長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」公開に安堵の面持ち!興収40億視野の滑り出し

2020年7月23日 16:43

興収40億が見込める大ヒットスタート
興収40億が見込める大ヒットスタート

[映画.com ニュース] 長澤まさみ主演で人気ドラマの劇場版第2弾「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が7月23日、全国344館で公開された。長澤をはじめ東出昌大小日向文世小手伸也白濱亜嵐関水渚古川雄大は都内の劇場で舞台挨拶に立ち、生中継されている全国201館の劇場に集ったファンに感謝のメッセージを届けた。

古沢良太氏が脚本を手掛け、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)という3人の信用詐欺師(コンフィデンスマン)たちが繰り広げる、予測不能な騙し合いを描いた「コンフィデンスマンJP」。2019年5月17日に公開され、香港が舞台となった劇場版第1弾「ロマンス編」は、興行収入29億7000万円の大ヒットを記録した。マレーシア・ランカウイ島を舞台にした第2弾の今作では、大富豪の遺産10兆円をめぐり世界中の詐欺師たちが火花を散らす。配給の東宝によれば、本日午後3時段階のメーター、4連休の座席予約数を考慮すると前作超えとなる興行収入40億円が視野に入る絶好の滑り出しだという。

画像2

当初の公開日から約2カ月半遅れての封切りとなったが、長澤は「この日を迎えることができ、安心したという気持ちと感慨深い思いでいっぱいです」と安堵の面持ち。さらに、「2カ月半くらい遅れての公開になりましたが、延期になってからも『この作品を観たい!』という士気が高まっている気がして、ファンがたくさんいてくれることを感じ、なんだか嬉しい気持ちでした」とほほ笑んだ。

また、本編でダー子たちが狙う10兆円に絡め、「10兆円あったら何に使いますか?」というテーマで登壇陣は大盛り上がり。小日向が「『コンフィデンスマンJP』を100本ぐらい作る! そして『寅さん』を抜く!」と口火を切ると、長澤も「1本にすごいお金をかけるっていうのはどうでしょうか?」と提案。すると、小日向から「宇宙に行けるよ!」と声が上がり、「それいいですね! 宇宙に行きましょう!」と満足げで、「コンフィデンスマンJP 月面編」に思いを馳せていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com