シアーシャ・ローナン、ラキース・スタンフィールド、ポール・メスカルがSFスリラー「Foe」に主演

2021年6月28日 13:00

(左から)シアーシャ・ローナン、ラキース・スタンフィールド、ポール・メスカル
(左から)シアーシャ・ローナン、ラキース・スタンフィールド、ポール・メスカル

シアーシャ・ローナンラキース・スタンフィールド(「ゲット・アウト」)、ポール・メスカル(「ふつうの人々」)が、新作「Foe」に主演することがわかった。

本作は、チャーリー・カウフマン監督「もう終わりにしよう」の原作者であるカナダ人作家イアン・リードの同名ベストセラーSF小説の映画化。米Deadlineによれば、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされた「LION ライオン 25年目のただいま」のガース・デイビスが、原作者リードと共同執筆した脚本をもとに監督を務める。

「Foe」は緊張感あふれるSFサイコロジカルスリラーで、企業が肥大し、環境が破壊された近未来が舞台。結婚7年目の夫婦ジュニア(メスカル)とヘンリエッタ(ローナン)は片田舎の農場でひっそりと暮らしていたが、ある夜、テレンス(スタンフィールド)という見知らぬ男が驚きの知らせを携えてやってくる。彼の話では、ジュニアが地球を周回する宇宙ステーションの任務に選抜され、すでに出発の準備が整っているとのこと。ジュニアはすぐに家を出なければならず、ヘンリエッタもある決意を固めるが、残されたのは彼女ひとりではなかったというストーリーだ。

デイビス監督作「LION ライオン 25年目のただいま」で主人公がGoogle Earthで故郷を探したように、本作も最新のテクノロジーが導入されるようだ。「Foe」は、アノニマス・コンテントのケリー・コハンスキー=ロバーツ、デイビス監督、シーソー・フィルムズのエミール・シャーマンイアン・カニングがプロデュース。オーストラリアで2022年1月にクランクインする。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ゲット・アウト(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン