田中裕子が蒼井優と2人1役「おらおらでひとりいぐも」夫役は東出昌大 濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎も参加

2020年6月22日 12:00

圧倒的自由と賑やかな孤独を謳歌する桃子さんが主人公
圧倒的自由と賑やかな孤独を謳歌する桃子さんが主人公

[映画.com ニュース] 田中裕子が主演し、蒼井優と初共演を果たす沖田修一監督作「おらおらでひとりいぐも」に、東出昌大濱田岳青木崇高宮藤官九郎らが参戦していることがわかった。あわせてお披露目されたポスタービジュアルでは、75歳で一人暮らしをしている主人公・桃子さん(田中)を見守るように、若かりし日の桃子さん(蒼井)、そして桃子さんの分身でもある“心の声”たち(濱田、青木、宮藤)がそっと顔をのぞかせている。

横道世之介」「モリのいる場所」の沖田監督が、第158回芥川賞と第54回文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子氏の同名小説を映画化。世代を超えて熱烈なファンを持ち、長きにわたって第一線で活躍する名優・田中が、「いつか読書する日」以来15年ぶりの映画主演を務め、沖田監督と初めてタッグを組んだ。蒼井は田中演じる桃子さんの「娘の時代」「妻の時代」を体現し、現代パートでは桃子さんの“脳内の声”を担当した。

1964年に上京してから55年――同じ方言を話す周造と結婚し、主婦となり、ふたりの子どもを育て、これから夫婦水入らずの平穏な日々を過ごそうと思っていた桃子さん。そんな矢先、突然夫に先立たれ、孤独を募らせていた。しかし、図書館で借りた古代生物や地球の本を読み漁るうちに、46億年の歴史に関するノートを作り、万事に問いを立て、その意味を探求するように。ある日、桃子さんの心の声=“寂しさ”たちが、ジャズセッションにのせ、故郷の言葉を話しながら、内から外に湧き上がってきた。桃子さんの生活は、現在と過去を行き来し、いつのまにか“寂しさ”たちとの賑やかな毎日に変わっていく。

ポスターは、「ひとり暮らしの桃子さん。おらの今は、こわいものなし。」という力強いコピーとともに、5人の“桃子さん”が一堂に会しており、「ひとりだけれど、ひとりじゃない」賑やかな日々が垣間見えるビジュアル。雑誌「POPEYE」「BRUTUS」の表紙などで活躍するイラストレーター・高橋将貴によるマンモスや仙人、アノマロカリスのイラストがポップにちりばめられ、桃子さんの新しい“進化”の物語に期待が高まる。

夫・周造役の東出は、「沖田監督の映画が大好きで、いつかご一緒したいと思っていました。素晴らしい台本でしたし、田中裕子さんが主演されると伺って一も二も無く飛びついた次第です」と出演経緯を明かす。「撮影現場では、濃厚で暖かな時間を過ごさせて頂きました。冷え切った桃子さんの手を取り、少しでも暖める事が出来た事に、至上の喜びを感じていました」と振り返った。

濱田&青木&宮藤は、それぞれ寂しさ1、2、3という役名で、桃子さんの分身をユーモラスかつコミカルに演じ上げた。宮藤は現場について、「本当に楽しかったです。映画に出た、役を演じたというより、濱田岳くんと青木崇高くんと僕とで、沖田監督の世界の中で遊ばせてもらったという記憶しかありません」と語る。「田中裕子さんの懐の深さと、決して揺るがない芯の強さが現場を支えていたように思います。心の声を演じる蒼井優さんが、台本片手にずっとセットの隅っこでうずくまっている姿にも涙が出そうになりました。そういうムードが、映像に焼きついていると信じて、今はただただ完成を心待ちにしています」とコメントを寄せた。

そのほか、田畑智子をはじめ、黒田大輔山中崇岡山天音三浦透子六角精児大方斐紗子鷲尾真知子ら俳優陣が豪華共演。「おらおらでひとりいぐも」は、2020年に全国で公開される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース