ランナウェイ 逃亡者
ホーム > 作品情報 > 映画「ランナウェイ 逃亡者」
メニュー

ランナウェイ 逃亡者

劇場公開日

解説

ロバート・レッドフォードが「大いなる陰謀」以来5年ぶりに監督と主演を兼任して手がけた社会派サスペンス。1969年、「ウェザーマン」と名乗る過激派グループがベトナム戦争反対を訴え連続爆破事件を起こすが、事件後、グループは忽然と姿を消す。それから30年後、元メンバーの1人が逮捕されたことをきっかけに、新聞記者のベンは再び注目を浴びたその事件の真相を追う。ベンはやがて、模範的なアメリカ市民で弁護士のジムという男の存在にたどり着く。危険を察知したジムは偽りの生活を捨てて逃亡を開始し、ベンとFBIはジムを追跡するが……。レッドフォードが逃亡者ジムを演じ、ベン役でシャイア・ラブーフが共演。そのほか、ジュリー・クリスティ、スーザン・サランドン、リチャード・ジェンキンス、クリス・クーパーら演技派がそろう。

キャスト

作品データ

原題 The Company You Keep
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ショウゲート
上映時間 122分
映倫区分 G
 

関連ニュース:ランナウェイ 逃亡者

ランナウェイ 逃亡者の関連ニュース

映画評論:ランナウェイ 逃亡者

リベラル派レッドフォードの精神がよく表れた一作
ランナウェイ 逃亡者の映画評論・批評

ロバート・レッドフォードは、保守化するアメリカ映画界において、良心的リベラル左派の最後の拠点たらんとする自覚があるのかもしれない。レッドフォード演じる温厚な人権派弁護士ジムは、実は過激な反体制組織〈ウェザーマン〉の幹部のひとりで、30...ランナウェイ 逃亡者の映画評論・批評

映画レビュー:ランナウェイ 逃亡者

平均評価
3.0 3.0 50 (全8件)
  • けっきょくみんな自分勝手 ネタバレ! 僕がストレートな左巻き礼賛を生理的に嫌悪してるのもあるが、ウェザーマンの主張がみな自分勝手だ。 自己陶酔的で、プライドが高く頭が悪い。 ミミの妄想的な主張は言うに及ばず、レッドフォードの「あの頃... ...続きを読む

    ひなひこ ひなひこさん  2014年7月9日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 家族愛。 真実をもとめていく記者をシャイラ・ラブーフが良く演じていました。 ぐいぐい引き込まれて、あっという間の122分でした。 家族愛に感動できる作品でした。 ロバート・レッド・ホードが質の良い映画を作... ...続きを読む

    tatsu tatsu tatsu tatsuさん  2014年3月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 淡々としたなかに魂を揺さぶるような激しい感情を埋め込められた作品 ネタバレ! レビュー未発表ですが、レッドフォード監督の前作『声をかくす人』は、「★★★★★特選」の評価に決めていました。その演出は、登場人物の感情の機微の細やかさで、見る者の心を思わず感情移入させてしまうと... ...続きを読む

    流山の小地蔵 流山の小地蔵さん  2013年11月25日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ランナウェイ 逃亡者のすべての映画レビュー
  • ランナウェイ 逃亡者の映画レビューを書く

他のユーザーは「ランナウェイ 逃亡者」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報