柴咲コウの“猫愛”あふれる「ねことじいちゃん」本編映像独占入手

2019年2月25日 20:00

柴咲コウと猫の心あたたまる撮影秘話も
柴咲コウと猫の心あたたまる撮影秘話も

[映画.com ニュース] 世界的に有名な動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦した「ねことじいちゃん」(公開中)の本編映像を、映画.comが独占入手した。ヒロインを務める柴咲コウが「思わず顔がほころんでしまった」と語る、猫に向ける優しい眼差しがあたたかく映し出されている。

ねこまき(ミューズワーク)氏による同名人気コミックを映画化し、落語家・立川志の輔が映画初主演を果たした本作。2年前に妻を亡くした大吉じいちゃん(志の輔)は、飼い猫タマや友人たちに囲まれ、のんびりとした毎日を過ごしていた。大吉の日課は、タマの散歩と妻が残した料理レシピノートを完成させること。しかし、体の不調や親しい友人の死など、穏やかな生活に少しずつ変化が訪れる。

本編映像には、なかなか帰ってこないタマを心配し、探しにやってきた大吉と親友・巌(小林薫)の姿が。陽だまりに集まるたくさんの猫に「猫だらけ!」と驚く巌に、「猫の集会」と教える大吉は、井戸のそばで丸くなっているタマを発見する。捕まえようとする大吉の手をすり抜け、タマは都会から島にやってきたばかりの美しい女性・美智子(柴咲)の足元へ。美智子が「よしよし、いい子ね」と声をかけながらタマとたわむれる姿に、つい見とれてしまう大吉の表情を切り取っている。

島でおしゃれなカフェをオープンさせ、大吉に料理を教える美智子を演じた柴咲は、実は大の猫好き。岩合監督も、普段は志の輔の膝の上にいるタマが、柴咲が現れるとすぐに駆け寄る様子に「こいつもオスだな」と笑っていたという。さらに、柴咲が撮影のため待機している猫たちのケージが汚れているのを見つけ、スタッフとともに掃除していたというエピソードからは、繊細な気遣いがうかがえる。また、落ちそうになった子猫をとっさに助けるアドリブを見せるなど、猫好きの柴咲がだからこそ成立したシーンにも注目だ。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース