J・K・シモンズ、妻ミハエル・シューマッハ監督の新作スリラーに殺人鬼役で主演

2021年10月11日 15:00

J・K・シモンズ(右)、ミハエル・シューマッハ監督(左)
J・K・シモンズ(右)、ミハエル・シューマッハ監督(左)

女優で監督のミハエル・シューマッハがメガホンをとる新作スリラー映画「The Woods(原題)」に、夫でオスカー俳優のJ・K・シモンズ(「セッション」「トゥモロー・ウォー」)が主演することがわかった。

米Deadlineによれば、シューマッハ監督とキャロリン・カーペンターが共同で脚本を執筆した本作は、過去のトラウマにより不安障害を抱える10代の少女が、森のなかで社会病質者(ソシオパス)の殺人鬼に狙われるというストーリーだ。

殺人鬼を演じるシモンズは、「子どもたちが幼い頃は、心底怖くて悪い役は演じたくなかった。彼らが映画を見て影響を受けるかもしれないし、現場で緊迫した撮影を終えた後にその空気を家庭に持ち帰りたくなかったから」とコメント。しかし、いまやシモンズとシューマッハ監督の子どもたちも大学生になり、自由に役柄を選べるようになったようだ。

「The Woods(原題)」は、シモンズのほかにアレン・リーチ(「ボヘミアン・ラプソディ」)、フェルナンダ・ウレホラ(「クライ・マッチョ」)、イザベル・アナヤが共演。米モンタナ・ミズーラで撮影が行われる。

シネマ映画.comで今すぐ見る

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
セッション(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン