだよ‼︎』ってつっこんだシーン。
スミスかわいい。

零がプロ棋士であることが川本家にバレて
零くんが表紙の将棋雑誌と零くんを見比べてるシーンでももちゃんか ポロっと『似てる♡』っていった。
ももちゃんかわいい。

後編
二階堂の車にこいのぼりついてた。
二階堂晴信(花岡)かわいい。

新人賞の賞状をみて少し嬉しそうに微笑む零くん。
零くんかわいい。

原作とアニメと思い入れがありすぎて、
ほぼまんべんなくどのシーンでも泣けてきた。
映画をみたからこそわかった零くんの気持ちもあったし、本当に原作アニメ映画とそれぞれで素晴らしい。
羽海野チカさんが原作で思い描いていた終わりが映画で表現されている。
最後の零くんと宗谷さんの対局のロケーションが壮大で美しすぎて、棋士の世界の壮大さを表しているようだった。もがきもがきもがき続けてのぼってきた場所が表現されている様だった。

ここからもまた原作は素晴らしいストーリーを歩んでいる。続編も強く希望します。

たくさんの人に知ってもらいたい作品。

kyoko
kyokoさん / 2017年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終わりにいくにしたがって、この話の中にいつまでもいたいような、そん... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

終わりにいくにしたがって、この話の中にいつまでもいたいような、そんな気がしてきた。
見ている間は退屈を感じていたんだけど、終わってしまうと残念だった。
みんなの気持ちがとてもよいということがわかったからかも。
幸田の父さんだけ、香子や歩への接し方に違和感あったけど。
将棋の対局がとても緊迫感あり、見入ってしまった。
指す音と心の声と表情で。
これは前編と同じだったが、良かった。

ずん
ずんさん / 2017年4月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

伊藤英明

彼の演技が際立っていたと思う。
ストーリー展開にも引き込まれ、長さを感じなかった。

ひで3
ひで3さん / 2017年4月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはこれであり

終わってない原作を元にラストを作るのは難しかったと思う。漫画的な要素をできるだけ現実に置き換えて、物語は進んでいく。モノローグの少ない後編の方が感情移入しやすく作品に入り込めた。島田、先生、三姉妹の父親、この配役は見事!

t@ny
t@nyさん / 2017年4月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

え?

原作を読んでいたら観ない方がいい
これ評価してる人はどこが良かったのかな…

aki
akiさん / 2017年4月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

心で感じる。

とても良かったです。
前編の方が色んな動きがあって見応えありましたが、後編は心に訴えかけてくるような重みがありました。
零君や川本家三姉妹に降りかかる問題、周りの人達との関わり合いなどが丁寧に描かれていて、思わず涙する場面もありました。

原作は未読ですが、前編後編ともにとても楽しめましたし、前に進む勇気をくれる作品でした。

Mi-chan
Mi-chanさん / 2017年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作の感じがよく出てます

シュールな感覚と緊張感がとても良かった

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2017年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念。。。

前編がかなり良かったので、楽しみに見たのですが、う~ん。。。ちょっと残念かな。。。
予告編では、結構、激しい急展開といった印象だったので、あの前編の後のこの展開は!?とかなり期待に胸を膨らませて見たのですが、ちょっと間延び感が否めませんでした。。。
失礼承知で言えば、ちょっと自分の演出に酔っちゃったんじゃないだろうかと感じちゃいました。。。

求む演出力向上
求む演出力向上さん / 2017年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

大友監督×神木隆之介=傑作

原作は「ほのぼの」・「シビア」・「女子味」・「漢気」というベクトルの全く違う4つの要素が入り混じっており、この難しい食材を大友監督は見事な包丁捌きで味わい深い料理に仕上げている。前後編で一つの作品として完成されているので、前編或いは後編だけ観ても中途半端でフラストレーションが溜まるだけ。2つ繋げて観ると成る程絶妙な塩梅となり、観終わった後に長く余韻が残るほどの感動が沸き起こる。味覚音痴やスナック菓子で満足するようなお子ちゃまにはまず理解できない至高の一品である。
役者も全員いい味出している。特に主演の神木隆之介は一流のプロ棋士ながらも少年らしい青臭さや、オタク特有の視野の狭い情熱を、表情筋の僅かな動きや眼つきで繊細かつ的確に表現しており、あまりに自然でただのドキュメンタリーなのではないかと思わされる程であった。
大友監督と神木隆之介という素晴らしい組み合わせで、ぜひ別の作品も観せていただきたいと切に願う。

ほの
ほのさん / 2017年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

泣いたよ。・°°・(>_<)・°°・。

前編観て感動しました。
後編観て泣きました。
大友監督最高です。

漫画の世界が実写になると、漫画そのものの映画が多い中、漫画を超える世界を作り上げて行く。
主役の神木君を始め、豪華なキャストがそれぞれの味を出している、贅沢な映画だと思いました。

よっぴー
よっぴーさん / 2017年4月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良かった

主演、ひたむきな神木くんの演技に呼応するような助演陣の素晴らしさが光るし、それを呼ぶ演出が秀逸。
将棋の一手に悩みや孤独、人生がある。

花形右京
花形右京さん / 2017年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

中途半端

原作のイベントは消化したいが、じっくり消化する時間が無いから独自の解釈を加えて端折る。
そんなスタンスだから無理が生じる。

キャラクター造形も漫画やアニメだから許されるものを無理に実写でやろうとしてどうする。
映像の中で浮きまくってるぞ。

日本の映画関係者には漫画の実写化をする際に、原作ファンを良い意味で切り捨てる覚悟を持ってもらいたい。

sm
smさん / 2017年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

酷かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全てのエピソードとそれに携わる登場人物の描き方が薄っぺらいせいで、原作の良さを大きく歪曲してしまっていた。

宗谷名人もスミス、一砂も薄っぺらいせいでただの嫌な感じに映ってるし、先生も人物像がほどんど描かれていない為ただの軽そうな教員になってしまっていた。

いじめのくだりも、父親のくだりもはしょりすぎていつの間にかいじめがあって、何もしないままいきなり解決したし、父親のくだりはさらに酷くて、川本姉妹が薄っぺらく、単純というかアホっぽくて、零だけが空回りして1人悪者みたいに描かれていた。

そのまま零へのフォローが何もないのに、そのくせ終盤にはなぜか零が改心したかのような流れてなぜか仲直り的なまったく意味不明だった。

一体何を伝えたかったのか?
原作通りにしなかったのは原作とは違うものを伝えたかったからだろうに。

これじゃただの原作の冒涜だ。

dai
daiさん / 2017年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

残念

前編を観て思わず原作を一気に完読しました
後編楽しみにしていましたが...
原作の意図ってこんなんだったっの?
いろんな要素を時間内に詰め込みすぎて
各々のパーツの背景が十分描かれず...
観ていて悲しくなりました
原作を読まずに観た方が楽しめたのかな

まぐ犬
まぐ犬さん / 2017年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

実写化とはかくあるべき

2部作と言いながら、なんつう終わり方!!これ、3部あるやないの?!

神木くん、上手いわーほんと神!!零くんの苦悩とか弱さとか、そして、そこから立ち直っていく様子を、よく表現してて、何度も泣かされました。
有村架純ちゃん、あんな愛らしいお顔で、あのやさぐれた姉ができるの??って心配でしたが、よく自分のものにしました。さすがです。

伊藤英明さん、真面目な顔するとほんと顔面が怖い。
伊勢谷さん、あんなチョイ役というか、クズ役だったんだ。伊勢谷さんの使い方贅沢すぎじゃないですか??

誰一人として足ひっぱってないのがいい。実写化というのはかくあるべきというのを、見せつけられた気がします。大友監督、天才。

凛
さん / 2017年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

泣ける ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作での苛めの描写。友達のちほちゃん >>> ひなた
映画では、 友達のちほちゃん << ひなた
で、ちほちゃんがひなたに感謝している場面とかばっさりなくなっているというのが、残念。あと、ひなた役の演技がまずいのか、演出がいまいちなのか、いじめシーンがわざとらしくて下手すぎてすごく残念。これがマイナス0.5点の理由。
しかしながら、神木の神演技で涙腺崩壊。「不思議だ・・・」以下の空想シーンで感情移入しまくった。
男が涙を流すシーンが多いのが特徴の後編。演技が上手いから演技者に同化して涙が出る出る。はぁ~~~~、たくさん泣けたなという映画でした。

なかがわ(*^_^*)
なかがわ(*^_^*)さん / 2017年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

45件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi