ディオールのドレスに魅せられた家政婦がパリへ 「ミセス・ハリス、パリへ行く」監督に聞く裏話

2022年11月18日 09:00

アンソニー・ファビアン監督
アンソニー・ファビアン監督

ディオールのドレスに魅せられ、パリへと渡る家政婦を描く「ミセス・ハリス、パリへ行く」が、11月18日から公開された。新しい出会いを引き寄せていく主人公ミセス・ハリスの表情はとても晴れやかで、鑑賞後には自分の人生にも希望を抱かせてくれる、優しい作品だ。脚本も手掛けたアンソニー・ファビアン監督に、本作の話を聞いた。

画像2

1950年代、第2次世界大戦後のロンドン。夫を戦争で亡くした家政婦ミセス・ハリスは、勤め先でディオールのドレスと出合う。その美しさに魅せられた彼女は、フランスへドレスを買いに行くことを決意。どうにか資金を集めてパリのディオール本店を訪れたものの、威圧的な支配人コルベールに追い出されそうになってしまう。しかし、夢を決して諦めないハリスの姿は会計士アンドレやモデルのナターシャ、シャサーニュ公爵ら、出会った人々の心を動かしていく。

画像3

――夢を叶えようとするハリスの姿がキラキラしていて、本当に素敵でした。

この作品を見て、自分も頑張ろうって思ってもらえたらすごく嬉しいです。わたしが主人公に惹かれた理由でもあります。生まれてきた世界をより良い場所にしてから去っていくべきだと考えているのですが、今回の映画はそういうことを伝えられる素晴らしい機会だと思いました。自分のふるまいが自分の人生にどんな影響を与えるのかが描かれています。親切な人は、より良い人生になると思うんです。ありきたりに思うかもしれませんが、実際に親切ができている人は少ないので、改めてそういうことを感じるきっかけになったら嬉しいです。

――全米での公開時もとても評判が良かったと聞きました。多くの人に受け入れられた理由はどんなところだと思いますか?

今まで映画を作ってきた中で思ったのは、より具体的であるほど物語が普遍性を帯びるということです。キャラクターがより具体的に描かれていると、多くの人が共感できます。この物語もそれぞれのキャラクターがかなり具体的に描かれています。夫を亡くした家政婦が、お金を貯めてディオールのドレスを買いに行く……これだけを聞くと観客の幅は狭いかもしれませんが、彼女が自己発見をしていく物語は普遍性を持っているし、手の届かないものを追いかける気持ちや、階級的には低い場所にいる主人公が夢を追いかける姿、夫を失った彼女が大事なものに気付いていく様子が、多くの人に響いたのかなと思います。

画像4

――ハリスを演じたレスリー・マンビルさんは、目でも希望や悲しみを表現されていて驚きました。彼女のどんなところが起用の決め手になりましたか?

我々の時代のもっとも偉大な役者の一人です。彼女のすごいところは、自分の人生で経験してきたことをすべて役に落としてくれます。また、役者として稀有なのは、自分が感じていること、考えていることを目や表情ですぐ伝えることができる。彼女の演じるキャラクターが今何を考えているのか、表情だけで見て取ることができます。

――メゾン ディオールを再現するために、ディオール社が建物の設計図を提供したと聞きました。ドレスの提供などさまざまな協力があったと思いますが、まず映画で使用する許可はスムーズにとれたのでしょうか。

スムーズでもあり、大変でもありました。幸運にも、僕自身が映画に関する権利などを管轄しているディオールのマーケティングのヘッドの方を紹介していただいて、最初からこの企画に興味を持っていただきました。原作小説の力のほか、映画や小説内で扱われるブランドがディオールだけだったということも興味を持っていただけた理由にあると思います。ただ、サポートはしたいけれど、それに見合うだけの作品を作ってもらえるのかは心配していたようです。

大事なのはキャスティングだったので、「ファントム・スレッド」のレスリー・マンビルがハリスを演じること、そしてフランスのメリル・ストリープのようなイザベル・ユペールがディオールを象徴するよう役を演じること、さらに衣装デザインとしてジェニー・ビーバン(「クルエラ」)の参加も決定してからは、作品のクオリティーにも安心してくれたようです。

素敵なドレスに一目惚れ!
素敵なドレスに一目惚れ!

――劇中のドレスは、最初にハリスが一目惚れするドレス、そして「テンプテーション(誘惑)」と「ヴィーナス」の3着をジェニー・ビーバンさんがデザインされたそうですね。ビーバンさんとはどんなドレスにしようと話し合ったのか教えてください。

基本的には自由にデザインをしてもらいましたが、すべてのデザインはクリスチャンディオールをベースにしています。1着目のハリスが一目惚れするドレスは、心を掴む美しいものでありながら、持ち主の婦人が実際に着ているだろうと思わせるような信憑性も必要でした。オートクチュールの2着は、実際には何カ月もかけて作られますが、映画に向けたスケジュールで作ることができるかも重要でした。しかし、1番大切だったのはハリスが実際に着たい、着られると思えるようなデザインであることです。

――本作を見て、何歳になっても夢を追いかけることの大切さを知りました。監督には今どんな夢がありますか?

次の映画が作られるまで、そんなに時間がかからないことが今の夢です。自分の作りたい映画の内容、新しいことをしたいというビジョンをみんなにわかってもらうことは大変な作業なんです。フィルムメーカーにとっての映画作りとは、完成するまでは手の届かないもの、追いかけ続ける夢のようなことだと思います。今はまだたくさん叶えたい夢があるので、映画を作って実現して、みんなと喜びを分かち合いたいです。

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 鈴木亮平主演「シティーハンター」新キャスト発表 槇村秀幸役は安藤政信、野上冴子役は木村文乃

    1

    鈴木亮平主演「シティーハンター」新キャスト発表 槇村秀幸役は安藤政信、野上冴子役は木村文乃

    2024年2月24日 12:00
  2. 「コヴェナント」リアルさにこだわった銃撃戦! サバゲー界のカリスマが解説「ミリヲタにとってはたまらない」

    2

    「コヴェナント」リアルさにこだわった銃撃戦! サバゲー界のカリスマが解説「ミリヲタにとってはたまらない」

    2024年2月24日 14:00
  3. ハリウッド実写版「NARUTO」は「シャン・チー」監督がメガホン

    3

    ハリウッド実写版「NARUTO」は「シャン・チー」監督がメガホン

    2024年2月24日 10:30
  4. 「A24」新作が公開ラッシュ! 「アイアンクロー」など“注目の6作品”を一挙に紹介

    4

    「A24」新作が公開ラッシュ! 「アイアンクロー」など“注目の6作品”を一挙に紹介

    2024年2月24日 09:00
  5. 「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」25年にTVアニメ化決定 猫に支配された世界が舞台

    5

    「ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット」25年にTVアニメ化決定 猫に支配された世界が舞台

    2024年2月24日 07:00

今週