【全米映画ランキング】新型コロナ感染拡大の影響広がる中、ピクサー最新作「2分の1の魔法」がV2

2020年3月17日 20:00

「2分の1の魔法」がV2
「2分の1の魔法」がV2

[映画.com ニュース]3月第2週の全米ボックスオフィス。先週末も新型コロナ感染拡大のため、全体の興収が約5400万ドルに落ち込むなか、ディズニー&ピクサー最新作「2分の1の魔法」が約1050万ドルの興収で首位を守りV2を果たした。

同作の10日間の累計は約6000万ドル。ピクサー作品は2週目で1億ドル超えることがほとんどだが、今回はコロナ感染拡大のため1億ドルに届かない可能性も出てきた。

約950万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのはクリスチャンの人気歌手ジェレミー・キャンプの半生をベースにした恋愛ドラマ「I Still Believe」。病死した妻とジェレミーの恋愛と信仰が描かれる。主演は「僕のワンダフルライフ」やTVドラマ「リバーデイル」のK・J・アパ。共演にブリット・ロバートソンゲイリー・シニーズシャナイア・トゥエイン

2位と僅差で3位デビューとなったのは、人気コミックを映画化したビン・ディーゼル主演の「Bloodshot」。戦死したはずの軍人がナノテクノロジーにより特殊能力を身につけて蘇り、自らの「死」の真相を求めて戦う姿を描いたR指定SFアクション。レビュー、興行ともに厳しいスタートとなった。共演にガイ・ピアースエイザ・ゴンザレストビー・ケベル。監督は本作が長編デビューとなるVFXアーティストのデイブ・ウィルソン。

そして5位デビューとなったのは、19年8月にテキサス州とオハイオ州で起こった銃乱射事件を受け公開延期になっていたスリラー「The Hunt」。エリートによる一般大衆同士の<人間狩りゲーム>を描いた社会風刺ものだったが、この作品も「Bloodshot」同様に批評・興行の双方で厳しいデビューとなった。製作はジェイソン・ブラムと「LOST」のデイモン・リンデロフ。出演はベティ・ギルピンヒラリー・スワンクエマ・ロバーツ。「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベルがメガホンをとった。

新型コロナ感染拡大の影響によりAMCやリーガル・シネマズなど北米の大手映画館チェーンが次々と一時閉鎖を発表。そのため、公開予定の拡大公開作は延期・中止となり、今週末の映画興行はさらに冷え込みそうだ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
  • デス・バレット
  • プリズン・ランペイジ
  • マリオネット 私が殺された日
  • キラー・メイズ
  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • アルカディア
OSOREZONE

Powered by 映画.com