ヘイトフル・エイト
ホーム > 作品情報 > 映画「ヘイトフル・エイト」
メニュー

ヘイトフル・エイト

劇場公開日 2016年2月27日

解説

「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ監督の長編第8作で、大雪のため閉ざされたロッジで繰り広げられる密室ミステリーを描いた西部劇。タランティーノ作品常連のサミュエル・L・ジャクソンを筆頭に、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーンが出演。全員が嘘をついているワケありの男女8人が雪嵐のため山小屋に閉じ込められ、そこで起こる殺人事件をきっかけに、意外な真相が明らかになっていく。音楽をタランティーノが敬愛する巨匠エンニオ・モリコーネが担当し、第88回アカデミー賞で作曲賞を受賞。モリコーネにとっては、名誉賞を除いては初のアカデミー賞受賞となった。70ミリのフィルムで撮影され、画面は2.76:1というワイドスクリーンで描かれる。

作品データ

原題 The Hateful Eight
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 168分
映倫区分 R18+
オフィシャルサイト  

インタビュー

種田陽平が振り返る、タランティーノと70ミリワイドスクリーン
インタビュー

鬼才クエンティン・タランティーノが放つ最新作は、彼自身のオリジナル脚本によるバイオレンスミステリー「ヘイトフル・エイト」。吹雪の雪山にある山小屋で出会った8人の密室劇で、見事なセット美術を作り出したのは、「キル・ビルVol.1」でも美...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

クエンティン名物満載!ミステリー要素が新鮮な西部劇版「レザボア・ドッグス」
ヘイトフル・エイトの映画評論・批評

「クエンティン・タランティーノのセリフほど役者に言ってみたいと思わせるものはないぜ」と、サミュエル・L・ジャクソンは言った。「ヘイトフル・エイト」の撮影現場でのことだ。サムに限ったことではない。カート・ラッセルもマイケル・マドセンもテ...ヘイトフル・エイトの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全189件)
  • 痛い痛い痛い観てられない 死にまくります。とにかく、みんな死んじゃうか死にかける。 もう、わけわからんぐらいに殺し合います。 そして、長いです。 しかし、この映画後半からおもしろい! ...続きを読む

    Ayaka Ayakaさん  2016年7月20日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 舞台劇を観てるようで引き込まれる ネタバレ! 長いですが舞台劇を観てるようで引き込まれました。最初胡散臭いなあと思っていた自称保安官が印象が薄いまま続き最後男をアゲる物語は大変見事でとても興奮しました。種田洋平デザインの山小屋も素敵でした。 ...続きを読む

    DAIMETAL DAIMETALさん  2016年7月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 好き嫌い別れるらしいけど 私は大丈夫でした。 ストーリーは場面転換があまりなく長ゼリフで回していく演劇のような流れ。 推理要素にサスペンス、グロ、迫力もいいバランスで。 久々に当たり来た!って思った。 ...続きを読む

    千枝 千枝さん  2016年6月29日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi