全5章、3時間38分で描くドイツ百年と家族史「ハイゼ家 百年」4月24日公開

2021年3月6日 10:00

家族3世代の遺品を用いて伝えるドキュメンタリー
家族3世代の遺品を用いて伝えるドキュメンタリー

第69回ベルリン国際映画祭フォーラム部門カリガリ賞(フォーラム部門・最高賞)に輝いたトーマス・ハイゼ監督の「ハイゼ家 百年」が、4月24日から公開される。このほど、場面写真と予告編が披露された。

カリガリ賞とは、映画芸術の進展性を追求した作品を選出するフォーラム部門の最高賞。日本作品では「ゆきゆきて、神軍」(原一男監督/1987年)と「愛のむきだし」(園子温監督/2009年)などが受賞している。

ベルリンの壁崩壊から30年目に発表された本作品は、旧東ドイツ出身のトーマス・ハイゼ監督が自身の家族3世代の遺品(日記、手紙、写真など)を用い、一家が歩んだ激動のドイツ百年を自らのモノローグで3時間38分かけて語る驚異的なドキュメンタリーだ。

家族の遺品が伝える歴史は第1次世界大戦から始まり、ホロコーストによって引き裂かれた家族の過去、熾烈を極めた空襲、戦後のシュタージ(秘密警察)による支配、そして、ベルリンの壁崩壊後も終わらない戦争と分断に失望する東ドイツの人々の感情について語る。引用に次ぐ引用で積み重ねられる言葉は戦争証言にとどまらず、分断や差別、言論の自由、ジェンダー論、そして個人のアイデンティティの問題など現代的なテーマにも及び、遺品の中にはウィーンに住む祖母のユダヤ人家族がポーランドに強制送還される直前までベルリンに住む祖父母たちと書いていた往復書簡や、戦後、東独の劇作家ハイナー・ミュラー(「ハムレットマシーン」など)と哲学者だったハイゼ監督の父がブレヒト論について対談するテープなど、幅広いジャンルのアーカイブが使用されている。

クリスティアン・ペッツォルトら、ベルリン派のフィクション作家たちが次々に世界で作品を発表できたのとは対照的に、壁の東側で体制に迎合することなく国家の歴史に向き合いながらドキュメンタリーを撮り続けてきたトーマス・ハイゼの作品が国際的に発表される機会は多くなかった。30年のキャリアで20作を完成させ、ドイツ映画界のドキュメンタリーの巨匠のキャリア集大成とも言える本作が、日本で初の劇場公開作となる。

ハイゼ家 百年」は、4月24日からシアター・イメージフォーラムほか全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【「鬼滅の刃」やっぱりすごい】「無限列車編」TV初放送の前に、ヒットの軌跡まとめ

    1

    【「鬼滅の刃」やっぱりすごい】「無限列車編」TV初放送の前に、ヒットの軌跡まとめ

    2021年9月25日 20:00
  2. 【ロングインタビュー】ダニエル・クレイグ「本当に最後だ」 ラミ・マレックと「007」最新作を語る

    2

    【ロングインタビュー】ダニエル・クレイグ「本当に最後だ」 ラミ・マレックと「007」最新作を語る

    2021年9月25日 13:00
  3. 「スーパーマリオ」アニメ映画でマリオ役はクリス・プラット! アニヤ・テイラー=ジョイら声優キャスト&北米公開日が決定

    3

    「スーパーマリオ」アニメ映画でマリオ役はクリス・プラット! アニヤ・テイラー=ジョイら声優キャスト&北米公開日が決定

    2021年9月25日 11:00
  4. 金ロー「インディ・ジョーンズ」2週連続放送記念 おすすめトレジャーハンティング映画5選 【映画comシネマStyle】

    4

    金ロー「インディ・ジョーンズ」2週連続放送記念 おすすめトレジャーハンティング映画5選 【映画comシネマStyle】

    2021年9月25日 10:00
  5. 【パリ発コラム】フランスの“国宝”ジャン=ポール・ベルモンドが死去 アラン・ドロン「彼はわたしの人生の一部のようなもの」と追悼

    5

    【パリ発コラム】フランスの“国宝”ジャン=ポール・ベルモンドが死去 アラン・ドロン「彼はわたしの人生の一部のようなもの」と追悼

    2021年9月25日 08:00

今週