新種の植物が繁殖のため人間を支配する…カンヌ受賞作「リトル・ジョー」不穏な予告編完成

2020年3月17日 18:00

新種の植物リトル・ジョーがもたらす「ゾッとする幸せ。」
新種の植物リトル・ジョーがもたらす「ゾッとする幸せ。」

[映画.com ニュース]第72回カンヌ国際映画祭で主演エミリー・ビーチャムが女優賞を獲得し、ベン・ウィショーが共演したボタニカルスリラー「リトル・ジョー」の予告編とポスタービジュアルがお披露目された。映像では、“幸せになる香り”を放ち、繁殖のために人間を支配する新種の植物“リトル・ジョー”が巻き起こす恐怖と混乱が切り取られている。

研究者のアリスは息子のジョーと暮らすシングルマザー。人に幸福をもたらす画期的な植物リトル・ジョーを開発し、仕事にのめり込みながら、息子と向き合えていない罪悪感を抱いていた。ある日、ジョーへの贈り物として、彼女にとってもうひとりの息子とも言えるリトル・ジョーを一鉢自宅に持ち帰る。しかし、花の香りを嗅いだジョー、花粉を吸い込んだアリスの助手クリスが奇妙な行動をとるようになる。

海外の舞台や映画音楽の分野で活躍した作曲家、故伊藤貞司さんによる尺八の音色が響く予告編では、リトル・ジョーを育てる上でのルールが解説される。「必ず、暖かい場所で育てること」「毎日、欠かさず水をあげること」「何よりも、愛すること」――。やがて、植物がもたらしたジョーとクリスの変化が不穏に映し出され、鮮やかな色彩と不気味さが入り混じった映像の最後には、「ゾッとする幸せ。」というテロップが怪しく浮かび上がっている。

ミヒャエル・ハネケ監督の助手を務め、「ルルドの泉で」で注目された気鋭監督ジェシカ・ハウスナーがメガホンをとった本作。エマ・ストーンが「101匹わんちゃん」の悪役・クルエラを演じる「クルエラ(原題)」への出演が決定したビーチャムが、母としても、研究者としても追いつめられていくアリスを繊細に演じた。「パフューム ある人殺しの物語」や「007」シリーズのQ役でおなじみのウィショーが、アリスに尊敬の念と恋心を抱くクリス役を務めた。

ポスターは、アリスとクリスの背後で咲き誇るリトル・ジョーを活写。昼と夜で異なる表情を見せる、未知の植物の蠱惑的な魅力が写し出されている。「リトル・ジョー」は、6月19日から東京・アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
  • デス・バレット
  • プリズン・ランペイジ
  • マリオネット 私が殺された日
  • キラー・メイズ
  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • アルカディア
OSOREZONE

Powered by 映画.com