山崎ハコ : ウィキペディア(Wikipedia)

山崎 ハコ (やまさき ハコ、1957年5月18日 - ) は、日本の歌手、シンガーソングライター、女優、文筆家。本名、安田 初子(やすだ はつこ、旧姓・山崎)。

経歴

大分県日田市出身。父親の仕事の関係で、中学生の途中から卒業までを祖母と日田市で暮らす。卒業後、両親の待つ横浜へ。

横浜学園高等学校在学中、コンテストへの出場が切っ掛けで1975年にアルバム『飛・び・ま・す』でレコードデビュー。150センチあるかないかの小柄で痩せた体躯からは想像もできないパワフルな声量・表現力を誇る歌唱と、暗く鋭く愛から社会を抉る歌詞で、デビュー当時は「中島みゆきのライバル」と云われた。

1975年12月、TBSホールでの『パック祭り』に出演。大反響となり、TBSラジオ『パックインミュージック』を中心に「深夜放送のマドンナ」と称される。1979年4月~80年3月、ニッポン放送『オールナイトニッポン』火曜日2部のDJを担当。その後もレコードのリリースやコンサート活動を続け、女性フォークシンガーとして活躍する一方で、エッセイの執筆、演劇出演など多彩な活動を行う。現在も全国のライブハウスを渡り歩くなど、精力的に活動している。

以前から慢性膵炎の持病を抱えており、「酒・タバコどころか(膵臓に負担過大のため)コーヒーなども口にできない」という体質である。また活動拠点をずっと横浜に置き続けているのも、彼女のこだわりである。

永年独身を通していたが、演奏・作編曲など長く仕事を共にしたギタリストの安田裕美(やすだひろみ・男性)と2001年に結婚。結婚後も良好な公私のパートナー関係であり続けている。

呪い

1979年に発売されたアルバム「人間まがい」B面の1曲目に収録された楽曲。作詞・作曲:山崎ハコ、編曲:石川鷹彦。のちに、深夜ラジオ番組「大槻ケンヂのオールナイトニッポン」や「コサキンDEワァオ!」などで、マニアックな評価を受けたことで代表曲となった。

藁人形に釘を刺す描写が特徴だが、そういう悲しい自分に釘を刺せという裏の意味が含まれている山崎ハコ、代表曲「呪い」には「悲しい自分に“釘をさせ”」という裏の意味があるサンスポ 2018年6月19日。

エピソード

携帯電話公式サイト週刊モバイルよむ!で、ハコスタイルの原点、自身の幼少時代を赤裸々に明かし、さらに活動を広げている。

1998年に所属事務所が倒産したことで一時期ホームレスにも近い極貧生活をしていたこともある。その為にマネージメント、所属事務所、営業活動などは全て自分で行い、生活のためにアルバイトで生計を立てていた。しかし、バイト先の有線放送でたまたま自分の曲が掛ったときに「自分は歌わなくてはいけない」と本格的な歌手復帰を決意、2008年に完全復帰を果たし、新曲「BEETLE」を発売することが決定した。

1997年に「わっしょいニッポン」が『みんなのうた』で放送された。

ちびまる子ちゃん

漫画『ちびまる子ちゃん』でも採り上げられた事がある。

2002年度FNS27時間テレビ みんなのうたの企画の一環としてアニメちびまる子ちゃん「まる子、フォークコンサートへ行く」の巻に本人役で出演。劇中で「ヨコハマ」を歌ったほか、特別エンディング・テーマとして「呪い」が流された。脚本はTARAKO

電波少年

ディスコグラフィー

シングル

No. 発売日 タイトル C/W曲 備考
11978年5月10日 流れ酔い唄桧原ふるさと -
21979年4月2日 「地獄」心だけ愛してきょうだい心中 「地獄」心だけ愛して:映画『地獄』主題歌きょうだい心中:同挿入歌※「「地獄」心だけ愛して」は、各アルバムでは「心だけ愛して」として収録
31979年9月21日 ララバイ横須賀織江の唄 -
41980年6月5日http://cress30.exblog.jp/i187 (2016年2月13日閲覧) 男のウ井スキー旅の人 -
51981年1月10日 織江の唄道を探せ 織江の歌:映画『青春の門』(1981年)テーマソング「織江の唄」のレコード、CDには「『青春の門』テーマソング」となっているが、映画のクレジットでは「サブテーマ」となっている。なお、映画の中で「織江の唄」は流れていない。
61982年4月21日 幻想旅行ばいばいことば -
71983年5月21日 雨に唄えないヨコハマ・アンバランス -
81984年3月21日 風の歌今日はなんだか -
91984年6月21日 町よてっせん子守唄 -
101985年11月25日 テル・ア・ライ挨拶 -
111990年2月7日 ANOU霧の朝 ※本作以降CDによるリリース
121990年10月26日 気分を変えてサヨナラの鐘 -
131992年5月21日 HOLIDAY -
141994年9月21日 アカシアの雨がやむとき今夜は踊ろう アカシアの雨がやむとき西田佐知子(1960年)のカバー※はじめてカラオケバージョンを収録
151995年5月24日 私が生まれた日天使の微笑み -
161997年2月10日 たどりついたらいつも雨ふり夕陽が泣いている たどりついたらいつも雨ふり:モップス(1972年)のカバー
171997年5月25日 わっしょいニッポン日本小町 -
181997年8月25日 たずね人 -冒険者-夕陽に赤とんぼ -
192000年10月12日 希望 (歌:室井滋)希望 (歌:山崎ハコ) ※初のマキシシングル
202002年8月28日 やさしい歌天の川で流氷岬 流氷岬北原ミレイへの提供曲「納沙布岬」(1981年9月)を改題し、詩も一部新たにしたセルフカバー。ほぼ同一内容であるもJASRAC作品コードと出版者がそれぞれ異なる。JASRAC作品コードは「納沙布岬」が066-1548-1、「流氷岬」が103-7164-8。出版者は前者がエス・テー・ビー開発センターとRKBミューズ株式会社、後者がズームリパブリックと登録されている(2018年現在)。
212004年2月25日 刹那の夢稲の花刹那の夢 ~劇場バージョン~ -
222006年5月10日 てっせん子守唄ララバイ横浜海かがみ -
232008年2月20日 BEETLESODASUI BEETLE:ドキュメンタリー映画『東京ソーダ水』主題歌、TBS系『徳光和夫の感動再会!"逢いたい"』2008年1~3月期エンディングテーマ
242011年1月19日 あなたの声おらだのふるさと あなたの声:NHKラジオ深夜便2011年1-3月期「深夜便のうた」

※ シングルの発表年は原則として公認webサイトのプロフィールを参照した。

アルバム

オリジナルアルバム

No. 発売日 タイトル 備考
11975年10月1日 飛・び・ま・す-
21976年5月25日 綱渡り-
31977年3月18日 藍色の詩-
41978年6月10日 流れ酔い唄-
51979年5月21日 人間まがい-
61980年10月5日 歩いてコーラス・ワークに『石黒ケイ』『中島みゆき』がクレジットされている。
71981年4月21日 -
81981年11月5日 幻想旅行-
91982年4月5日 幻想旅行II-
101982年10月21日 硝子の景色-
111983年2月21日 風の色-
121983年9月21日 ダージリン-
131984年6月5日 てっせんの花-
141985年5月25日 光る夢-
151985年11月25日 時は流れて-
161986年6月1日 なわとび-
171990年2月23日 SA・SU・GA(流石)-
181990年4月25日 日本詩集 - 遠い町 遠い空-
191992年5月21日 メンフィスまで-
201994年9月21日 十八番第36回日本レコード大賞アルバム企画賞を受賞。
211995年5月24日 私が生まれた日-
221995年9月27日 ハコのお箱-
231996年6月21日 唯心-
242012年3月7日 縁 -えにし-第54回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。
252014年9月17日 歌っ子-
262016年9月21日 私のうた-

ミニアルバム

No. 発売日 タイトル 備考
12001年11月28日 飛びます…17歳1974年に録音されたデモテープの未発表音源を収録。

ベストアルバム

No. 発売日 タイトル 備考
11980年7月5日 軌跡「きょうだい心中」と「飛びます」は未発表の音源を収録。
21984年2月5日 ベスト オブ 山崎ハコ-
31985年6月5日 ベストセレクション-
41985年7月25日 ザ・ベスト・オブ・山崎ハコ-
51986年11月21日 スーパーベスト-
61987年11月21日 ベスト-
71990年8月29日 ベスト全13曲中10曲が再録音されている。
81992年11月21日 for your Good Days-
91996年11月21日 山崎ハコ ベストアルバム-
102001年12月24日 山崎ハコ ベストコレクション Dear My Songs初監修(選曲・曲順・解説)による32曲。
112002年8月21日 Anthology 山崎ハコ BEST-
122006年3月1日 山崎ハコ ゴールデン☆ベストボーナストラックに「友を送る歌」と「硝子のピノキオ」を収録。
132006年5月24日 歌いたいの「飛びます」「サヨナラの鐘」「望郷」「気分を変えて」「歌いたいの」「白い花」「ヨコハマ」は新録音。「会えない時でも」は新曲。
142008年7月16日 山崎ハコ best collection history 1975-1984-
152009年11月4日 未・発・表全13曲中9曲は新録音。「新宿子守唄」「あなたの景色」「リンゴ追分」「横浜ホンキートンク・ブルース」を初収録。
162014年10月1日 ハ・コ・で・す 1975-2014デビュー40周年記念ベスト。Disc1がポニーキャニオン時代の曲のみ。Disc2はそれ以外の時代の曲で構成。

ライブアルバム

No. 発売日 タイトル 備考
11977年11月10日 山崎ハコ ファーストライブ1977年9月13日、大阪サンケイホールでのファーストライブの音源。
21979年11月21日 山崎ハコ ライブII 歌在りて1979年9月23日~9月28日、博品館劇場でのライブ音源。
31986年11月25日 私の幸せ1986年9月8日~9月9日、FM東京ホールでのライブ音源。LPとCDで収録曲が異なる。
*2013年12月18日 山崎ハコライブセット『山崎ハコ ファーストライブ』および『山崎ハコ ライブII 歌在りて』にボーナストラック4曲を追加収録した編集盤。

楽曲提供

  • 石川さゆり
    • 「花火」(作詞・作曲:山崎ハコ、編曲:安田裕美)
  • かとうれい子
    • 「風鈴」(作詞:たきのえいじ、作曲:山崎ハコ、編曲:伊戸のりお&高円寺音楽団)
  • 北原ミレイ
    • 「白い花」(作詞・作曲:山崎ハコ、編曲:竜崎孝路
    • 「納沙布岬」(作詞・作曲:山崎ハコ、編曲:竜崎孝路) - 2002年8月28日「流氷岬」と改題しセルフカバー。
  • 熊谷美由紀(現・松田美由紀)
    • 「ダンシング・ドール」(作詞・作曲:山崎ハコ)
  • 裕木奈江
    • 「硝子のピノキオ」 (作詞:HAKO、作曲:HAKO、編曲:森一美)
    • 「冬の東京」 (作詞:田口俊、作曲:山崎ハコ、編曲:萩田光雄) - アルバム『旬』に収録
    • 「虹色の世界地図」 (作詞・作曲:山崎ハコ、編曲:萩田光雄) - アルバム『旬』に収録
    • 「ダレダレのブギ」 (作詞:大槻ケンヂ、作曲:山崎ハコ、編曲:萩田光雄)

ラジオ出演

  • 山崎ハコの本日おハコ(ラジオ沖縄、アール・エフ・ラジオ日本(2007年7月から再び放送開始)、新潟放送。過去にKBS京都も放送していた)
  • 山崎ハコの夢歌さがし(山形放送、信越放送、岐阜放送)
  • 山崎ハコのオールナイトニッポン(ニッポン放送、火曜2部、1979年4月~1980年3月)
  • ラジオ深夜便「深夜便のうた・あなたの声」(2011年1-3月にヘビーローテーションされる それに先駆けて2010年秋に「明日へのことば」で客演し、それを披露していた)

映画出演

  • 押絵と旅する男(1994年3月26日公開) - 覗きからくり口上
  • ヘヴンズ ストーリー(瀬々敬久監督、2010年10月2日公開、4時間38分大作) - 恭子 役 ※女優デビュー。第25回高崎映画祭で最優秀助演女優賞を受賞。
  • 脳男(瀧本智行監督、2013年2月9日公開) - 志村の母親 役
  • グラスホッパー(瀧本智行監督、2015年11月7日公開) - 桃 役
  • 64-ロクヨン- 前編 (瀬々敬久監督、2016年5月7日公開)
  • 雪子さんの足音 (浜野佐知監督、2019年2月16日公開)

出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/04/25 11:39 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「山崎ハコ」の人物情報へ