山形国際ドキュメンタリー映画祭の話題作を東京で上映「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー」11月17日から開催

2020年10月17日 07:00

山形で上映した作品に独自のプログラムを加えた57本を上映
山形で上映した作品に独自のプログラムを加えた57本を上映

隔年で開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭の翌年に東京で行うイベント「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2020」が11月7日から開催される。昨年、コンペティションで審査員特別賞を受賞したフレデリック・ワイズマン監督「インディアナ州、モンロヴィア」をはじめ、山形で上映した作品に独自のプログラムを加えた57本が上映される。

世界各国から1400本を超える応募作品から選ばれ、ドキュメンタリー映画の最先端の作品群が集まるインターナショナル・コンペティション部門では、ワイズマン監督作ほか、最優秀賞で70年代軍事クーデター時に起こった労組工員虐殺事件を映した「十字架」(チリ)、ビム・ベンダースをはじめインディペンデントの作家たちと傑作を生み出した撮影監督ロビー・ミューラーのドキュメンタリー「光に生きる ロビー・ミューラー」(オランダ)がラインナップ。

アピチャッポン・ウィラーセタクン、河瀬直美小田香など多くの映画作家を輩出した、アジアの若い作家たちを発掘、応援する“アジア千波万波”部門ではレバノン内戦後の行方不明者を追った作品、アッバス・キアロスタミの息子、バフマン・キアロスタミの監督作などが揃っている。

会期は新宿K’s cinemaで11月17日~20日まで、アテネ・フランセ文化センターで12月1日~5日、8日~12日。プログラム詳細は公式HP(http://cinematrix.jp/dds2020/)で告知する。

▼主な上映作は以下の通り

■ インターナショナル・コンペティション
インディアナ州、モンロヴィア
十字架
光に生きる ロビー・ミューラー

■アジア千波万波
「消された存在、立ち上る不在」
「ハルコ村」
「エクソダス」
「気高く、我が道を」

■Double Shadows/二重の影 2:映画と生の交差する場所
「富士山への道すがら、わたしが見たものは・・・」
「メカスの難民日記」
「チャック・ノリス vs 共産主義」
「パウロ・ブランコに会いたい」

■新進気鋭の作家たち
「王国(あるいはその家について)」
「二重のまち/交代地のうたを編む」

■台湾と台風――映画作家・許慧如(シュウ・ホイルー)
「洪水の後で 家についての12の物語」
「故郷はどこにPlace」

■特別招待作品
「トム・ジョビンの光」
「アンジェラの日記 ― 我ら二人の映画作家」

■審査員作品
「スクジュナの惑星」
「私たちの狂気」
「ヴェヴェ(バーバラのために)」

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース