話題作連発のA24が売却を模索か 希望販売価格は30億ドル

2021年7月16日 11:00

「ミナリ」の一場面
「ミナリ」の一場面

ムーンライト」や「レディ・バード」「ミナリ」など良質な話題作を連発している米インディペンデントスタジオのA24が売却を模索していると、米バラエティが報じている。

情報筋によると、A24は18カ月前から売却を模索しているという。希望販売価格は25~30億ドルと高額だが、ストリーミングサービスの乱立によるコンテンツ獲得競争の過熱により、売却が現実味を帯びてきているという。アマゾンはMGMを86億ドルで獲得しており、リース・ウィザースプーンも自身の製作会社ハロー・サンシャインを10億ドルで売却しようとしているといわれている。

A24は、米運用大手グッゲンハイム・パートナーズからの資金をもとに2012年に設立され、同年に初の長編作品「チャールズ・スワン三世の頭ン中」(ロマン・コッポラ監督)を公開。批評、興行ともに芳しくない結果となったが、その後公開された「いま、輝くときに」(2013)、「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(13)が話題を集めたことがきっかけで、作家性のあるインディペンデント映画スタジオとしてのブランドを構築した。「エクス・マキナ」、「レディ・バード」など、作品の卓越した選択眼とSNSを駆使したマーケティング戦術で知られ、現在は米ニューヨークとロサンゼルスに100人以上の従業員を抱えている。

買収のシナリオとしては、既存のスタジオとの合併か、アップルやアマゾン、Netflixといったハイテク大手による完全買収が考えられる。ただし、A24はおしゃれで革新的な映画の代名詞となっているため、買収によりイメージが損なわれてしまうリスクがある。今回の報道に対し、A24はノーコメントとしている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ミナリ(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 次の「007」は「ジェームズ・ボンドの再開発」 プロデューサーが告白

    1

    次の「007」は「ジェームズ・ボンドの再開発」 プロデューサーが告白

    2022年7月2日 12:00
  2. 残酷描写の連続、46カ国以上が上映禁止のタブー作「セルビアン・フィルム」 モザイク削除版予告公開

    2

    残酷描写の連続、46カ国以上が上映禁止のタブー作「セルビアン・フィルム」 モザイク削除版予告公開

    2022年7月2日 22:30
  3. 今井翼の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

    3

    今井翼の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】

    2022年7月2日 11:00
  4. 「かぐや様は告らせたい」新作アニメ制作決定 古賀葵「本当に夢みたいです」

    4

    「かぐや様は告らせたい」新作アニメ制作決定 古賀葵「本当に夢みたいです」

    2022年7月2日 17:00
  5. クリスチャン・ベール&ラッセル・クロウがMCU初参戦 「ソー ラブ&サンダー」を勢いづける実力派に注目

    5

    クリスチャン・ベール&ラッセル・クロウがMCU初参戦 「ソー ラブ&サンダー」を勢いづける実力派に注目

    2022年7月2日 18:30

今週