真田十勇士のレビュー・感想・評価

メニュー

真田十勇士

劇場公開日 2016年9月22日
133件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

最初と最後がだめ。 どんでん返しのあとにつけたオチもドタバタで可愛...

最初と最後がだめ。

どんでん返しのあとにつけたオチもドタバタで可愛い感じにしたかったのか、なんだろうこの感じ・・・の終わり方。題材が活かされていない凡作。

yonda?
yonda?さん / 2017年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スカッとしない。

ブームに乗った感じの作品。
真田幸村が使えない設定だが、そこは真逆の方が見ていてスカッとしそう。
大島優子の出番が少なかった。
こんなもんですね。

Katsuton
Katsutonさん / 2017年10月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか

なんかひどい感じでした。
勘九郎のノリが馴染めない。

walkindude
walkindudeさん / 2017年10月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

風格なし

軽い。

カイギョーイ
カイギョーイさん / 2017年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真田丸の便乗商品??

中村勘九郎だけ妙に浮いてて、なんか妙な映画だった(^^;
役者の顔もよく見えなくて、せっかくのキャストも台無し。
「真田丸」に便乗して作られた映画だろうか・・・。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2017年8月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめる

映画はこうでなくては、と思わせる作品。天才が生き残るか、凡人が生き残るか、と昔ながらのテーマを内在つつコミカルな部分もあり、楽しい。

king tondo
king tondoさん / 2017年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真田十勇士 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず最初のアニメが糞。アニメ映画借りてきたかと勘違いするし、アニメである必要性が全くなかった。奇抜さを履き違えて痛い作品。真面目に歴史物楽しみにきて最初に寒いアニメ見せられたら萎える。あとアニメ棒読みすぎ。
大島優子の演技がひどい。最愛の人死んでるのに涙も流さず上向いて叫ぶだけ。声ガラガラ。
史実に沿わなすぎ。奇抜さ追い求めてゴール見失った感じ。とにかく悪い方向に奇抜。オチで秀頼が天草四郎ってギャグかよ。とにかく後半の話がめちゃくちゃすぎて見てられない。
歴史物で必須な物事の経緯がまるで描かれていない。歴史知らない人が見たら何がなんだかわからない。視聴者置いてけぼりの自己満作品。
せっかく多大な犠牲払って家康の眼前に迫ったのに何もせず犬死にとか意味がわからない。一矢報いて死ぬならわかるけど本当に何もせず、ただいっぱい走って死にに行っただけ。何がしたいのかわからない。
幸村が大助に行け!って叫んだシーンも納得いかない。勝ち目ないのに何の策もなく息子突っ込ませて、当然のように打ち殺されて、それで死んだら悲しむとか意味わからない。
アクションも糞。ワイヤーアクション丸出しでかっこ悪い。
あと十勇士が風の噂で大阪に知らないものはいないみたいな設定もいらない。もてはやされてサスケがすげえジャンプしてドヤ顔するシーンも寒い。
才蔵が飛んで戦うのも寒い。キャラや戦い方に個性出したいのはわかるけど、もっと別のやり方で個性出せなかったのかと思う。普通に地上で必死こいて戦え。
最後秘密の火薬庫みたいなとこで上からワイヤーでぞろぞろ敵出てくるシーンとか萎えた。いろいろ萎えた。
幸村の軍略がたいしたものでもないのにサスケも才蔵も褒めすぎ。味方が引きつけてる間に突っ込もうぜってそれだけじゃん。
大阪五人衆の扱いが酷い。後藤基次は呆気なく死ぬし、頑張った毛利勝永の描写も全くなく、明石全澄と長宗我部盛親については出てきさえしない。真田に重きを置きすぎて全体像が見えない。後半のぐだぐだ無くしてこっちに注力すればよかったのに。
あの真田丸で隠れてたやつ、最後になんか功績立てるのかと思ったら何もなくフェードアウトして作品に存在する価値がない。
徳川側のなんか強いやつ、名前最初にちょろっと出てきただけであとは名前呼ばれる描写がないから誰だかわからない。ポッと出の奴が最終ボスみたいな感じでサスケと対峙しててお前誰だよと思った。あとその戦いが決着の描写なく終わってるのも納得いかない。
ユーミン合わない。
星1つ付けるのも勿体ない駄作。制作費も勿体ない。レンタル料も勿体ない。
キャストはよかったです。

け
さん / 2017年7月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

騒がしい

最初にアニメーションで勇士達の出会いが描かれている。途中でアニメーションではありませんというテロップが出てくるけど、もう少し早く出して欲しかった。早送りして実写で有ることを確かめちゃったし。

内容は特別面白いわけでもないけど、暇つぶしには十分。

それにしても加藤雅也ってものすごい美形だな。。
出番が少ないのが残念だ。

大島さん、熱演してたけど大根だな。正直見ててつらい。

おこげ
おこげさん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通!

ちょっとコメディチックなところもあったけど、何も考えずにみる分には良かった。
キャストは良かったけど、感想としては、可も無く不可も無く。普通。

なな姐
なな姐さん / 2017年7月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメではない

舞台の映画化で、監督、主演は同じ。
猿飛佐助(中村勘九郎)や霧隠才蔵(松坂桃李)たち真田十勇士が、やる気のない真田幸村(加藤雅也)を支える。
淀君は大竹しのぶ、主題歌は松任谷由美。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年7月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端

破茶滅茶で破天荒な時代劇、にするならいっそエンディングのアレを本編にすれば、面白かったかも。

なんか勿体無いキャストは良かったのに。

冥王星
冥王星さん / 2017年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台番の方が良かったかな。

舞台番の方が良かったかな。

デブ・ピエロ
デブ・ピエロさん / 2017年7月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よき。

キャスト陣なかなか良い。
なんだけど、大島優子が足引っ張ってるなぁ。テレビドラマには向いてるかもしれないけど、こういう口調の役柄はやめていただきたいなぁ。。。

他は、中村勘九郎さんの表情だったり動きだったり、声色だったり。はまり役でした。

松坂桃李さんも最初半信半疑で見てたけど、ピッタリ(笑)霧隠才蔵!

最後のエンドロール中のオチも良かった。

レンタルして見る価値はある。

Eddie
Eddieさん / 2017年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと中途半端かな 笑いを取るならトコトンやって欲しかった。

ちょっと中途半端かな
笑いを取るならトコトンやって欲しかった。

ポッキー
ポッキーさん / 2017年4月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

出だしは良かった

オープニングは斬新で良かった、それだけかな。とにかく衣装を含めてセットが新し過ぎる、新品使ってる侍なんていねーだろ。

はなたけライダー
はなたけライダーさん / 2017年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松坂桃李

かっこいい。とにかく最近かっこいい。
中村勘九郎もさすが役者って感じで、ゲームの方のサルトビサスケ的な感じでよかった。
レビュー評価低いけど、戦国時代ってほんと哀しい時代だったんだな。って思う。
はー、松坂桃李かっこいい。

misakisan
misakisanさん / 2017年3月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶命シーンが最高!!

軽快で面白かったです。十勇士に幸村の息子が加わっているのが大石主税みたいで良いです。戦場のパートは何度観ても良いし、絶命シーンも最高です。幸村退場後の展開は普通でした。淀殿が老け過ぎです。冒頭のアニメは初回は良く分からなかったので、本編鑑賞後にもう一度観たら、実写に切り替わり名乗りを挙げる所で泣けました。やはり幸村あっての十勇士ですね。エンドロールの紙芝居は余計ですし、ユーミンの主題歌も合っていないと感じました。ポスターの題字は毛筆が良かったです。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年3月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端でくだらない

キャストはそこそこ良いし、監督もね~
歌は松任谷由実
なのに何でこんなくだらない映画にしたのか....全てが中途半端。

天使
天使さん / 2017年3月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松竹×NHK×テレ朝共同製作みたいな映画

最初の10分、ナレーションといいアニメといい「NHKが作ってんのか?コレ」と自分が何観ているのか疑問に思うだろう。(映画なんですけどね、、、)

大阪冬の陣&夏の陣、真田十勇士を題材にした映画。
俳優陣は豪華。
金はかかっているんですよ。CGもたっぷり使ってるし。
だけど「真田十勇士じゃなくてもいいんじゃない?」感が半端ない。

松竹は東映と違い実写で娯楽映画はヘタだなぁと感じる。
画面越しに面白さが伝わって来ないのである。
それは行動やセリフが地味過ぎるから。
ふざけ感はあるのだが、笑うセリフが無い。
脚本家誰よ?仕事してんのか?
1番のふさげ役&時にはカッコイイ役であるべき猿飛佐助扮する中村勘九郎がパッとしない。

CGのみで笑いを取ろうとしちゃ駄目よ。
しらけムードたっぷりだ。
映画時間も長いし。
松任谷由実のエンドロールで流れる主題歌も合わない。

真面目でも娯楽でもどっちつかずです。
これだったら「のぼうの城」みたいな娯楽感たっぷりな映画にしてもらいたかったな。真田丸など使って。

松竹×NHK×テレ朝共同映画みたいな映画
(実際は松竹×日テレ×読売テレビなんですけどね)
お互い「あれじゃない、コレじゃない」と言い合いながらいい所潰して作った映画に感じた。

俳優がカッコイイとかでは観れません。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

幸村を。プロデュース

劇場公開時はNHKの大河ドラマも好評を博し、屈指の真田イヤー。
しかし、ドラマも見てなければ歴史にもちと疎く、真田幸村の名ぐらいは知ってても、どんな人物なのか詳しくは知らない。
色々調べてみると…、多くの戦で武勲を立て、“日本一の兵(つわもの)”とまで称された、戦国時代末期の英雄的武将。
映画化やドラマ化は数知れず。
で、その幸村は実は腰抜けで、英雄伝の陰には十人の勇士が居た!…という大胆な発想の舞台劇を、同じ堤幸彦監督&中村勘九郎主演で映画化したのが本作。

主君を英雄にする一大作戦。
抜け忍の佐助を始め、集まった個性的な十人。
各々のドラマ、幸村と十勇士の絆。
戦の中で目覚める幸村の英雄魂。
笑いあり、陰謀あり、涙あり、ド派手なアクションもたっぷり。
ユニークな発想は面白く、戦国武将をアニメやゲームで親しんでいる世代には見易い時代劇エンターテイメント。
しかし!これは好みが分かれる。
ちなみに自分はダメダメな方だった。

冒頭十数分はアニメ。堤らしいお遊び感のある演出。
この時点でダメな人もいる筈。
別にアニメやそういう演出が悪いって言うんじゃなく、「真田丸」が好きで本作を見た人も多く、本格時代劇を期待したら肩透かし。
幸村が主役じゃなく、主役は十勇士の一人、佐助だし。
自分ももうちょっと本格的な娯楽時代劇を期待してたので…。
アニメやゲームで時代劇を嗜む世代へのアピールが見え見えで、いきなり萎えた。

本格時代劇的シリアス描写も無い事は無い。
だけど本作、せっかくの題材から娯楽時代劇に一貫した方が良かったと思う。
アクションやコメディのシーンと、シリアスなシーンの温度差が激しい。メリハリと言うより、何かしっくり来ない温度差を感じてしまった。
あざとく、臭く、感動を狙いすぎ。
アップテンポな演出のままドラマや感動を広げる事だって出来た筈だ。
その辺、「のぼうの城」は巧かった。

快活な佐助役の中村勘九郎、クールな才蔵役の松坂桃李は良かったが、他の面々は特に印象残らず。
下手な鉄砲数打ちゃ当たると言うが…、
三池崇史と堤幸彦はもうちょっと作品を選んだ方がいいように思う。

近大
近大さん / 2017年3月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

133件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi