モアナと伝説の海 : 映画評論・批評

モアナと伝説の海

劇場公開日 2017年3月10日
2017年3月7日更新 2017年3月10日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

甘くないディズニーの新ヒロイン!「レリゴー」に負けない名曲も満載

「私はプリンセスじゃないわ」とモアナは言う。まるで歴代のディズニー・プリンセスとは違うから、と主張しているように聞こえるが、実際、そう聞いてもいいと思う。これまでに有色人種のプリンセスは何人もいたが、こんなにたくましく筋肉質の姫はいなかった。海に選ばれ、島を救うため冒険に乗り出す勇敢な彼女には、アクション・ヒーロー的なかっこよさがある。だからといってボーイッシュなわけではなく、ちゃんと女子力もあってかわいい。しかも迷いや怯え、脆さも見せるから身近に感じられるという、古い時代の新しいヒロインだ。

もうひとつ、モアナが画期的なのは、恋に落ちないということ。モアナは半神半人のマウイとともに、クエストとミッションの旅に出る。マウイ登場の愉快なナンバー「俺のおかげさ」は、ブロードウェイ・ミュージカル「ハミルトン」にラップを持ち込んで観客を熱狂させたリン=マニュエル・ミランダのワザが最も光る1曲だろう。「アラジン」のジーニーを思わせる、やたらと自信満々なこの大男が実は虚勢を張っているだけだとわかると、さらに愛おしく思えるはず。だが、たとえ背景にロマンティックな風景が広がったとしても、マウイとモアナの間にロマンスはしのび寄らない。つまりはバディ・ムービーであって、これが清々しい。

画像1

プリンセスものに付きものだった甘さの排除は、かわいいブタのプアを置き去りにしたことにも表れている。代わりに同行する、しゃべらない、かわいくない、意思の疎通さえできているんだか怪しいニワトリのヘイヘイは、役立たずでアホな点こそがラブリーなキャラ。ニュー・タイプの相棒なのだ。

こうした新しさを適度に盛り込みながらもディズニーらしさは鉄板。ポリネシアの神話や伝説を練りこんだストーリーテリングは鮮やかだし、南太平洋の海と光を描き出した映像の美しさはアートそのもの! 「アナと雪の女王」の「レリゴー」にも負けないパワフルな名曲が満載でわかりやすいテーマがバーンとあり、モアナの成長がある。

おまけに、特筆に値する、憎めない敵キャラがいる。グラムロック系のカニ(吹き替えのROLLY好演!)や、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」をNHKのどーもくんにやらせたような海賊たちとのバトルは痛快だ。老若男女が共感し、応援し、誇らしく思えるようなヒロインの活躍に拍手。字幕・吹き替えともに素晴らしい声をもった南国育ちの新人を発掘・起用したことにも拍手を送りたい!

若林ゆり

関連コンテンツ

インタビュー

屋比久知奈&アウリー・クラバーリョ、日米「モアナ」が掴んだ絶好機
インタビュー

ウォルト・ディズニー・アニメーション最新作「モアナと伝説の海」が、3月10日に全国で封切られる。「リトル・マーメイド」で知られるロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督が手がけた今作で、主人公に抜てきされたのはオリジナル声優と日本語吹き...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全278件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi