スポットライト 世紀のスクープのレビュー・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ

劇場公開日 2016年4月15日
284件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

骨太でしっかり描ききってる

2年前のアカデミー作品賞やっと鑑賞。

評判通り良かった。
骨太の社会派作品は最近の好みなので、満足。

10年間プロテスタントの学校に通ったとはいえ、日本人的に「教会」の存在っていうのはなかなか実感しにくい。
(そもそもプロテスタントは牧師さんだったし。)

本作鑑賞後に神父による性的虐待事件についてさらに記事を読んでみたけど、当時当たり前のように隠ぺいされた出来事が、今作品賞を取るっていうのは改めてすごい。しかもそんなに昔のことじゃないのに。
アカデミーは時代を反映する。だから面白い。

映画に関していえば、どのキャストも素晴らしい演技。前年にバードマンで話題になったマイケル・キートンも、そして助演女優賞にノミネートしたレイチェル・マクアダムスも。

こういう映画をもっと見たい。

rakopon
rakoponさん / 2018年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

登場人物たちの静かで熱い思い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

地味といえば地味かもしれないが、こういう一つ一つの積み重ねで社会が動いているんだ、と思う作品。

特に「今が大事なんだ」と主張する現場記者と「そうではなく、システムを変えなくてはいけないんだ」と主張する部長とのやり取りは必見。

ともすれば単なるありふれた構図にしかならないかもしれないが、自分が浸かっている社会(宗教的意味で )で、自分が被害者になり得たかもしれない、という恐怖感や、この一分一秒に被害者が生まれているのだ、という焦燥感が見えたのもまたよかった。

自分達が思っていたより遥かに多い被害者・加害者が見つかった、しかし公表後はもっと多くの人たちが被害者だったとわかった。

一番最後の字幕で出た数多くの都市の名前、そしてその数以上の被害者たち。

登場人物たちは何を思ったのだろうか。

喜び、安堵、後悔、感謝、怒り・・・色々なものが連想されたし、「アメリカの、宗教の話だけではない」というのが製作側の意図なのかとも思った。

ともかく、いい作品を見せてもらった。

Hiromu Amemiya
Hiromu Amemiyaさん / 2018年3月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

硬派で骨太

教会も新聞社も、不完全な人間の組織だと描いていた。誇りがあり、利得に動き、見落としもする。

全編通して新聞社側から描いていた。神父や弁護士のドキドキする映画演出的な画策は無し。だから骨太で硬派になっていたと思う。

アメリカの文化、実生活における神父さんの立場がよく分かった。

アメリカ国民にとっては衝撃で、忘れてはいけない点でもあるからアカデミー作品賞を取ったような気がします。

カルカソンヌ
カルカソンヌさん / 2018年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジャーナリズム

吹き替えで見たが、俳優陣と声優陣の演技が良くてスムーズに物語に入ることができた。
地味という意見については、事実を基にしている作品なのでその方がいいと思うし、逆に緊迫感があって淡々と進んでいく形は非常に良かったと思った。
登場人物の情熱が凄まじくジャーナリズムに憧れさえ抱いた。
こんなジャーナリスト達が増えたらいいなと思えた。

え
さん / 2018年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本来のジャーナリズムの在り方 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ペンは剣よりも強し、随分聞かなくなった言葉であるが、この作品の中では粘り強い記者の行動から教会が隠蔽してきた事実が暴かれる。
そして、これが実際に起こってきた出来事であり、リアルタイムで起こり続けている事に恐怖を感じる。
人の心の自浄を促す神父や牧師が起こす犯罪に教会の自浄作用が皆無に等しいのは悲しいかな妻帯しない事も色々関係があるとは思うが、子どもを狙った卑劣さ、罪に問われず新たな地域に赴任し再犯を重ねる等、まったく救われない。
聖職者足り得るのは、誠にもって難しいと思うが、性色に溺れる者を聖職者として職務に就かせるのは如何なものか?

本当に恐ろしい内容で解決しないままラストを迎えなくて良かった。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年12月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジャーナリズムのあり方

カトリック教会による性的虐待の隠蔽を暴いたジャーナリスト達を描いたドキュメント映画。

力量のあるキャストと、淡々と進む展開の中での台詞回し、やり過ぎにならない程度の感情表現等が絶妙なリアリティを演出している。
劇的な演出は無いが、だからこそこのテーマの重さがひしひしと伝わる。この映画で描かれた記者達の姿こそジャーナリズムの在り方そのものであると思う。

この記事が氷山の一角であった事、そしておそらくそれは根本的な解決をまだ観ていないだろうと言う事、問題は何も解決していないというメッセージ性がラストの数シーンで示されていた事も、この映画に重みを与えている。良作でした。

明烏
明烏さん / 2017年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前からみたかった

日本と宗教の考え方の違いがありますが、隠された事実の大きさに驚愕です。自分の身近で隠蔽され続けた事実に、ようやくスポットライトを当てることができた記者達のプロフェッショナリズムがかっこいいです。宗教がより身近なものである彼らにとって心の拠り所をえぐるような作業だったのでしょうか。エンドロールでその後明らかになった内容を読んで事件の大きさを感じました。

Cheeky
Cheekyさん / 2017年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界を驚愕せた映画⁉︎

なんて恐ろしい!

背筋が凍りつくような実態が実際に起こっていた事に寒気がしました…。

幼児虐待を行なっていたカトリック教会の神父たち。

全体の6%の人数、ボストンだけで90人もの神父が性的虐待を繰り返していたという事実に驚きました。

一体いつからこの事実は隠蔽されてきたのでしょう。

犯罪者にも関わらず、転属を繰り返し別の地で働いていることが信じられません!

21世紀になって、ようやく教会の隠蔽が公の記事にできたのですから、宗教が市民にとっていかに重要かを思い知らされました。

これがアカデミー賞に輝いた事が奇跡!

時代の変化ともいえる、作品賞だと思います。

ガーコ
ガーコさん / 2017年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

熱血お仕事ムービー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

記者という仕事の実態はこうなんだろうか。だとしたら、めっちゃカッコいい(笑)
近頃の芸能スクープで、記者=パパラッチのイメージが勝手についてたけど、スポットライトのチームみたいに、人を救う記者がいることを改めて感じた。
神父による性的虐待、このニュースはいつぞやのテレビで見た気がするけど、そのときはどれだけ卑劣で残忍な行為なのか知らなかった。教会にしか身の拠り所がないようなど子もたちを食い物にするなんて。。。泣
神父=神様か。。。 唯一信じる存在からそんなことをされたら、命を断ってしまう人がいるのも頷けてしまう。。。
中身がとても濃くて、実話と思えないドラマチックな話。ただ、出てくる名前が多くて若干着いていけなかった。もう一回見れば、細かい繋がりもわかってもっと楽しめそう。

はまち
はまちさん / 2017年11月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レビュー

教会のスキャンダルが暴かれた実話。自分が信仰している宗教のスキャンダルを暴くことは、信仰していた自分の家族や友人、地域住民、過去の自分さえも裏切る行為になってしまう。それを乗り越えることは、並大抵の覚悟ではないことを強く感じた映画。

ニックネーム
ニックネームさん / 2017年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくわからない!!

ただの映画として観るとチームで仕事をしているだけの内容です。内容を捉えようとすると、畳みかけるような台詞回しで何となく凄い事のような気にさせる、まくしたてる作りです。しかし結局どういう事なのか誰も分からないと思います。全くピンと来ないし、何かの目的でわざわざ映画にしたという印象を受けますが、エリザベス女王と法王による大量の子供の人肉食の話題を、児童虐待にすり替えて煙に巻く意図があると思います。オバマの写真で有名なピザゲートや日本でもプチエンジェルが話題になりますが、日本の年間行方不明者数8万人のうち女性は約3万人、警察庁のPDFでも少女の具体的な数は分かりませんが、人身売買からの人肉食などはごく身近にある問題だと思います。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年11月8日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記者魂熱い

本作で扱われる事実自体を知らないという、国・宗教の違いによるギャップで感じ方は大きく違うだろうなと思う。しかし、世の中の当たり前が裏返ることが現実に起こると思うとぞっとする。

新聞社、弁護士などなど専門的な描写が興味深かった。

9.11で取材が中断される展開が熱かった。

マイケルキートンの存在感は絶品。
バロン新局長は吹替の声が素敵だった。リーダー論的にはスマートすぎていまいち。

dekamo
dekamoさん / 2017年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジャーナリスト魂がすごい!!

映画は地味だけど、事実に驚き、そしてジャーナリスト魂に震える。初めて見たときは登場人物が多すぎて、あの名前、誰だっけ?ってことになるけど、2回目以降はしっかり見れる。でも、脅迫とか、発表した後、大変だったところをもっとエグく、描いてくれたら、エンタメとしてもいいなって思いますね。

Kentaro
Kentaroさん / 2017年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画以前に事実が衝撃!?

ずいぶんと根の深い事件なのですね。日本人には少し馴染みのない社会的背景なのかもしれません。聖職者って一体何なの?唖然としました。この映画がどうというより、この事実が衝撃でした。

Sheeta
Sheetaさん / 2017年10月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の理解力のなさも原因の1つであるが、難しくないですか。アメリカ...

自分の理解力のなさも原因の1つであるが、難しくないですか。アメリカの人は多分、元になった事件の事前知識があるから最初からすんなり内容が入ってくるとは思うが、日本人は事前知識がないので、理解に時間がかかった。それは日本人のために映画を作っているわけではないから仕方ないと思いますが。

でも軽く事件の概要等を頭に入れてみると普通に楽しめるかな。現実にあった話だから映画としてのアップダウンはないが、それがまたいいのかなと思った。9.11事件も劇中に登場するので、リアリティーもあった。

再び見れば評価も変わると思います。

HaDoSon
HaDoSonさん / 2017年10月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ふむふむ

見たのが数ヶ月前
その時はスカッとしたことを覚えている
でも感動は残っていない

悪い牧師達が捕まって良かった!
と言う映画

サマースノー
サマースノーさん / 2017年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

権力

カトリック教会だけに限らず、権力が腐るのは歴史的事実です。

日本でも、政治家、経営者、官僚、宗教家、御用学者など、権力を持つ側の人達の言うことを少しでも疑った方が良さそうです。この作品を観て良かったことは、マスコミではなく、ジャーナリズムを観れたことです。

ミカ
ミカさん / 2017年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハードル高め

ハードル高めな内容ですが、良作に間違いはないでしょう。弁護士がらみの情報開示、秘密保持のあたりで難解な部分はありつつも、記者側の立場で内容を追っていけば飲み込めるように出来ている。
序盤で気づくのは会話のテンポが軽快なこと。(おそらく演出で気を配っているはず)とにかくダラダラする場面がなく、緊張感を一定に保っているような印象。キャスティングは演技できる人に限られていて、とにかく穴がないです。
キリスト教が生活の根本としてあるような国であれば、衝撃的なスクープでしょうね。「いたずらはしたが、そこに悦びはなかった」と言ってのける元神父のセリフがすごい。行き過ぎた信仰心は罪悪感も飛び越える最低なツールになり得るということ。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画

新聞は自立していなければならない…本当にそうだと思います。記者の本物の仕事に衝撃を受けました。

comeyu
comeyuさん / 2017年8月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正統派映画

実話ものってこういう感じになりがちだよね。

マークラファロがやっぱり良かったですよね。実はストイックな感じが。

事実の描写を一切使ってないのに、凄く嫌悪感は生まれました。弁護士やら嫌な大人が多くてすごい嫌でした。それと最後の文章の衝撃もでかかったですね。

JYARI
JYARIさん / 2017年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

284件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi