スネオヘアー&ともさかりえ共演作、サンダンス映画祭へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月2日 > スネオヘアー&ともさかりえ共演作、サンダンス映画祭へ
メニュー

スネオヘアー&ともさかりえ共演作、サンダンス映画祭へ

2010年12月2日 07:00

スネオヘアーとともさかりえが夫婦役「アブラクサスの祭」

スネオヘアーとともさかりえが夫婦役
(C)「アブラクサスの祭」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミュージシャンのスネオヘアーと女優ともさかりえが共演した映画「アブラクサスの祭」(加藤直輝監督)が、2011年1月20~30日に開催される米サンダンス映画祭の「ワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門」に正式出品されることが決定した。

同作は、現役僧侶で芥川賞作家の玄侑宗久による同名小説が原作。かつてロックミュージシャンだった僧侶・浄念(スネオヘアー)は、音楽への夢があきらめきれぬあまり、ノイズが聞こえるようになり、ウツ病患者として入院した過去を持つ。福島の禅寺に身を置き、薬を飲みながら自分の役割について考え続ける浄念はやがて、妻(ともさか)の反対を押し切り、ライブを実現させようと奔走する。音楽に向き合うことで必死に生きようとする僧侶の再生と、支えながら癒されていく周囲の人々の姿を描く。

インディペンデント映画の祭典として知られる同映画祭は、1978年にスタートして以来、これまでクエンティン・タランティーノジム・ジャームッシュロバート・ロドリゲスといった名監督を世におくり出してきた。また、近年は「フローズン・リバー」や「プレシャス」など同映画祭のグランプリ受賞作品は、アカデミー賞でも高く評価されていることから、良質な作品およびクリエイター発掘の場として注目を集めている。

今回、正式出品が決定したことを受けて、加藤監督は「福島から始まった『アブラクサスの祭』がサンダンス映画祭で世界に拡がっていくのはとてもうれしい。ロックが生まれた国でどういう反応が出るか、とても楽しみです」と喜びを語っている。

アブラクサスの祭」は、12月25日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi