アブラクサスの祭
ホーム > 作品情報 > 映画「アブラクサスの祭」
メニュー

アブラクサスの祭

劇場公開日

解説

現役住職の芥川賞作家・玄侑宗久の小説を、ミュージシャンのスネオヘアー主演で映画化。ともさかりえ、本上まなみ、小林薫らが脇を固める。かつてミュージシャンだった僧侶・浄念は、仏の道を志しながら音楽への夢があきらめきれずにいた。浄念は妻や周囲の反対を押し切り、何とかライブを実現させようと奔走するが……。

スタッフ

監督
原作
玄侑宗久
脚本
加藤直輝
佐向大
撮影
近藤龍人
音楽
大友良英
美術
古積弘二
編集
加藤ひとみ

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

あらゆる重力から解放された者の笑顔がそこにある
アブラクサスの祭の映画評論・批評

一度は捨てた音楽を、再びやり始める坊主の物語。とはいえ主人公の坊主にとって2度目の音楽は、趣味や道楽や野心の充足のためとも違い、バカバカしいほど切実で、泣きながら笑ってしまう痛みを伴う生きることの崖っぷち、夜と昼の境目の危うい光の境界...アブラクサスの祭の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.4 2.4 (全2件)
  • “自分探し”は大変です。 昔懐かしい邦画の香りがする映画でした。 ちょっと暗いっていうか・・・。 主人公はお坊さんです。元ロックミュージシャンでお酒好き。 躁鬱病を患って入院後、父親の勧めで仏門に入り 福島の禅寺で修行中... ...続きを読む

    mammie mammieさん  2011年5月9日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 悩める坊さんの、ライブ(生き方)こそ我が教え! ネタバレ! スネオヘアーと、主人公の坊さん・浄念が見事にシンクロしている。 音楽という欲から切り離せず、 まっすぐにしか生きられない不器用な坊さんでも、 人に教え諭せるものがあるんだよね。 クライマックスの... ...続きを読む

    アロハ坊主 アロハ坊主さん  2011年1月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

アブラクサスの祭[DVD] 8ムービー[DVD] 週刊 赤川次郎 4 別冊[DVD] 週刊 赤川次郎 1[DVD]
アブラクサスの祭[DVD] 8ムービー[DVD] 週刊 赤川次郎 4 別冊[DVD] 週刊 赤川次郎 1[DVD]
発売日:2011年8月26日 最安価格: ¥3,175 発売日:2003年11月19日 最安価格: ¥3,780 発売日:2008年1月16日 最安価格: ¥3,908 発売日:2008年1月16日 最安価格: ¥3,599
Powered by 価格.com

他のユーザーは「アブラクサスの祭」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi