中村倫也、劇場版「岩合光昭の世界ネコ歩き」第2弾のナレーションを担当「ねこって飽きない」

2020年9月8日 08:00

「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」21年1月8日公開
「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」21年1月8日公開

[映画.com ニュース] 世界的動物写真家・岩合光昭氏による人気番組の劇場版第2弾「岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」が、2021年1月8日に公開されることが決定。俳優の中村倫也が、ナレーションを務めることがわかった。

「ねこって飽きない」と語る中村は、「実に気ままに、風に吹かれるままに、己の興味に素直に生きている。くるくると変わる表情やその視線の先に何を捉えているのか、つい夢中になる。そして、気づくとニンマリする。きっと皆さんもこの作品に触れればニンマリできるでしょう。そしてナレーションを録りながら僕もニンマリするのでしょう。ご期待ください」とコメントを寄せた。

岩合氏がネコの目線で世界の街角のネコを撮影し、“ネコも楽しめるネコ番組”として話題となったNHK BSプレミアムの番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」。17年には「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」が製作された。その後、岩合氏が初監督を務めた「ねことじいちゃん」も19年に公開され、人間と猫のあたたかな物語を紡いだ。

ナレーションを務める中村倫也
ナレーションを務める中村倫也

岩合氏がメガホンをとり、新たに撮影した映像で作り上げる「あるがままに、水と大地のネコ家族」では、流れゆく季節の中で2つの場所を舞台に、心から撮りたいと願ったネコたちの“家族愛”を描き出す。1つは、湖上に建つ小さな家にネコの家族と人間の家族が寄り添いながら暮らす、ミャンマーのインレー湖。そしてもう1つの舞台である北海道の牧場では、まっすぐに生きるたくさんの母ネコ、オスネコ、そして子ネコの姿をとらえた。

19歳の時に訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、プロの動物写真家として歩み始めて以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに多くの動物たちを撮り続けてきた岩合氏。身近なネコたちの姿を撮影することは、半世紀以上にわたるライフワークとなっている。

岩合氏「この映画には、ふたつの舞台があります。ミャンマーで出会った、湖上の高床式家屋で暮らす、ネコの家族とヒトの家族。朝になり昼になり夜になり……飾らない日常が、種を超えた互いを思うやさしさに包まれたとき、その輝きに心奪われます。北海道の牧場に、ウシやイヌと暮らすたくさんのネコたちがいます。力を合わせ協同保育をする母ネコたち、さまざまな成長を見せる個性豊かな子ネコたち。ヒトがひとりひとり違うように、ネコたちも自分なりに、春、夏、秋、冬、生き抜いていきます。ネコが見せてくれた家族愛と、自分らしくあることの大切さ。楽しんでいただけたら幸いです」

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」は、21年1月8日から全国公開される。なお本作に関連する写真展は20年冬より巡回予定であり、写真集は20年12月に刊行。詳細は、公式サイト(https://crevis.co.jp/exhibitions/17/)で確認できる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース