君の名は。のレビュー・感想・評価

メニュー

君の名は。

劇場公開日 2016年8月26日
1684件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

新海誠よ、ラストはそれで良いのか?!

新海誠監督の作品を見た後に、切ねええええ……って言うのが好きだったんですが

君の名は。………
うん…まあ大衆ウケはこっちなんだろうけど…何かなあ…って思いました。

絵は相変わらず美しいです。

とよぴ
とよぴさん / 2017年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽がすごい

ストーリーはSF的には物足りないかもしれませんが、若者のエネルギーを描く前々前世の音楽と映像が最高にかっこいいです

しんのすけ
しんのすけさん / 2017年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脚本の巧みさ

10年前ならアニメーション映画を映画館で2回観るなんて考えられなかった。根拠のない偏見を持っていた。変わったのは子どもとアニメーション映画をみるようになってからだ。食わず嫌いはいけないとつくづく思う。
すごい笑うかすごい泣くかしてスカッとしたくて見に行った。今回も同じ3カ所でグッときた。前回、脚本と演出の巧みさを感じたけれど結構直感的だった。もちろん泣き笑いには感情がついてまわるから観る人によって違うという前提だけれど、2回めで同じ反応をするというのはその裏づけだと思う。吉本新喜劇も脚本と演出がよくできてるから笑う。たとえ全部お見通しでも。
映画を観て「意味がわからなかった」という人がいる。「意味わかんない」を私は忌み嫌う。その一言で、対象も自分も「バカです」と片づけて逃げる印象を受けるから。
私は「作品の意味」の意味がわからないから、ストーリーがわからなかったのか、メッセージがわからなかったのか、ただくだらないと感じたのかを尋ねるのだけど、たいがいはないまぜになっている。
そしてたいがい「観たいように観ればいいじゃん、テスト受けてるんじゃないんだし」ですませる。すると相手はだいたい不満そうにする。マジメなんだろうな。

hideaqui
hideaquiさん / 2017年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありそうで最近無かった入れ替わりモノ

よくある入れ替わりラブコメであっても年代が変わると描写が変わってくるが、最近しばらくなかった現代での入れ替わりラブコメを描いていたように思う。

序盤までは。

中盤から若干冒険モノの色が強くなり、核心に迫るにつれて揺さぶられる。緊張感を伴った田舎が舞台の冒険という意味では若干ジブリのような雰囲気もある。

ただ隕石落下というのもちょっと使い古されすぎ感があった。機動戦士ガンダム逆襲のシャアでもアイドルマスターゼノグラシアでもそうだし、最近だけでもナルトザラスト、エースコンバットインフィニティなんかも隕石落下をテーマにしている。

言の葉の庭や秒速5センチメートルのセルフオマージュもあるので、古参のファンはお楽しみに。逆に新参者は、過去作は君の名は。とは後味が異なりすぎるので観賞には注意。特に秒速5センチメートルはどうしようもなく救いが無い。このあと観るならご覚悟を。

オノキチ
オノキチさん / 2017年5月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかったです

最初の空と音楽だけで、ゾワッと来ました。あとはテンポも良かったし、主役2人が可愛らしくて、最後まで飽きずに一気に終わった感じ。伝統的な巫女と神社と宇宙というコラボが新しかった。でも、地球人も宇宙人なら当たり前か。最後、2人が会えて良かった。新海監督のはちょっと寂しいエンディングが多いから。

ツムジ
ツムジさん / 2017年5月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただひたすら綺麗

アニメにあまり親しみがない人でも、抵抗なく楽しめる作品でした。映像や音楽(曲はもちろん、効果音も!)が素晴しいので、ストーリー自体は非日常的なのに、なぜかリアリティ溢れてます笑
ただ、日本映画の歴代興行収入ランキング5にランクインするほどの超人気映画なので、観たことない人でもストーリーをなんとなく知ってる人も多いはず…
新鮮さを求める人にはちょっと物足りないかもしれないです。

Kirin
Kirinさん / 2017年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キラキラしてた。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キラキラしてました。
街並みも、自然も、人物も。
こんなのがあったらいいなあ、と思えるようなキラキラ感。
面白かった。

ミュージックビデオのような感じ。
長尺のTVアニメーションのオープニングかエンディングを観ている感じがした。
モノローグが多かった。
これから先、『「君の名は。」のように作られた作品』が出て来るのではないか。

新しい感じのした作品。

とけい
とけいさん / 2017年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

練られた演出がすごい

過去作からの積み上げが見事にまとまり花開いた一本!

以前から美しい色彩と細かな街並みの表現が好きで過去作も見ていましたが、ポエミーで感傷的な台詞劇がなんともこっぱずかしくて周りに進められずにいた監督だったのですが…
今回はその辺りも切替テンポの良さと音楽との相性で自然と受け取れる様になり大ヒット作に。
監督ご自身の作品の味と世界観に対して、良さを曲げずに観客に伝える為にかなりの客観性を持って制作に挑まれたのではないでしょうか。

以前は男女2人の間で進む淡々とした独白でつくられる2人の世界をベースに、それを取り巻く危機的状況も何処か他人には関係ない雰囲気で世界観をつくっていたのが印象的でした。本作にいたって周りのキャラクターにきちんと肉付けがされた事で物語に展開の幅ができ、結果主人公の存在感が増し話にも厚みが出たのでしょう。
ニッチな魅力が無ければヒットは生まれない。

合う合わないは別れそうですが、物語のテンポ構成演出は今だからこそ出来るものが詰まった素晴らしさだと思います。

てけと
てけとさん / 2017年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり合わなかった…。

新海誠作品はふたつほど見ましたがふたつとも合わず新作が出ても見なくなっていました。今作は話題になってたので久しぶりに見てみるかと見てみましたがやっぱり合いませんでした。

ローサンソン
ローサンソンさん / 2017年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

全然面白くなかった

DVD借りてみたけどそのまま割ろうかってぐらいつまらなかった

碌Ⅳ
碌Ⅳさん / 2017年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

かなり泣いた

見終わっても泣きすぎて動けなかったわ

L(・o・)」
L(・o・)」さん / 2017年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キレイな映画

私は女性ですが、個人的には、わりと“男の子目線”の強いストーリーだなと思いました。泣けるところは無かったけれど、美しい景色の描写が印象的でよかったです。

nyaoline2
nyaoline2さん / 2017年5月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人物描写も安定したが

映像が素晴らしく、映画館でみれて良かった。これまで風景と人物のクオリティに差を感じるほど、風景が素晴らしかったから、今作品でようやく均衡がとれたように感じる。
ただ、予告も評判も良かったけど、テンポが悪いところがあったり、もう一歩入り込めなかった。

とまとのなっちゃん
とまとのなっちゃんさん / 2017年5月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

予想外

入れ替わることしか知らずに観にいったので予想外のストーリーで面白かったです

amco
amcoさん / 2017年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

文句なし!!!

今回2回目の鑑賞です!!
前回は公開初日に観に行って来ました!!
実に八ヶ月ぶり程です!!笑

これは本当に名作ですね!!!
何回観ても良い!!!
ストーリーも絵も声もバッチリ!!!
本当に文句なしの映画です!!!!

ラズ*
ラズ*さん / 2017年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

良作

周りからのの、評判により私自身の中で期待値が上がりすぎていたのもありました。
純粋に良い映画でした。
しかし社会現象になる程かと言われたら個人的な好みになるとおもいます。

ユタ
ユタさん / 2017年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

純粋にいい

映画館に足を運ぶことも少ないし、ましてやアニメはあまり見ませんが、たまたま時間が空いたのと結構話題ということで何気なしに見たら…まさかのどハマりで、アホかというくらい繰り返し映画館に通うことになるとは…
同じ映画館では…あのオッさんまた来たか…と思われるのが嫌で、別々の映画館に足繁く通ってしまいました。
涙することはないけど、こんな物語があっても良いな〜と純粋に思ってしまいます。
ほとんどの映画館で上映が終了してしまうので、記念にレビューを書いて見ました。

しぶかわのもち
しぶかわのもちさん / 2017年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

超ヒモ理論だ!笑 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

てっしーが序盤で多世界解釈の雑誌を校庭で出してたところや、時間を飛び越えるトリガーを紐にしていたこと、紐の説明でやたら時間の解釈的な文言を繰り返していたことなどが伏線だと思うのですが、単なるSFとしてでなく最新の宇宙論や時間に対する議論を芯に通していた印象。超ひも理論は並行(多元)宇宙を予言するし、多世界解釈も絡んでくると時間の定義って本当に曖昧になります。

Say-G
Say-Gさん / 2017年5月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2回目でこの満足感

本日が上映最終日ということで2回目。
初回で漠然と理解していた細かい部分を改めて見直すと、「ああこうだったのか!」と納得する事が多々ありました。伏線など気付ける部分が多く面白い。
2回目なのに初回より感動しました◟̆◞̆

物語もよく考えてあるなぁと思え、劇場ならではの絵の美しさと音楽の一体感。
過大評価や騒ぎ立てすぎだ等の声もありますが私は素直に良い作品と思えます。ここまで時代に読み取って丁寧につくり込まれたアニメ映画は中々ありません。すごい!

あかり
あかりさん / 2017年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

世界を覇権する日本製アニメの金字塔 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見始めてすぐに、その素晴らしさに「風の谷のナウシカ」を見たとき以来の大きな衝撃を受けた。日本のアニメーション界に大きな金字塔を立てる作品であると同時に、世界へ打って出て大きな勝利が得られる作品との確信が、見終わってすぐに得られた。

何がそれほど素晴らしいのか?

第1に、メインキャラクター達の表情等、絵的設計が素晴らしかった。男っぽさとワイルドさも相当に備えた立花瀧の作画は、神木さんの声も相まって日本のアニメ史上最高!?の格好良い男の子に思えた。ヒロインの宮水三葉さんの表現も、可愛らしさと真っ直ぐさにコミカルな感じも加えられ、とても素晴らしかった。そして、何よりも、三葉が入った瀧君は、優しさに仄かな色気もある上に神木さんの演技賞ものの声の表現も加わり、今まで全く見たことが無い魅力的なキャラクターとなっていた。瀧の先輩の奥寺ミキさんが好きになって忘れられなくなってしまったのも納得できた。キャラクターデザイン担当の田中将賀さんの類い稀な才能に、深海監督の演出と安藤作画監督の解釈に才能有る俳優陣の表現が加わり、素晴らしく魅力的なメインキャラクターが創作されたことに、大きな拍手をしたい。

次にやはり、新海監督の特徴である景観の美しさに、安藤さんの参加もあってか、さらに深みと凄みを感じさせた。都会と田舎を交互に見せ、そこに心象的要素も入っていて、とっても魅力的であった。通学路、三人で降り立った飛騨の駅、神社の神楽殿、そしてカルデラ湖と外輪山。それと対照的な、瀧のマンションから見える東宮御所?さらに赤坂のビル街と思われる遠景、奥寺さんと待ち合わせた四谷駅前、雨で濡れた新宿駅サザンテラス奥の路面タイルに映るスタバの緑の光、三葉が座っていた代々木駅ホームのベンチ、三葉に携帯をかけてた信濃町の歩道橋、などなど、こんなに美しい、そして魅力的な東京の街は初めて見た気がした。感情が投影されているからか、馴染みある平凡な場所の素敵さに、とても感動してしまった。そして結果として、見事なまでに、東京、及び日本の観光PRにもしっかりとなってもいた。

さらに、本映画では、新海作品としては従来作品とは異なり、よく練られたストーリーと圧倒的に見るものを引き込む大きな展開と疾走感が、本当に素晴らしかった。時間を超えて入れ替わるというのは謎を産み出す秀逸なアイデアである。そして、流れ星での大災害設定も、映像的な美しさと3.11を思い起こさせるとともにそれと闘う社会的メッセージを含ませられ、とても独創的と感じた。巫女舞及び赤い組紐も、日本を感じさせる道具立てとして、とても魅力的であった。優れたエンタテイメントにさせる意味で、今を感じさせるリズム有する音楽と広がりを持たせた歌詞の付与も、世界に通ずる高品質なブランド商品としてのの付加価値付与に貢献していた。

助走期間もあったが新海監督の類い稀な才能の基、日本のアニメ界の実力者達も加わって、新しいタイプの世界トップレベルのアニメーションの誕生に、乾杯である。

Kazu Ann
Kazu Annさん / 2017年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

1684件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi