大泉洋、「騙し絵の牙」で演技が“大泉洋っぽい”とNGくらう

2021年3月3日 20:09

会場には“大泉洋の顔”フラッグが登場した
会場には“大泉洋の顔”フラッグが登場した

大泉洋が主演し、吉田大八監督がメガホンをとる映画「騙し絵の牙」の「騙し合いバトル開幕式」イベントが3月3日に銀座松竹スクエアで行われ、主演の大泉のほか、松岡茉優宮沢氷魚池田エライザ木村佳乃斎藤工國村隼佐藤浩市吉田大八監督も来場した。

罪の声」の塩田武士氏が、大泉を主人公にあて書きして完成させた同名ベストセラー小説を映画化した本作は、出版不況と社長の急逝が重なり、次期社長の権力争いが勃発した崖っぷちの大手出版社「薫風社」を舞台に、カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)が新人編集者・高野(松岡)を巻きこんで、生き残りを賭けた仁義なき騙し合いバトルを繰り広げるさまを描き出す。

会場には縦11メートル×横10メートルという巨大な“大泉洋の顔”フラッグが鎮座。その巨大なフラッグを見た大泉は「コロナ禍で舞台あいさつが少なくなっている中、相当派手なことをやっていただいて。感謝をしておりますが、これだけでっかい顔を作られて。(出入り口となっている)口から出るのはあまり気持ちのいいものではなかったですね。プロデューサーは興奮していましたけど、登壇者の皆さんはわたしの口から出るのは嫌だと思うんですよね」と憎まれ口をたたいて会場は大笑い。

画像2

崖っぷちの出版社を舞台にした作品ということで、この日は登壇者たちの「崖っぷち」エピソードを発表することに。その中で「『騙し絵の牙』の撮影は常に崖っぷちでしたね」と語った大泉は、「要は一発でオッケーが出ないんですよ。最低でも3回。3回でも少なくて、5回、6回、10回はいきましたね。しかもけっこう長回しをするから。それが長せりふになるとだんだん焦ってくるんですよ。そこに(佐藤)浩市さんとか、妖怪レベルの怖い人がいるとどんどんパニクってきて。常に崖っぷちでしたよ」とボヤいてみせる。そしてさらに「これだけの俳優さんを集めて、あれだけもう一回と言えるのはどんな神経をしているんだろうと思いましたよ。だからオッケーが出た時はみんなで『やった』と言っていて。どんどん団結力が高まる現場でしたよ」と付け加えた。

そんな大泉に向かって松岡が「大泉さんは、今のは大泉さんっぽいからNGということがよくありました。そういう時はどうしたらいいのか分からなかったですね」と呼びかけると、大泉は「この小説はわたしに宛て書きしているんですよ。それなのに演じた芝居(しばい)が大泉さんっぽいからNGって。わたしを宛て書きしているのに何がいけないのか。監督はそれを許さなかったですね。監督の思う速水じゃないと絶対にオッケーは出なかった。ある意味、わたしが出ている映画の中で一番わたしっぽくなかった。この間、劉備玄徳を演じましたが、あれはまるまる大泉洋でしたからね。あれだけの偉人を演じてもわたしだったのに、現代人の速水はそうじゃない」と明かして会場は大笑いとなった。

続く松岡の崖っぷちエピソードは、「わたしが高校二年生の時に、(女優として)このまま芽が出なかったら就職か進学かな。食べていけなかったらどうしようと思っていた時に、吉田監督から『桐島、部活やめるってよ』で大事な役をいただいて。そこからお仕事がいただけるようになりました。崖っぷちからすくい上げていただきました」というもの。それに対して大泉が「きみ、ずいぶん監督におべっか使うな」と嫌みをぶつけると、「テイクを重ねるのは何がいけないのかなと思います」としれっと返してみせた松岡。大泉はその言葉にあわてた様子で「怖いな、お前。そうやってこの芸能界ここまでやってきたんだな。監督、僕、今の全部冗談ですから。監督大好きです!」とその場を取り繕ってみせるも、佐藤まで「むしろ2回でオッケーになると不安になるからね」と続けてみせて、会場を笑いに包みこんだ。

映画「騙し絵の牙」は3月26日より全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
騙し絵の牙
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 蜷川実花監督「ホリック xxxHOLiC」に松村北斗と玉城ティナが出演

    1

    蜷川実花監督「ホリック xxxHOLiC」に松村北斗と玉城ティナが出演

    2021年12月2日 12:00
  2. 「少年忍者」×「Lil かんさい」映画で初タッグ! ボーイスカウトを題材にした完全オリジナル作品、22年4月公開

    2

    「少年忍者」×「Lil かんさい」映画で初タッグ! ボーイスカウトを題材にした完全オリジナル作品、22年4月公開

    2021年12月2日 07:00
  3. 上映10周年!最後の見世物小屋を映したドキュメンタリー「ニッポンの、みせものやさん」12月18日からアンコール上映

    3

    上映10周年!最後の見世物小屋を映したドキュメンタリー「ニッポンの、みせものやさん」12月18日からアンコール上映

    2021年12月2日 16:00
  4. 「魔女の宅急便」劇場上映決定! 調布の映画祭で「鬼滅の刃」「天外者」「るろ剣」「浅田家!」なども披露

    4

    「魔女の宅急便」劇場上映決定! 調布の映画祭で「鬼滅の刃」「天外者」「るろ剣」「浅田家!」なども披露

    2021年12月2日 12:00
  5. 川村元気が映画監督に挑む理由 自著「百花」映画化で決断

    5

    川村元気が映画監督に挑む理由 自著「百花」映画化で決断

    2021年12月2日 05:00

今週