「初恋」小西桜子の起用理由は“キャラの生まれ変わり”!? 紀伊宗之プロデューサーが明かす

2020年3月8日 19:00

プロデューサー・紀伊宗之氏(左)と、MCの月永理絵氏
プロデューサー・紀伊宗之氏(左)と、MCの月永理絵氏

[映画.com ニュース] “映画を語る”をテーマとしたWEB番組「活弁シネマ倶楽部」の収録が行われ、「初恋」(公開中)のプロデューサー・紀伊宗之氏が出演。映画ライター・月永理絵氏がMCを務め、軽妙なトークを繰り広げた。

三池崇史監督と窪田正孝がタッグを組んだ「初恋」は、2019年のカンヌ国際映画祭監督週間に正式出品されたほか、30以上の映画祭から招待、全米先行公開もされ、各国で熱いスタンディングオベーションを浴びている。舞台は、欲望渦巻く新宿・歌舞伎町。ヤクザに追われる一人の少女・モニカ(小西桜子)を助けたことから、黒社会の抗争に巻き込まれていく余命わずかのボクサー・レオ(窪田)が過ごす濃密な一夜を描く。

製作は「三池監督への熱烈なオファーで始まった」という紀伊氏。“久しく東映の中に、東映らしい映画がない”という思いを抱えていたようで「これは東映がやらなくちゃならないというところから製作されたのが、2018年の『孤狼の血』です。その評判を受け、90年代から2000年代頭くらいまでにかけて勢いのあったVシネマを現代に、それも、スターを揃えてやりたいなと思い、三池さんのところに話を持っていったのが『初恋』です」「(本作では)基本的にアウトローもの、ノワールものをやりたいなと。それが東映の中での僕の、保守本流みたいなところだと」と明かした。

小西の起用については「書類審査も入れると3000人の応募があり、最終日の、僕らが疲れ果てた状態に、彼女(小西)がやってきた」と振り返る。「入ってきた時に、『あ、来た』と。これは監督の受け売りなんですけど、芝居ができる人にキャラクターを寄せるんじゃなくて、この映画のキャラクターの生まれ変わりのような人がハマってくるのが良いんじゃないのかと。技術的にもまだまだ。ほぼほぼ素人だったんですけど、存在そのものや、立ち姿がキャラクターにフィットしていると監督が感じていたようです」と説明している。

内野聖陽大森南朋染谷将太、ベッキーら個性的かつ豪華なキャストの布陣に話題が及ぶと「それは、ひとえに三池さんの力ですね。僕らはよく言うんですけど、『日本映画界は、1に監督、2に監督、3、4がなくて5にプロデューサー』だと(笑)」と笑いを誘う紀伊氏。監督やプロデューサー、それぞれの役割や立場についての話題になると「基本的に僕は監督が臨むようにしてあげたい。ただ、僕はこの映画でビジネスをしないといけない。その距離感みたいなものは大事にしたいなと思っている」と語っていた。

「活弁シネマ倶楽部」(「初恋」)は、YouTube(https://youtu.be/PuzMDhnSE9g)で配信中。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • キラー・メイズ
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編前編」【TBSオンデマンド】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編後編」【TBSオンデマンド】
  • アルカディア
  • カオス
  • 死霊の罠
OSOREZONE

Powered by 映画.com