社会風刺コメディ「ボラット2」の世界配給権、アマゾンが獲得

2020年10月6日 10:00

アマゾン・スタジオが獲得
アマゾン・スタジオが獲得

極秘裏に製作されていた「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」(2006)の続編「ボラット2(仮題)」の世界配給権を、アマゾン・スタジオが獲得した。米ハリウッド・レポーターが報じている。

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」は、カザフスタンのテレビレポーターのボラットがアメリカ横断旅行を敢行し、行く先々で文化的な衝突を繰り返すという社会風刺コメディ。ボラットを演じるサシャ・バロン・コーエンがアポなしで体当たりロケをするドキュメンタリースタイルで撮影されているため、劇中で面目を潰された人々が数々の訴訟を起こしたことでも知られる。

20世紀フォックスが配給した同作は、世界総興収2億6200万ドルという大ヒットを記録。その後、コーエンは「ブルーノ」「ディクテーター 身元不明でニューヨーク」などのコメディ映画や、米有料チャンネルのSHOWTIME向けの政治風刺番組「Who Is America?(原題)」を手がけている。今夏、ボラットの姿をしたコーエンの姿がアメリカ各地で目撃されていることから、「ボラット2(仮題)」の撮影が進行中との噂が流れていた。

米ワシントンで6月に行われた武器の保持と武力行使の権利を主張する極右団体「Washington Three Percenters」の集会に、バロンは高額寄付者として出席。変装を施した彼は、自身のバンドを引き連れ、「オバマに武漢インフルエンザの注射を」「ヒラリー・クリントンは刑務所に」「コロナはリベラルの連中のデマ」「WHO(世界保健機構)をサウジアラビアの連中のように切り刻め」と歌い、会場を大いに盛りあげた。愚かなキャラを演じることで、相手から本音を引き出すコーエンの手法は健在で、「ボラット2(仮題)」は現在のアメリカを赤裸々に描いているものと思われる。11月3日(現地時間)の米大統領選挙にあわせ、10月下旬にAmazon Prime Videoで配信されることになりそうだ。

なお、コーエンは10月にNetflixで世界配信されるオリジナル映画「シカゴ7裁判」(アーロン・ソーキン監督)にも出演。エディ・レッドメインをはじめ、ジョセフ・ゴードン=レビット、マイケル・キートン、マーク・ライアンス、ジェレミー・ストロングら豪華俳優陣が結集するこの実録ドラマで、実在の政治活動家アビー・ホフマンを熱演している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com