アナと雪の女王
ホーム > 作品情報 > 映画「アナと雪の女王」
メニュー

アナと雪の女王

劇場公開日

解説

第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞し、主題歌賞を受賞した「Let It Go」とともに興行でも歴代記録を塗り替える大ヒットを記録したディズニーアニメーション。アンデルセンの「雪の女王」にインスピレーションを得て、運命に引き裂かれた王家の姉妹が、凍てついた世界を救うため冒険を繰り広げる姿を描いた。触れたものを凍らせる秘密の力を持ったエルサは、その力で妹アナを傷つけてしまうことを恐れ、城の部屋に閉じこもって暮らしてきた。やがて成長したエルサは女王の座に就くこととなり、戴冠式のためにひさびさに人々の前に姿を現すが、ふとしたきっかけで力が暴走。王国を真冬の世界に変えてしまう。耐えきらず逃げ出したエルサは雪山の奥で自らの力を存分に解放し、ありのままの自分でいられることに生きる喜びを見出す。一方、アナは姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、夏にあこがれる雪だるまのオラフとともに、雪山の奥へと旅に出る。監督は「ターザン」「サーフズ・アップ」のクリス・バックと、「シュガー・ラッシュ」の脚本を手がけたジェニファー・リー。ピクサー作品を除いたディズニーアニメとして、アカデミー長編アニメーション賞を受賞したのは本作が初となる。日本語吹き替え版はアナに神田沙也加、エルサに松たか子。オリジナル版エルサ役のブロードウェイ女優イディナ・メンゼルが歌う「Let It Go」を、吹き替え版では松が歌い、その歌声も好評を博した。日本における興行収入は254.7億円で、洋画では「タイタニック」に次ぐ歴代2位、邦画をあわせても歴代3位の記録となった。短編「ミッキーのミニー救出大作戦」が同時上映。

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 Frozen
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 102分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

受賞
外国作品賞  

第86回 アカデミー賞(2014年)

受賞
長編アニメーション賞  
主題歌賞 “Let It Go”

第71回 ゴールデングローブ賞(2014年)

受賞
最優秀長編アニメーション映画賞  
ノミネート
最優秀主題歌賞 “Let It Go”

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

思わず熱唱したくなる「Let It Go」の威力、恐るべし
アナと雪の女王の映画評論・批評

主題歌賞、長編アニメーション賞のオスカー2冠に輝き、全世界興収ナンバーワンアニメの座も射程圏内ときては、しばらくディズニーアニメから遠ざかっていた向きも放っておけないだろう。この大成功をもたらした最大の理由は、もちろんブロードウェイの...アナと雪の女王の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全561件)
  • 歌のパワー 歌がすごい。絶対耳に残る。 でも話が好みじゃなかった。中身ないように感じてしまった…すみません。 ...続きを読む

    Megumi Megumiさん  2018年3月25日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 話題作なだけかと思いきや 無駄な描写が一切なくて面白かった。 欲を言えば、両親を失う場面を詳細に表現してくれるともっと感動が生まれたかと思った。 ...続きを読む

    かずくん かずくんさん  2018年3月16日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 王子様の不在 『カッコ良い』『金持ち』『心優しい』3Kな王子様は、幻想という事がはっきりしました。女性は愛されることだけが幸せなのも幻想でした。やっぱり頼れるのは、確かな自分です。これからのディズニー作品には... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2018年2月18日  評価:2.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「アナと雪の女王」シリーズ関連作品

他のユーザーは「アナと雪の女王」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi