ヘイトフル・エイト : 映画評論・批評

ヘイトフル・エイト

劇場公開日 2016年2月27日
2016年2月16日更新 2016年2月27日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほかにてロードショー

クエンティン名物満載!ミステリー要素が新鮮な西部劇版「レザボア・ドッグス」

クエンティン・タランティーノのセリフほど役者に言ってみたいと思わせるものはないぜ」と、サミュエル・L・ジャクソンは言った。「ヘイトフル・エイト」の撮影現場でのことだ。サムに限ったことではない。カート・ラッセルマイケル・マドセンティム・ロスも、みんながセリフに夢中。どの言い方が最高に効果を発揮するかを探りながら、何度も何度もテイクを重ねていた。それも嬉々として!

見ればなるほど、と思うだろう。クエンティン8作目、2度目の西部劇は彼のトレードマークがいっぱい。とくに前半は本筋とは関係なさそうな、しかし型破りなキャラクターを語るユニークな会話がこれでもかと続くのだ。ときは南北戦争の6~10年後。ワイオミングで猛吹雪に見舞われた駅馬車が山小屋の雑貨店に到着。賞金稼ぎや賞金首、自称新任保安官やカウボーイ、処刑人など、憎悪に満ちた嫌われ者の8人が吹雪に閉じ込められた密室でお互いを罠に掛け合い、騙し合う。チャプター(章)立ての構成も、後半に時制軸を戻して話を転がすストーリーテリングもお馴染みの手法だし、バイオレンスも血しぶきもたっぷりで西部劇版「レザボア・ドッグス」と呼ぶこともできるだろう。ただしこれが新しいのは、ミステリーの要素が盛り込まれている点だ。

画像1

とはいってもミステリーらしからぬ展開で、後半はアッと言わされっぱなし。謎解きや伏線がどうのというより、やはりクエンティン名物の「矛盾に満ちたキャラクター」、「先が読めない急旋回」がお楽しみなのだ。そしてそこにはクエンティン自身が感じてきた、差別というアメリカの病巣が浮かび上がってくる。それをあぶり出す役者たちの、まるで舞台劇のような芝居の見事なこと! クエンティン組スーパースターズに一歩も引けをとらない紅一点、ジェニファー・ジェイソン・リーの破壊力はブリザード級だ。これは間違いなく、クエンティンがまた極めたと言える一作なのである。

それにしても忘れてならないのは、これが70ミリフィルムの「ウルトラ・パナビジョン70」で撮影された映画だということだ。クエンティンは70ミリの映写機を使って序曲と休憩、プログラムをつけたロードショー形式の上映を、アメリカでは約100館の映画館で実現させている。これはクエンティンが自分を育ててきた本物の映画体験を観客に味わってほしいという願いにほかならない。なのに日本では1館たりともこの形の上映ができないなんて……無念だ!

若林ゆり

関連コンテンツ

インタビュー

種田陽平が振り返る、タランティーノと70ミリワイドスクリーン
インタビュー

鬼才クエンティン・タランティーノが放つ最新作は、彼自身のオリジナル脚本によるバイオレンスミステリー「ヘイトフル・エイト」。吹雪の雪山にある山小屋で出会った8人の密室劇で、見事なセット美術を作り出したのは、「キル・ビルVol.1」でも美...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全232件)
  • 面白かった タランチーノの今までの作品はイマイチ好きになれなかったが、この作品はミステリー仕立てで良かった。 ...続きを読む

    あっちゃんのパパと あっちゃんのパパとさん  2017年2月26日 19:09  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • リアルタイム いや~~~~スゴい❗実に面白かったです ...続きを読む

    ほっしー ほっしーさん  2017年2月22日 17:15  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ミステリータッチ タランティーノのミステリー調西部劇。 賞金稼ぎが二人、サミュエル・L・ジャクソンは死体が三体で八千ドル、カート・ラッセルは賞金一万ドルの女(ジェニファー・ジェイソン・リー)を連れている。 これに... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年2月16日 21:44  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライト ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi