豪華キャスト陣がワイティティ監督の魅力を語る!「ジョジョ・ラビット」ブルーレイ特典映像

2020年4月15日 16:00

5月20日から先行デジタル配信、6月3日にブルーレイとDVDセット、4K UHD発売
5月20日から先行デジタル配信、6月3日にブルーレイとDVDセット、4K UHD発売

[映画.com ニュース] 第92回アカデミー賞の6部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した「ジョジョ・ラビット」が、5月20日から先行デジタル配信されることがわかった。6月3日にはブルーレイとDVDセット、4K UHDが発売され、ブルーレイとDVDのレンタルも開始。あわせて、ボーナス・コンテンツの特典映像(https://youtu.be/Cbl9fAnyIz8)がお披露目され、スカーレット・ヨハンソンら豪華キャスト陣が、タイカ・ワイティティ監督の魅力を語っている。

第44回トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞に輝いた本作。第2次世界大戦中のドイツを舞台に、戦時下で生きる人々の希望と喜びを、弾けるユーモアとともに描き出す。映画初出演ながら第77回ゴールデン・グローブ賞(コメディ・ミュージカル部門)の主演男優賞にノミネートされたローマン・グリフィン・デイビスが主人公の少年ジョジョを演じ、ワイティティ監督がジョジョの“空想上の友だち”アドルフ・ヒトラー役で出演も果たした。そのほか、ヨハンソン、トーマシン・マッケンジーサム・ロックウェルレベル・ウィルソンらが共演した。

心優しい10歳の少年ジョジョ(デイビス)は、空想上の友だちであるアドルフ(ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、訓練でウサギを殺すことができず、教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまう。ある日ジョジョは、母親ロージー(ヨハンソン)と暮らす家の片隅に小さな部屋を発見し、ユダヤ人の少女(マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気付く。

ユダヤ人のルーツを持ち、母親に薦められて読んだクリスティン・ルーネンズの小説「Caging Skies(原題)」を、史実は守りながらも大胆にアレンジしたワイティティ監督。特典映像では、「あの男のことを忠実に再現する義理はないし、演じてやって喜ばせたくもない。おバカな時の僕自身を演じればいいだけだ」と役づくりを明かす。共演陣は、監督としても俳優としても尽力したワイティティ監督に、「タイカは最高だ。少しイカれてる」(ロックウェル)、「今一番ノってる監督よ」(ウィルソン)とそれぞれの言葉で賛辞をおくっている。

ブルーレイには、ワイティティ監督の音声解説をはじめ、キャスト陣のお茶目なNGシーン集や未公開シーン集を収録。5月20日から先行デジタル配信が開始され、6月3日にはブルーレイとDVDセット(税別4000円)、4K UHD(税別6000円)が発売。詳細は、公式サイト(http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/)で確認できる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース