スタジオジブリ「劇場版 アーヤと魔女」新公開日は8月27日

2021年6月21日 16:00

8月27日に公開決定
8月27日に公開決定

スタジオジブリの3DCG長編アニメ「劇場版 アーヤと魔女」が、8月27日に公開されることが決定した。当初は4月29日公開だったが、新型コロナウイルスの影響で公開延期になっていた。

宮崎駿が企画、宮崎吾朗が監督を務めた本作は、ジブリ初となる全編3DCG制作の長編アニメーション。宮崎駿監督作「ハウルの動く城」の原作小説「魔法使いハウルと火の悪魔」でも知られる英国作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童小説をベースに、自分が魔女の娘とは知らずに育った孤児アーヤの姿を描いた。2020年のカンヌ国際映画祭の「オフィシャル・セレクション2020」に選出され、既に公開を迎えた北米・オーストラリアのほか、ヨーロッパ、アジアでも劇場公開が決定。日本では、20年12月30日にNHK総合テレビで放送された。

新たな公開日が決まった「劇場版 アーヤと魔女」は、当初の映像に新カットを追加。最先端の音響と映像技術で作品への没入感を味わえる「ドルビーシネマ」でも上映される。

なお三鷹の森ジブリ美術館では、新企画展示「アーヤと魔女」展が開催中(入場は予約制)。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース