全シーン、必ずどこかに猫がいる!「ねことじいちゃん」“猫だらけ”の特別映像公開

2019年1月17日 12:00

動物写真家・岩合光昭がとらえる 猫の繊細な表情が満載
動物写真家・岩合光昭がとらえる 猫の繊細な表情が満載

[映画.com ニュース] 世界的に有名な動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦した「ねことじいちゃん」の特別映像が公開された。愛知県佐久島を舞台に猫たちの姿を生き生きと切り取り、「全シーン 必ずどこかに猫がいる」というキャッチコピー通り、まさに“猫だらけ”の映像となっている。

ねこまき(ミューズワーク)氏による同名人気コミックを、落語家・立川志の輔が映画初主演を果たし、柴咲コウがヒロイン役を務め映画化。2年前に妻を亡くした大吉じいちゃん(志の輔)は、飼い猫タマや友人たちに囲まれ、のんびりとした毎日を過ごしていた。大吉の日課は、タマの散歩と妻が残した料理レシピノートを完成させること。しかし、体の不調や親しい友人の死など、穏やかな生活に少しずつ変化が訪れる。

NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」で、世界各国の猫たちをカメラにおさめてきた岩合監督。本作では特別に猫用の照明を用意するほど撮影にこだわり抜き、動きや表情を繊細にとらえた。近所の三毛猫に恋をし、雨の中でこれからの生活に思い悩み、決意の表情で島の中を歩く姿など、揺れ動く心情に寄り添い、猫と人間の日常を表情豊かに紡いだ。

特別映像には、岩合監督がとらえた猫たちが大集合。春のぽかぽか陽気に大あくびをする横顔、井戸端会議をするかのように集まる姿、畑でじゃれあう様子など、四季の移ろいとともに猫たちの自然な仕草が活写されている。港で船から陸に飛び移るボス猫・とらじや、花畑の中で花びらに顔をすり寄せるタマの姿もおさめられ、岩合監督だからこそ映すことができた美しい映像が完成。フルバージョンは、東京・日本橋三越で開催中(1月21日まで)の写真展で放映されている。

ねことじいちゃん」は、2月22日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース