今井翼が日本語版ナビゲーターを務めた「プラド美術館」 メッセージつき特報完成

2020年3月17日 14:00

スペインとゆかりの深い今井翼が誘う、プラド美術館の歴史と未来
スペインとゆかりの深い今井翼が誘う、プラド美術館の歴史と未来

[映画.com ニュース]ドキュメンタリー「プラド美術館 驚異のコレクション」日本語吹き替え版ナビゲーターを務めた今井翼のメッセージ映像と、今井の声をおさめた特報がお披露目。映像の中で今井は「スペイン王室が愛した美と情熱の至宝。栄光の時が刻まれた美術のドキュメンタリーをぜひお楽しみください」とコメントを寄せている。

毎年約300万人の来場者が訪れ、2019年11月19日に創立200周年を迎えたプラド美術館。広大な敷地と圧倒的なコレクションを誇り、世界最高峰とも称されている。15~17世紀に“太陽の沈まぬ国”とも呼ばれたスペイン王国では、歴代の王族が圧倒的な経済力を背景に、美への情熱と審美眼をもって美術品を収集していた。同美術館が全面協力し撮影された本作は、スペイン王室の至宝を後世に伝える“美の殿堂”の歴史と未来に迫る。プライベートで約400年間放棄されていたアイルランドの城を修復し住居とするなど、歴史とアートを愛する知識人としての一面も持つオスカー俳優ジェレミー・アイアンズが、ナビゲーターを務めた。

アイアンズの声の吹き替えを担当した今井は、フラメンコを特技とし、12年には世界初となるスペイン文化特使に就任するなど、スペインとのゆかりが深い。収録を振り返り、「普段のお芝居とは違って、これだけ壮大なドキュメンタリーですから、自分の中で躍動感を大きく出すイメージでやりました」と語っていたという。

プラド美術館 驚異のコレクション」は、4月10日から東京のヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2019 - 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース