松本穂香が劇場アニメ初主演!池袋を舞台に描く「君は彼方」で瀬戸利樹とタッグ

2020年3月3日 05:00

松本穂香と瀬戸利樹がタッグ
松本穂香と瀬戸利樹がタッグ

[映画.com ニュース] 女優の松本穂香が主人公・澪(みお)役を務める劇場アニメ「君は彼方」が製作され、秋に劇場公開されることが決定した。また、澪の幼なじみである新(あらた)役を、「仮面ライダーエグゼイド」や「チア男子!!」で活躍する若手俳優の瀬戸利樹が演じる。

君は彼方」は、アニメと漫画の街として発展を続ける豊島区・池袋を舞台に描かれる青春ファンタジー作品。新のことが気になりながらも、気持ちを伝えられずに微妙な関係を続ける澪は、ささいなことでケンカをしてしまったある日、仲直りもできないまま交通事故に遭ってしまう。そして、意識を取り戻した澪が目にしたのは、見たこともない不思議な世界だった。公開されたティザービジュアルには、昼と夜に分かれた池袋の街並みに澪と新が浮かび、緊迫した表情で手を差し伸べあう姿が描かれている。

きみと、波にのれたら」で声優経験があるものの、主演は初となる松本は「声優さんのお仕事は一度やらせていただいてから、もう一度挑戦してみたい分野だったので、お話をいただいた時はうれしかったです」と喜ぶ。さらに、「澪はなかなか自分の気持ちを素直に伝えることができず、どこかごまかしながら生きている女の子です。伝えることの難しさ、正直に生きることの大変さ、そういうものは私も、澪に共感できるような気がします」と自身の役どころを語った。

声優初挑戦となる瀬戸は「一生懸命“新”に命を吹き込みたいです」と意気込み、「この作品の澪と新の青春ストーリーは物語のひとつ。誰もが本来の自分を探すヒント、向き合える作品だと感じました。魅力のひとつでもある実在する街並みでの物語なので、スッと世界に入って楽しんでいただけると思います」と作品の魅力を熱弁した。

Webアニメ「刹界エイトレイド」で監督・脚本・主演声優を務めた瀬名快伸が長編劇場アニメに初挑戦し、監督・脚本・原作を担当。アニメーション制作は「刹界エイトレイド」で瀬名監督とタッグを組んだデジタルネットワークアニメーションが務める。

君は彼方」は、池袋に今夏オープン予定のTOHOシネマズ池袋ほかで秋から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース