あやつり糸の世界
ホーム > 作品情報 > 映画「あやつり糸の世界」
メニュー

あやつり糸の世界

劇場公開日

解説

ニュージャーマンシネマの鬼才ライナー・ベルナー・ファスビンダー監督が1973年に発表したSF映画。仮想世界を作り出し、未来社会を予測可能にする「シミュラクロン」の開発を進める未来研究所。謎の死を遂げたフォルマー教授の後任として研究主任の座に就いたシュティラー博士は、ある日、保安課長のラウゼが忽然と姿を消し、エーデルケルンという別の人物が保安課長になっていることに気付く。実験のため自らシミュラクロンの仮想世界に入ったシュティラーは、そこで消えたはずのラウゼの姿を見かけるが……。バーチャルリアリティによる多層世界を、鏡を多用した画面や電子音で紡ぎだした。原作はダニエル・F・ガロイの小説「模造世界」。日本では特集上映で限定的に上映される以外、長らく未公開だったが、2016年3月に初の劇場公開が実現。

キャスト

作品データ

原題 Welt am Draht
製作年 1973年
製作国 西ドイツ
配給 アイ・ヴィー・シー
上映時間 212分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全5件)
  • あやつる世界の繰り返し。 全くSFな描写が皆無だが映像全体の雰囲気にSFを感じられるし不思議な実験的な映像に電子音や奇想天外な場面など興味の持続は保たれるし謎解き感覚で楽しめる。 第2部から逃走劇になりSF的な魅了された... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年6月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 欲望のノワール ネタバレ! ファスビンダー監督。1973年製作のテレビドラマ。 ストーリー自体は難しくない。「現実が投影された仮想世界が幾層にも重なっている」…SF映画では、おなじみの展開。『マトリックス』『ダークシティ』... ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2016年3月25日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 時代を先取りした実存主義的SF映画 本作は、『秋のドイツ 』や『シナのルーレット』『マリア・ブラウンの結婚』『リリー・マルレーン』に先立つ1973年の作品で、元はテレビ作品らしい。 (なるほど、だから長尺3時間30分なのね) それ... ...続きを読む

    りゃんひさ りゃんひささん  2016年3月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「あやつり糸の世界」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi