藤原竜也×竹内涼真「太陽は動かない」主題歌はKing Gnu! 最新予告がお披露目

2020年3月24日 08:00

藤原&竹内が過激アクションにノースタントで挑戦!
藤原&竹内が過激アクションにノースタントで挑戦!

[映画.com ニュース]藤原竜也が主演し、竹内涼真が共演するスパイアクション映画「太陽は動かない」の最新予告映像が、このほどお披露目された。あわせて、4人組人気バンド「King Gnu」が主題歌を担当することが決定。書き下ろし楽曲「泡(読み:あぶく)」を提供している。

羽住英一郎監督がメガホンをとり、吉田修一氏の小説を映画化。産業スパイ組織「AN通信」の諜報員・鷹野一彦(藤原)と相棒・田岡亮一(竹内)は、太陽光エネルギー開発に関する情報争奪戦の中にいた。そこには、日本を揺るがす巨大な陰謀が隠されており、謎の女AYAKO(ハン・ヒョジュ)や、韓国人でフリーのエージェントであるデイビッド・キム(ピョン・ヨハン)、各国の権力者らと対峙していく鷹野と田岡。心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという極限状態で、2人は命がけの頭脳戦に身を投じていく。

予告編は、藤原と竹内がノースタントで挑んだ「約10mの陸橋から走行中の列車にダイブする」という光景からスタート。AN通信のエージェントたちの心臓には、爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという秘密があり、死の恐怖が頭から離れない弱さを抱える田岡は「死ぬの怖くないすか?」と問いかける。そんな田岡に対して、鷹野は「一日を生きるだけだ!」と諭している。やがて活写されるのは、畳みかけるように続く“絶体絶命のピンチ”。鷹野は「もうこんな生活終わりにしたかったんだよ!」と泣き叫び天を仰ぐ田岡に向かって「一日を生きろ、今を生きろ!」と熱く語りかける様子も収めている。

King Gnu
King Gnu

予告編で初披露されている楽曲「泡」は、常に死と隣り合わせの鷹野と田岡の心情に寄り添り、映像と見事にマッチした仕上がりだ。「King Gnu」のメンバー・常田大希は「生まれや育ちは選べない。皆それぞれ与えられた運命に翻弄されながら足掻き抗い生きている。この映画の世界や人々は果たして我々と無関係なのだろうか。運命の不条理さとそれでも生きることの尊さを再確認できました。泡のような儚いこの世界に乾杯」とコメントを寄せている。

太陽は動かない」は、5月15日から全国公開。なお、吉田氏が監修する連続ドラマ版は、WOWOWプライムで5月24日の午後10時から放送開始。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
  • デス・バレット
  • プリズン・ランペイジ
  • マリオネット 私が殺された日
  • キラー・メイズ
  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • アルカディア
OSOREZONE

Powered by 映画.com