ウルグアイ空軍機墜落事故を描くNetflix映画、J・A・バヨナが監督

2021年12月6日 21:00

J・A・バヨナ監督
J・A・バヨナ監督

2004年のスマトラ島沖地震を描いた「インポッシブル」で知られるJ・A・バヨナ監督が、1972年のウルグアイ空軍機571便墜落事故をスペイン語で映画化するNetflix映画「Society of the Snow(原題)」のメガホンをとることがわかった。スペイン人のバヨナ監督は「インポッシブル」のほかに、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」「怪物はささやく」などで知られる。

米Deadlineによれば、ウルグアイの作家でジャーナリストのパブロ・ビエルチの書籍をもとにした本作は、ウルグアイのラグビーチームを乗せた空軍機が試合のあるチリに向かう途中、アンデス山脈の高度4200メートルで墜落した実話を描く。搭乗していた45人のうち、墜落の際に命を取り留めた29人は、雪山のなか人肉で飢えをしのぎながら救援を待ち続け、最終的に16人が生還した。

バヨナ監督は「インポッシブル」のリサーチをしていた時にこの原作を知り、映画化を希望していたとのこと。本作はバヨナ監督にとって14年ぶりのスペイン語作品となる。バヨナ監督とベルナ・ビラプラーナ、ハイメ・マルケス、ニコラス・カサリエゴが共同で脚本を執筆。ベレン・アティエンサ(「永遠のこどもたち」)、サンドラ・エルミーダ(「インポッシブル」)がプロデュースし、実際に事故が起こったセレール峰のほか、スペイン・アンダルシアのシエラネバダ山脈、ウルグアイ・モンテビデオ、チリ、アルゼンチンのアンデス山脈などで撮影が行われる。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ジュラシック・ワールド/炎の王国 (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【興収100億円突破】「THE FIRST SLAM DUNK」の規格外な制作手法 企画成立まで5年、井上雄彦が触発された宮崎駿の言葉

    1

    【興収100億円突破】「THE FIRST SLAM DUNK」の規格外な制作手法 企画成立まで5年、井上雄彦が触発された宮崎駿の言葉

    2023年2月8日 15:00
  2. “怖がり”西畑大吾、清水崇監督作「忌怪島」でホラー映画初主演! クールな天才脳科学者に

    2

    “怖がり”西畑大吾、清水崇監督作「忌怪島」でホラー映画初主演! クールな天才脳科学者に

    2023年2月8日 05:00
  3. “探偵”伊藤沙莉ד自称忍者の恋人”竹野内豊 「探偵マリコの生涯で一番悲惨な日」予告&ポスター

    3

    “探偵”伊藤沙莉ד自称忍者の恋人”竹野内豊 「探偵マリコの生涯で一番悲惨な日」予告&ポスター

    2023年2月8日 08:00
  4. 【本日テレビ放送】「アバター」あらすじ・キャストの素顔・声優一覧 「ドント・ブリーズ」の盲目老人も出演

    4

    【本日テレビ放送】「アバター」あらすじ・キャストの素顔・声優一覧 「ドント・ブリーズ」の盲目老人も出演

    2023年2月8日 18:00
  5. 「バイオハザード」新たなCG長編映画が今夏公開! 舞台は監獄島・アルカトラズ、特報も披露

    5

    「バイオハザード」新たなCG長編映画が今夏公開! 舞台は監獄島・アルカトラズ、特報も披露

    2023年2月8日 09:30

今週