【ハリウッドコラムvol.304】Withコロナで変わるラブシーンの描写方法

2020年9月19日 12:00

「タイタニック」
「タイタニック」

[映画.com ニュース] ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人記者協会(HFPA)に所属する、米LA在住のフィルムメイカー/映画ジャーナリストの小西未来氏が、ハリウッドの最新情報をお届けします。

******************************************************

映画制作は問題解決の連続だ。主人公をA地点からB地点にどうやって移動させるか、といった物語上の課題から、役者やスタッフのスケジュール、ロケーション、予算に至るまで対処しなくてはならない課題が山積みだ。そして、どれだけ周到に準備を行ったとしても、程度の差こそあれ必ずトラブルが発生するものだ。季節外れの台風がやってきたり、役者の体調が優れなかったり。大勢のスタッフが関わり、労働時間は長く、移動や外での撮影も多い。不確定要素が多いから、トラブルを完全に避けることなど不可能だ。

現場を率いる監督の役割のひとつは、問題に直面したときに素早く代替案を選択することだ。パニックになったり、誰かを責めたりしても、事態は解決しない。それどころか、大金をドブに捨てることになる。役者、スタッフ、機材、セット、トラック、クラフトサービスと、現場で自分を取り囲むものすべてに金がかかっている。思い描いていたものが実現不可能だと悟っても、いまあるものをいかして、映画を完成に近づけなくてはいけない。監督に嘆いている暇はないのだ。

伝説の珍シーンを生み出した「レイダース 失われたアーク(聖櫃)」
伝説の珍シーンを生み出した「レイダース 失われたアーク(聖櫃)」

こうした試練が、より良いものを生み出すきっかけとなる場合もある。上に例として挙げた、役者の体調が優れなかった事態は、「レイダース 失われたアーク(聖櫃)」(1981)のエジプトロケで実際に起きた。その日はムチの使い手であるインディ・ジョーンズと、刀剣の達人とのアクションシーンが予定されていた。だが、撮影がスケジュールより遅れているうえに、インディ役のハリソン・フォードの体調が優れない。そこでスティーブン・スピルバーグ監督は、インディがムチを使わず、刀剣の達人を銃であっけなく倒す展開に書き替えた。そのおかげで、あっという間に撮影が終わったうえに、意外性に満ちたコミカルな展開が映画史に残る名シーンとなった。

さて、いま世界の映画監督は新たな問題を突きつけられている。原因はもちろん新型コロナウイルスだ。

Withコロナの映画・ドラマ撮影に関して各国が独自のルールを設けているが、欧米では隔離した空間で、社会的距離を保ち、少人数で行う点が共通している。PCR検査に関しては、実施頻度は異なるものの、キャストやクルーは定期的に検査を受けることになる。

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」 続編は厳戒態勢のなか撮影中
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」 続編は厳戒態勢のなか撮影中

こうした新たな撮影様式に、監督たちは調整を強いられている。たとえば、取っ組み合いのアクションは社会的距離を保つために銃撃戦に差し替える。飛沫を飛ばして怒鳴り合うような場面では、それぞれを別撮りして、あとで合成すればいい。手間や時間がかかるが、こなせないことはない。

だが、キスシーンはどうすればいい? ベッドシーンは? コロナ禍を舞台にしたラブストーリーなら、役者にマスクやフェイスガードをつけさせたままでもいいだろうが、対象となるのはごく一部だろう。

ラブシーンまでいかなくても、恋人たちが手を繋いだり、腕を組んだりという軽いボディタッチも出来ない。おそらく監督たちは頭を抱えているはずだ。こんな状態でどうやって映画を撮れというのだ!

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」のようなキュートなボディタッチはもう見られない?
「アバウト・タイム 愛おしい時間について」のようなキュートなボディタッチはもう見られない?

そんななか、イギリスの監督組合であるDirectors UKは、「Intimacy in the Time of COVID-19」(新型コロナ時代における性的関係描写)というガイドラインを発表した。副題は、「Directing Nudity and Simulated Sex」(ヌードと模擬セックスの演出方法)と、そのものずばりである。

このなかで、たとえば望遠レンズの使用が提案されている。望遠レンズの圧縮効果を利用すれば、社会的距離を保った役者たちが、画面上は接近しているように映る。アクション映画でよく用いられるテクニックを、ラブストーリーに応用しようというわけだ。

もしも、役者同士が触れあうことを避けられないのであれば、あらかじめ役者サイドの承諾を得ることや、感染した場合に備えて、その場面の撮影をスケジュールの終わりのほうに持っていくことを薦めている。

「マイティ・ソー ダーク・ワールド」のキスシーンでは、クリス・ヘムズワースの妻がナタリー・ポートマンの代役を務めた
「マイティ・ソー ダーク・ワールド」のキスシーンでは、クリス・ヘムズワースの妻がナタリー・ポートマンの代役を務めた

ちなみに、一足先に映画製作を再開させたスウェーデンとデンマークが作成した「ノルディック・フィルム・ガイド」は、接触場面の撮影では役者の実生活の恋人や配偶者に代役を務めてもらうことを薦めている。だが、Directors UKはこの案に懐疑的だ。役者の実生活の恋人みんなが、体の一部分だけにせよ、映画やテレビでの露出を許可するとは考えにくいし、そもそも体格や肌の色は千差万別だから、代役が務まる可能性が低いからだ。

むしろ、肉体的な親密さを描く必要があるのか自問すべきだと、イギリスのガイドラインは訴える。ラブストーリーにおいて、得てして観客の感情が盛り上がるのは、恋人たちのあいだに肉体的な繋がりが起きるまでの課程だ。だから、その部分の心理描写に力を入れて、肉体的な描写を省略したり、暗示したりするほうが効果的だと監督たちに訴える。その具体例として、「或る夜の出来事(1934)」や「カサブランカ」といった古典映画を挙げている。

新型コロナウイルスは、ただでさえ困難だらけの映画制作のハードルをさらに高くした。でも、「レイダース 失われたアーク(聖櫃)」の例のシーンのように、困難に遭ったからこそ、より良いアイデアが生まれることがある。新型コロナウイルスによって、新たなラブシーン描写が生まれることを期待したい。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    1

    【中国映画コラム】興収500億円のメガヒット作「薬の神じゃない!」製作秘話 目指したのは“疲れない映画”

    2020年10月25日 11:00
  2. 一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2

    一方通行ラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」21年春放送 ティザービジュアル公開

    2020年10月25日 16:00
  3. 「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    3

    「ワールドトリガー」2ndシーズン、ティザービジュアル公開 10月30日に梶裕貴ら出演の生番組配信

    2020年10月25日 07:00
  4. ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    4

    ブラッドリー・クーパー監督のバーンスタイン伝記映画にジェレミー・ストロングが交渉中

    2020年10月25日 09:00
  5. ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    5

    ハリソン・フォード&エド・ヘルムズ、実話を題材にした新作コメディに主演

    2020年10月25日 13:00

今週