「海辺の映画館」公開日は7月31日!大林宣彦監督のメッセージ入り劇場パンフも完成

2020年6月4日 08:00

「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の劇場パンフレット
「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の劇場パンフレット

[映画.com ニュース] 新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、公開を延期していた故大林宣彦監督作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」が、7月31日から劇場公開されることがわかった。

大林監督が約20年ぶりに故郷である広島・尾道市で撮影し、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルなどさまざまな映画表現で、戦争の歴史をたどるストーリーが展開する。大林監督にとって44本目の劇場公開作品となり、奇しくも公開予定だった4月10日に他界した。

画像2

大林監督のご息女・大林千茱萸さんが編集した劇場パンフレットの表紙も披露され、なかには「ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――」という、大林監督らしさあふれる直筆メッセージを掲載。そのほか、本作に出演した俳優陣から大林監督へのラブレター45篇や、富田靖子石田ひかりが初対面した尾道ヒロインの対談、大林監督の撮影ノートなどを収録している。

海辺の映画館 キネマの玉手箱」は7月31日から東京・TOHO シネマズシャンテほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース