エマ・アップルトン&ベル・パウリー、ベストセラー自叙伝のドラマ化で共演

2021年9月5日 13:30

注目の若手女優たちが共演
注目の若手女優たちが共演

英女優のエマ・アップルトン(「愛しい人から最後の手紙」「ウィッチャー」)とベル・パウリー(「マイ・プレシャス・リスト」)が、ドリー・アルダートンのベストセラー自叙伝「Everything I Know About Love(原題)」をテレビドラマ化する作品で主役を務めることが決定した。米バラエティが報じた。

2018年にイギリスで出版された原作は、サンデータイムズ紙ベストセラーTOP10にリスト入りした体験記。映画は、20代で幼なじみの親友マギーとバーディがシェアハウスに移り住み、恋愛や失恋を経験していくなかで大人になっていく過程を描く。ロンドンとマンチェスターで撮影が行われる。

アップルトンは、セックス・ピストルズを題材にしたFXシリーズ「Pistol(原題)」(ダニー・ボイル監督)で、ベーシストのシド・ビシャスの恋人ナンシー・スパンゲン役に抜てきされた新鋭。パウリーはApple TV+の「ザ・モーニングショー」にメインキャストとして出演している。そのほか、マルリ・シウ(「アナと世界の終わり」)、ジョーダン・ピーターズ(「Gangs of London(原題)」)、新人のアリヤ・オドフィン、コナー・フィンチ、ライアン・バウンらが共演する。

全7話で構成され、「サーティーン 13 誘拐事件ファイル」のチャイナ・ムー=ヤングが監督を務める。ワーキング・タイトル・テレビジョンが制作を手がけ、2022年にBBC OneおよびiPlayerで放送される予定。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
マイ・プレシャス・リスト(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン