「少年の君」デレク・ツァンの単独監督デビュー作 「ソウルメイト 七月と安生」6月25日公開

2021年6月5日 10:00

女性2人の半生を丁寧かつドラマティックにつづり、予想外のラストを描く!
女性2人の半生を丁寧かつドラマティックにつづり、予想外のラストを描く!

第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた「少年の君」(7月16日公開)のデレク・ツァンの単独監督デビュー作「ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン)」が、6月25日に公開されることが決定した。

アカデミー賞ノミネートの際は、ヒットメーカーのエドガー・ライト監督に「本作のノミネートが心から嬉しい」と言わしめた「少年の君」。「ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン)」は、「少年の君」と同じくチョウ・ドンユィを主演に迎え、圧倒的評価を獲得した“切なくも優しい友情の物語”。同名のネット小説を大胆に脚色して描かれており、2人の女性の半生を丁寧かつドラマティックにつづりながらも、予想だにしないラストへと向かっていく。

画像2

ある日、安生(アンシェン)の元に映画会社から連絡が届く。彼らは、人気ネット小説「七月(チーユエ)と安生(アンシェン)」を映像化したいのだという。作者は七月(チーユエ)という名の女性だが、所在は不明。物語は幼馴染の女性2人の友情を描いたもので、作者の自伝的な要素が強いという話だった。そこで彼らは、もうひとりの主人公のモデルを探し、アンシェンに連絡をしてきたというわけだ。だが、アンシェンは「チーユエなんて人は知らない」と嘘をついた。

チーユエは、アンシェンにとって特別な存在だった。何よりも大切な親友、そして誰よりも激しくぶつかりあった戦友、互いに魂の奥深いところでつながっていた。彼女たちの間に一体何があったのか。恋を知り、世界を知り、移ろいゆく時代のなかで、彼女たちは何を選び取り、何を捨てたのか。小説に描かれた2人の物語に秘められた驚きの真実が、次第に明かされていく。

プロデューサーを務めたのは、「ラヴソング」の名匠ピーター・チャン。ツァン監督の繊細な演出手腕は、同作でも発揮されており、香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨では12部門にノミネートし、作曲賞を受賞。同じく中華圏を代表する映画賞・金馬奨では、アンシェンを演じたチョウ・ドンユィ、チーユエを演じたマー・スーチュンの2人が主演女優賞を獲得するという快挙をもたらした。

ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン)」は、6月25日から東京・新宿武蔵野館ほか順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    1

    「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    2022年5月26日 16:05
  2. ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2

    ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2022年5月26日 08:00
  3. 転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    3

    転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    2022年5月26日 15:00
  4. トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    4

    トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    2022年5月26日 08:00
  5. 「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    5

    「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    2022年5月26日 08:00

今週